簡単アクセスカウンター
アクセスカウンター

82年生まれ、キム・ジヨン (チョ・ナムジュ)2019年04月14日 08時59分20秒

82年生まれ、キム・ジヨン
現在ベストセラーの小説ですが、淡々とした展開であまりおもしろくありません。
しかし何となく独特な空気感があって、翻訳も良いのでしょうが、主人公の人生に吸い込まれていきます。
気付くと読むのが止まらなくなっており、要するにこれはおもしろい小説でした。

山あり谷ありの流れではないのですが、韓国社会で女性が普通に生きていくと、かくも辛いのだと言うことが、小説の枠をこえてノンフィクションのように迫ってきます。
日韓を比べるのはナンセンスかもしれませんが、ま、はっきり言って日本も大差無いでしょう。

韓国は儒教の国です。儒教は宗教ではないという考え方が一般的ですが、ぼくが以前に専門書を読んだときには、儒教の宗教性が書かれていました。
やはり韓国人の考え方や行動を儒教は強く縛っており、その結果、男尊女卑が当たり前のものとして定着しているのだなと感じました。

2018年はMe Too運動が盛んになりましたが、そういう運動に関われない人、声をあげられない人もたくさんいるでしょう。
事を荒立てるまではいかない、セクハラ・パワハラなどは掃いて捨てるほどあるのではないでしょうか?
考えてみれば、ぼくの大学病院時代の19年はパワハラの連続で、あれが今も続いていたら新入医局員は入ってこないでしょうね。
あの異常なまでの厳しい上下関係は、家父長主義制度・儒教的考え方の表れでしょう。
セクハラは見た経験はありませんでしたが。
(ただ、女性看護師が、研修医を苛めることはよくあった)

韓国がこれからどういう社会風土を作っていくのかぼくにはわかりませんが、日本でも東京医大問題が改まっていった過程にはメディアの力が関係しています。
こういうときに、やはり新聞という媒体は強いなと感じます。
昔は「第4権力」などといわれましたが、今でも社会的な役割を果たしていると思います。

20年後に続編が読みたいですね。キム・ジヨンの娘さんがどんな人生を歩むのか。

編集長、来る2019年04月14日 12時37分51秒

先週、ヨミドクターの編集長さんがクリニックにお見えになりました。
『いのちは輝く』の連載終了にあたって、これまでの記事を振り返るインタビューです。
やはりこういうインタビューを受けるのはぼくにとってとても大事なことで、聞かれるので一生懸命考えます。
すると分からなかったことが、分かっていったりするのです。

実は、活字になっていなくても、ぼくは時々、新聞社やテレビ局からインタビューを受けています。
インタビューする彼ら彼女らの参考になればと思って応じているのですが、答えている自分の方が勉強になったりします。

大学病院で働いていたときは、「ただ、ひたすら命をたすける」という思いしかありませんでしたが、『運命の子』をきっかけにして深く生命を巡る重みについて考えるようになり、自分の思索はそれなりに深まったような気がします。

さて、編集長さんによるインタビューは、あと、2〜3週したら、ヨミドクターに掲載されると思います。
上下2回に分けて登場する予定です。
ヨミドクターのPV数は、2306万と先日ここで書きました。
記事はYahoo! に配信されてそちらでも読まれます。編集部にYahoo! でのPV数を調べて頂いたところ、その数、8573万でした。
合計すると、1億879万となります。
これだけの人が、ぼくの原稿を見てくれたと思うと、感謝しかありません。
「編集長インタビュー」の掲載が決まったら、またご報告しますね。

遥かなる甲子園(山本おさむ)2019年04月14日 19時24分26秒

遥かなる甲子園(山本おさむ)
漫画全10巻を読みました。
先天性風疹症候群により、難聴として生まれて来た子どもたちが、野球で甲子園を目指す話です。
もう少し正確に言うと、高野連に加盟することに球児たちや大人たちが奮闘する物語です。
原作はノンフィクション。
それを山本さんが脚色したようです。

ろうの問題には、昔から関心があります。
耳が聞こえないというのは、人と人とのつながりが切れる障害です。その苦労は私たち健聴者にはとても理解できないでしょう。
ぼくの患者で、高度難聴の子がいます。いえ、もう20を超えましたから大人ですね。
この子のことは、拙著『命のダイアリー』で書いたのですが、今から考えると表現が全然十分ではなかったような気がします。
就職にあたっては、ぼくも企業に相談を持ちかけたりしました。
結局、自分の力で就職先を見つけたので、ぼくの出る幕ではなかった感じです。

ろう学校の中では、手話や指文字を使って生き生きと生活していたその子も、会社の中では意志の疎通がうまくいかず、毎日が辛い思いだそうです。
聞こえないと電話も取れませんから、仕事の上での困難は筆舌に尽くしがたいものがあるでしょう。
もちろん、この子はもうぼくのクリニックには通っていませんが、時々、お母さまとはメールで連絡を取り合って、本人の近況などを教えてもらっています。
ぼくにできる具体的な支援はほとんどありませんので、ぼくは親子の話を聞いて励まし続けています。これくらいしかできません。

山本おさむさんには、『どんぐりの家』という名作もあります。
あの作品にも泣かされましたが、本作も涙無しには読めませんでした。
義務教育に道徳なんて入れる必要はないから、手話を教えればいいのにと思います。
それから、風疹の流行はなかなか解決しませんね。
みんな人ごとと思っているのでしょうか?
対象の人は、有給休暇をとって抗体価をチェックして、必要な人はワクチンを打って下さいね。