簡単アクセスカウンター
アクセスカウンター
パジャマネットパソコンサプライキッズ洋服成犬用フードチワワの服マタニティグッズおっきくなぁれ販売PCショップベビー服販売PCアプリ

開業後に発表された論文です2020年08月06日 20時03分17秒

Oncolytic viral therapy for neuroblastoma cells with Sindbis virus AR339 strain.
Takenouchi A, Saito K, Saito E, Saito T, Hishiki T, Matsunaga T, Isegawa N, Yoshida H, Ohnuma N, Shirasawa H.
Pediatr Surg Int. 2015 Dec;31(12):1151-9.

Reevaluation of trkA expression as a biological marker of neuroblastoma by high-sensitivity expression analysis--a study of 106 primary neuroblastomas treated in a single institute.
Hishiki T, Saito T, Terui K, Sato Y, Takenouchi A, Yahata E, Ono S, Nakagawara A, Kamijo T, Nakamura Y, Matsunaga T, Yoshida H.
J Pediatr Surg. 2010 Dec;45(12):2293-8.

Irinotecan for children with relapsed solid tumors.
Shitara T, Shimada A, Hanada R, Matsunaga T, Kawa K, Mugishima H, Sugimoto T, Mimaya J, Manabe A, Tsurusawa M, Tsuchida Y.
Pediatr Hematol Oncol. 2006 Mar;23(2):103-10.

Outcome of hepatoblastomas treated using the Japanese Study Group for Pediatric Liver Tumor (JPLT) protocol-2: report from the JPLT.
Hishiki T, Matsunaga T, Sasaki F, Yano M, Ida K, Horie H, Kondo S, Watanabe K, Oue T, Tajiri T, Kamimatsuse A, Ohnuma N, Hiyama E.
Pediatr Surg Int. 2011 Jan;27(1):1-8.

Reciprocal expression of CCAAT/enhancer binding proteins alpha and beta in hepatoblastomas and its prognostic significance.
Tomizawa M, Horie H, Yamamoto H, Matsunaga T, Sasaki F, Hashizume K, Hiyama E, Kaneko M, Suita S, Ando H, Hayashi Y, Ohnuma N, Nakagawara A.
Oncol Rep. 2007 Feb;17(2):341-4.


The methylation status of RASSF1A promoter predicts responsiveness to chemotherapy and eventual cure in hepatoblastoma patients.
Honda S, Haruta M, Sugawara W, Sasaki F, Ohira M, Matsunaga T, Yamaoka H, Horie H, Ohnuma N, Nakagawara A, Hiyama E, Todo S, Kaneko Y.
Int J Cancer. 2008 Sep 1;123(5):1117-25.

毎日新聞からインタビューその22020年08月03日 15時05分53秒

毎日新聞からインタビューその2
ALS 嘱託殺人事件をめぐる連続インタビューの2回目です。

有料記事ですが、興味のある方はご覧になってください。

https://mainichi.jp/articles/20200802/k00/00m/040/070000c?fbclid=IwAR2pgvccdN7hfVMVG2ZjCJ-WA_77sf1bqG8R5AeKZjIC5ecAZ3abPgPoBWU

クリックで拡大します。

毎日新聞からインタビュー2020年08月02日 15時02分57秒

毎日新聞からインタビュー
ALS 嘱託殺人事件をめぐって毎日新聞からインタビューを受けました。

毎日新聞 .jp に掲載されています。有料記事です。

https://mainichi.jp/articles/20200802/k00/00m/040/011000c?fbclid=IwAR2cKiM4lr1g4fMsWSzbuqpvr4FiDcF2jDdrGtUqlLVdeMyGuKdNLlP-J2U

後編は3日(月)の14時頃に公開されます。
興味のある方はご覧になってください。

ALS患者嘱託殺人2020年07月26日 23時53分31秒

ALS患者嘱託殺人事件について、朝日新聞Web RONZA に書きました。
28日(火)、17時30分までは、誰でも無料で読めます。
よかったら読んでみてください。

https://webronza.asahi.com/national/articles/2020072500008.html

よろしくお願いします。

エビデンスとは何か? コロナ肺炎の出口戦略2020年05月10日 14時21分23秒

医療の世界ではEBM(エビデンスに基づく医療)という言葉が使われるようになって久しく、一般の方もエビデンスという言葉を多用するようになりました。
ただ、かなり誤用が目立ちます。
エビデンスの意味を「根拠」とか「証拠」とか「科学的理由」と理解している人を多く見かけますが、正しい意味はもっと厳密なものです。
Aを行ったらBになる・・・という因果関係をエビデンスと言うのです。
たとえば、肝芽腫という小児がんには現在、シスプラチンとアドリアマイシンの2剤が使われます。しかし、シスプラチンだけでも効果は変わらないのでは?という意見が医学界にあります。
ではどうするか?
肝芽腫の子どもを2つのグループに均等に(ランダムに)分けます。
1つのグループには、シスプラチンとアドリアマイシンを投与し、もう1つのグループには、シスプラチンだけを投与して治療成績を比べればいいのです。
この結果、両グループの生存率が同じなら、アドリアマイシンは不要と結論付けることができます。
肝芽腫に対する最善の治療は、シスプラチン単独療法と確定します。
これがエビデンスですね。因果関係がはっきりしています。

ところが、データを用いて何かを議論すると、そのこと自体をエビデンスがあると言ってしまったりします。
たとえば、新型コロナ肺炎の緊急事態宣言からの出口戦略ですが、大阪府は「大阪モデル」と言って、
1 感染経路不明・10人未満
2 PCR陽性率・7%未満
3 重症病床使用率・60%未満
を7日連続で達成できれば、自粛を解除するという方針を掲げています。
テレビ番組で著名な科学者が大阪モデル指して「エビデンスに基づいている」と高く評価していました。
しかし、これはエビデンスという言葉の完全な誤用です。
大阪府は数字を挙げて、この基準で自粛を解除しうようと「決意」したのであって、それ以上でもそれ以下でもありません。
この基準を満たせば、自粛を解除しても新型コロナ感染症が再燃しないというエビデンスはどこにもありません。
確かにこの基準を1週間続ければ、その間、オーバーシュートは起きないでしょう。では、基準を以下のように変更したらどうなりますか?
1 感染経路不明・7人未満
2 PCR陽性率・5%未満
3 重症病床使用率・50%未満
感染はさらに落ち着くでしょう。つまりこれは数字を使って誰にでも分かりやすい基準を政治判断したということであって、エビデンスがあるわけではありません。

「エビデンス」とか「科学的に正しい」という言葉が曖昧に使われるのは、サイエンスに対する理解を遠ざけますので、決していいことではありません。
医者・科学者もエビデンスという言葉を正確に使って欲しいと思います。

村八分とえんがちょ2020年05月08日 10時29分53秒

新型コロナウイルス感染症の収束が見通せません。
夏に一時的に勢いが下がっても、冬にはインフルエンザと同時流行し、今よりもっと悲惨な状況になるかもしれません。

ウイルスによる疫病は人と人との接触で広がる訳ですから、人間同士の接触を断てば、感染は収まります。
国は8割削減と言っていますが、人の社会はそういう風にできていませんから、それが達成できるかはかなり難しいでしょう。

私たちの社会は、何か禁止ルールを作って、それに従わない人間を激しく非難するということが得意です。われわれは横並びの文化に生きていますから、横に並ばない人間に対しては憎悪のような感情を抱きます。
そしてこういう空気が広く蔓延していくと、もともと社会から白い目で見られていた集団はますますやり玉に挙げられます。

高齢者は若者が嫌いです。コンビニの前でしゃがみ込んでたむろしている若者集団を嫌悪します。
私が所属していた大学病院の教授は、「徴兵制を復活させてこいつらをたたき直さないといけない」と大まじめに発言したことがあります。
若者が知らずにコロナを広めていると批判が起きましたが、若者は必ずしも遊んでいる訳ではありません。学費を捻出するために働いている人も大勢します。

夜の水商売をする人は常に見下されてきました。それがコロナでも、感染の温床として強く非難されました。
パチンコ屋も同様です。
問題は、感染拡大を防止するという科学的観点を大きく飛び越えてしまっていることです。

パチンコ屋の固定費は月に1000万円と言われています。これを休業するということは経営者に首をくくれと言うことと変わりません。
ところが自粛要請に応じないパチンコ屋には民衆が押しかけ怒声を発します。県外ナンバーの車は傷つけられるそうです。
しかし仮にパチンコ屋の中でコロナのクラスター発生しても、周辺住民には何の影響もありません。空気感染はしませんから。
そもそもパチンコ屋は2密であって、3密ではありません。お客同士は対面していません。

通勤電車は放置されるのに、パチンコ屋にはリンチが加えられます。新宿紀伊國屋書店に行列ができても許されるのに、パチンコ屋に行列ができると人々はいきり立ちます。
村八分とは「仲間はずれ」という意味ではなく、私的制裁のことを指します。
こうした伝統は我々の中に脈々と生きており、普段から目障りとされている者たちは、科学的な規制を超えて制裁を受けます。
それが若者・風俗の女性・パチンコ屋です。

ウイルスのような目に見えないものを恐れるのは古今東西変わりはありませんが、私たちの社会ではそれが容易に「不浄」なものに変容します。
つまり「えんがちょ」の思想です。国はくり返し3密ということを言っているのにも関わらず、いったんコロナに接点があった人間は不浄の者と見なされます。

医療従事者に対して拍手を送るのは欧州ですが、日本の場合、それはサル真似に過ぎず、医療従事者の子どもが保育園への通園を拒否されたりします。不浄の者は「うつる」から近寄るなということです。
今はどこのレジでもビニールカーテンが貼られています。対面する人間同士がマスクをしていればカーテンは不要のはずですが、あれは魔除けの札みたいなものです。
今の時代、カーテンを付けていないと白い目で見られかねません。僕も日本ルールに従っています。

因習がサイエンスを乗り越えかねないのは、ちょっと怖いかなと感じますが、これが日本の空気とか文化なんだと思います。

ポストコロナの時代に2020年04月30日 22時50分47秒

新型コロナウイルス感染症が収まらず、この先どうなるのでしょうかと、よく質問を受けます。
ここまで世界的な流行になるとは僕は予測できていませんでした。
かつて経験のない疫病ですから、誰にも答えは出せないでしょう。
おそらく効果的なワクチンが開発されるか、世界中の大部分の人が感染するかしない限り、このパンデミックは終息しないでしょう。

しかしいつか必ずこの流行は終わるときが来ます。
そのとき、世界はどういう姿になっているのでしょう?
私たちはポストコロナの時代をどう生きるのでしょうか?

安倍政権は政策が後手であると、野党やメディアから批判されていますが、私はそれほど極端にひどいとは思っていません。
ただ、日本の政権も欧米の政権も2つの点で過ちを犯していると思います。
そしてそのことを乗り越えることで、私たちはポストコロナの時代に価値基準の変換ができると思います。

最初の失政は、行きすぎた経済至上主義の世界観です。疫病の広がりを止めるのは、実は簡単で経済的アクティビティーを止めてしまえばいいのです。
しかし政治にはそれができなかった。
日本で言えば、東京五輪の2020年開催に非常に強く拘ったと言えます。
小池都知事は五輪の延期が決まってから急に発言力が高まりましたが、それまでは何をやっていたのでしょう。
何もやっていません。五輪開催に執着し、疫病の封じ込めに関する発信をしていませんでした。
それは安倍政権も同じだし、欧米の政権も同じです。
どうにもならない状態になってからロックダウンしても、医療はすでに崩壊していますので、解決できないのです。
こうして多くの人命が失われました。
経済を生かそうとして命を失ったのです。

もう一つの失政は、政治家がサイエンスを信頼していないことです。
日本の政府要人には「武漢肺炎」という言葉を使う政治家がいます。「武漢肺炎」という病気はありません。
世界中の医療関係者が自分の命をかけて闘っている病気は、新型コロナウイルスによるCOVID-19という病気です。
ところが政治家はこうした疫病を政治利用しようとします。
サイエンスに背を向けます。
新興ウイルスのパンデミックが発生しているときに、サイエンスを信頼しなくて、一体どう対応すればいいのでしょうか?

トランプ大統領は経済活動を再開させようとしていますが、それは科学的知見に基づいたものではありません。
経済が活性化すれば大統領選で自分が有利になるからです。
安倍首相は全国一斉休校を、専門家の意見を聴かずに自分の判断で行いました。
通勤電車は放置して、あるいは学童保育はそのままで、一斉休校にどういう意味があるのか?
一斉休校要請に従わなかった自治体もありますが、これまで教育現場でクラスターが発生した例は報告されていません。
(しかし、一旦全国的休校になってしまうと、もはや再開できない)
安倍さんがなぜサイエンティフィックな助言を求めなかったかと言えば、それは政策が後手であるという批判をかわし、自分の支持率を上げたかったからです。
結局そのことも批判を受け、専門家の意見をようやく聴くようになりました。

ポストコロナ時代に私たちが、価値を置くべきなのは、経済的繁栄よりも人の命ではないでしょうか?
そして政治家がサイエンスに対して謙虚になることだと思います。
新興ウイルスのパンデミックはそんなに次々とはやってこないでしょう。
しかし、地球温暖化・気候変動による天災・南海トラフ・原発事故など、私たちの文化・文明を根こそぎ破壊するようなカタストロフィーはいつやってきてもおかしくありません。
そのときに、政治家が政治的振る舞いをすることは大変危険です。人類存亡の危機に直結します。
破滅的な災厄を回避するためには、サイエンスをフルに使うしか他に方法はありません。

僕はサイエンスが無条件に人類を幸福にすると楽観的には考えていませんが、国家のリーダーは良質なサイエンスを丁寧に理解し、その意味合いを国民と共有していくことが求められると信じます。

COVID-19が終息した新しい時代には、私たちは何よりも人の命が大切だと再確認し、サイエンスを人類の伴走者として厚い信頼を置くことが重要になるでしょう。

ヨミドクターに寄稿2020年04月08日 10時02分20秒

新型コロナウイルスに関して緊急事態宣言が出されましたね。
効果はどれほどあるのでしょうか?
今朝の日経新聞によると、山の手線の混雑減少率は、2月と4月を比較して35%減なのだそうです。
これでは80%に遠く及びませんね。
また毎日新聞によると、接触を80%どころか、98%減らさないと感染者は減らないそうです。

お子さんは持った家庭では、クリニックをどう利用するか、ストレスのたまったお子さんたちにどう対応するか、悩ましいと思います。ヨミドクターから緊急に寄稿の依頼がきましたので、書いてみました。

https://yomidr.yomiuri.co.jp/article/20200407-OYTET50012/

よかったら読んでみてください。

それにしても、慶應大学の研修医40人。飲み会をやっって集団感染を起こしています。
研修医が飲み会って一体どんなヒマな病院なんでしょうか?
現在の医療制度では研修医の側が「売り手市場」で、この連中はものすごく厚遇されています。
ぼくの時代と比べて、給料は3倍だし、勤務時間も9時→5時です。
重症患者がいても、5時になったら帰るわけです。
こんなんでいい医者が育つのでしょうか?
あ、働き方改革の時代でしたね!
そしてコロナウイルスの感染拡大状況を考えれば、こんな飲み会は言語道断です。
偉業停止12カ月くらいでどうでしょうか?

ヨミドクターに寄稿2020年03月04日 21時29分46秒

臨時休校になりましたね。
幼稚園も自由登園になっている所が多いようです。

学校が休校になって、子どもたちは日常をどう過ごせばいいのでしょうか?
ヨミドクターから依頼されて、寄稿しました。
よかったら読んでみてください。

https://yomidr.yomiuri.co.jp/article/20200302-OYTET50016/

本当に早く終息して欲しいですね。
なお、うちのクリニックには、新型肺炎を疑わせるような患者さんは一人も来ていません。

新型コロナウイルス対策2020年02月05日 22時11分35秒

新型コロナウイルス対策について、1月31日にヨミドクターに書きました。
ヤフーのトップページにも載ったので、ご覧になった方もいるかと思います。

https://yomidr.yomiuri.co.jp/article/20200131-OYTET50000/

詳しくは、↑をクリックして確認して欲しいのですが、とにかく「手洗い」が重要です。
しっかり手を洗ってくださいね。
現在、マスクが品薄になっていますが、冷静に対処してください。

普通にショッピングセンターへ買い物に行って大丈夫ですよ。そこまで感染を恐れる必要はありません。