簡単アクセスカウンター
アクセスカウンター
パジャマネットパソコンサプライキッズ洋服成犬用フードチワワの服マタニティグッズおっきくなぁれ販売PCショップベビー服販売PCアプリ

親知らず顛末記2019年04月05日 18時10分22秒

みなさんの「弱点」は何ですか?
ぼくの場合は、「歯科治療」です。
虫歯で歯を削る、あの治療はぼくにとって拷問です。
ぼくの場合、咽頭反射も強いので、長く口を開けていることも辛い。で、痛みに弱い。で、あのキーンという音が苦手。
そんなぼくでも安心してかかれる歯科医院が、うちのクリニックの近所にあります。
先生がメッチャ優しいんですよね。K先生と言います。

昨年12月に奥歯に痛みが出ました。鏡でよく見ると、歯の一部が顔を出している。
これって親知らず?
とにかく痛いので、K先生に診てもらいました。
X線を撮ってみると、親知らずが真横に向かって生えています。
これは、素人のぼくでもさすがにまずいと思いました。
先端が、隣の臼歯に接しているので(つまりT字型になっている)、深部に死腔ができるため、そこから虫歯になる可能性が極めて高いそうです。
歯科医が10人診れば、9人は「抜きましょう」と言うと先生は説明してくれました。

取り敢えず、炎症を抑える治療をして、抜歯はみつわ台総合病院でやるのがいいと、紹介状を書いてもらいました。
どんな先生なんだろう? 怖かったらどうしよう?
そんな思いを胸に、昨年末にみつわ台総合病院の歯科口腔外科を受診しました。
対応してくれた先生は、E医師。とても物腰の柔らかい先生です。
ああ、この先生なら大丈夫と直感しました。
抜歯の日取りは、3月29日(金)にしました。この時期なら、もうインフルエンザの患者さんが減っており、みなさんに迷惑をかけないと考えたからです。
そして、抜歯の後の痛みを考えて、30日(土)は休診と決めました。
抜歯に当たっては、点滴を入れて鎮静剤を併用することにしました。
と言うのは、ぼくには持病の脳動脈瘤がありますから、痛みで血圧が上がるのは、ちょっとリスキーだからです。

いよいよ当日。
点滴を取って、注射を打ちます。
薬の名前の説明はありませんでしたが、おそらく、ソセゴンとアタPでしょう。
この二つは、鎮静作用と鎮痛作用があります。そして多幸感を伴うんですよね。
ソセゴンというのは、ま、言ってみれば麻薬のようなものです。
で、処置が始まったのですが、何か、ボーッとしてしまって現実感が無い。
ああ、これはドルミカムも使っているのだと分かりました。
これは麻酔薬です。
(もしかしたら、ドルミカムだけを使ったのかもしれない)
眠りはしませんでしたが、歯の処置がどこか遠くで行われているようでした。やがて終了。
車椅子に乗せられて、処置室のベッドに寝かされます。
こうなるともう眠くて眠くてしかたありません。
何度か眠りに落ちて目を覚ますのくり返しです。

結局、1時間半くらいベッドで休んでいました。その間、家内がベッドサイドにいてくれました。
しかしこの眠気にはキリがありませんので、帰宅を決意。
先生にお礼を言って、家内の車で帰宅しました。

夕食はなんとか食べましたが、とにかく眠い。
夜8時には寝てしまいました。

翌朝、起きたのは、9時。13時間眠っていたことになります。
で、昼寝を2回。ドルミカムが抜けたのは、24時間後くらいでした。
その後の1週間。抜糸後の痛みはあまりなくて、ロキソニンを飲んだのは、3回だけ。

そして本日、抜糸に行ってきました。歯科の世界では、抜糸のことを「ばついと」と言います。抜歯と区別しているのですね。重箱読みです。
糸が歯肉にくい込んでいたらしく、先生はちょっと苦労していましたが、抜糸も無事に終了。
K先生とE先生のコンビネーションで、痛い思いをほとんどすることなく、親知らずとバイバイできました。
ああ、よかった。

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

名前:
メールアドレス:
URL:
コメント:

トラックバック