簡単アクセスカウンター
アクセスカウンター
パジャマネットパソコンサプライキッズ洋服成犬用フードチワワの服マタニティグッズおっきくなぁれ販売PCショップベビー服販売PCアプリ

相模原障害者殺傷事件はなぜ起きたか?2017年07月25日 21時55分45秒

明日26日で、相模原事件からまる1年が経ちます。
この事件はなぜ起きたのでしょうか?
犯人の男は多くを語っていないため、私たちはまだまだ真相に迫ることができません。
しかしいくつかのことは推測できます。

もし、何かの因子が欠けていたらこの事件は起こらなかったと仮定してみましょう。その因子とは何でしょうか?

1 犯人が障害者施設で働いていなかったらこの事件は起きていないのではないでしょうか?
犯人は障害者に対してまったく無知ではなかった。そこに問題があった。
以前の僕の考え方は、「無知が偏見になり、偏見が人を殺す」というものでした。
しかしこれは正しくないようです。
こんな事件が起きるならば、犯人にはずっと無知でいて欲しかったと思います。中途半端に障害者の生活を知り、知ることで差別感情が生まれたと言えます。
そこに足りなかったのはなんでしょう。倫理でしょうか? 理解でしょうか?
障害者をケアすることによって、自分自身の人間としての根が深くなると言う自己肯定感が無かったのではないでしょうか?

2 強い者が勝ち、弱い者が滅びるという政治風潮が無ければこの犯行は無かったのではないでしょうか?
今日のNHKの報道によれば、犯人はトランプ大統領の選挙戦での演説やイスラム国に影響を受けたと言っているようです。
トランプとイスラム国の思想をいっしょくたにするのは乱暴過ぎますが、両者に共通するのは弱者への非寛容、あるいは、自分ファーストの思想ではないでしょうか?
また日本の政治家たちが、高齢化社会の社会保障の問題になると高齢者の人権を切り捨てるような発言をすることも、この事件の動機とどこかで地続きになっていると見ていいでしょう。

3 犯人が教職に就けていたらこの事件は無かったかもしれません。
犯人は自分を肯定できなかった。社会の中で「居場所」を確保できなかった。友人も多くなかったのではないか?
つまり社会と共生していなかった。共生とは自立の第一歩ですから、この犯人は成人として自分の足で立っていなかった。

人間が限界まで孤独に追い詰められると、二つの道を進みます。
一つは、自分の内側にどこまでも引きこもり、社会との接点を断ち切ろうとします。この究極の姿が自死です。
そしてもう一つは、まるで反対の方向に進みます。社会とか国家に強く関わって、あるいは押しかけて英雄になろうとする。
この犯人が衆議院議長に宛てた手紙を読めば、この男は救世主になろうとしていたことがわかります。

人は一人では生きられないし、また、生きてはいけない。
それは障害者も健常者もまったく同じです。
人が他の動物と最も違う点は何でしょうか?
それは、人間は自分の力で生きていくためには何年、何十年もかかるということです。
動物が生まれてすぐに立ち上がり、エサを摂るのとはまるで違っています。
そこに人間の最大の特徴がある。つまり人間は一人では生きられない生き物であり、生まれた時から社会的な存在だということです。そして生きていくということは、人と人とのつながりを次々に増やしていくことと同義ではないでしょうか?

ところがこの犯人には「居場所」が無かった。つながりに欠け、社会に混じり合っていなかった。孤独を深めた。障害者ともつがりを結ぶことができなかった。
そして、いっそのこと英雄になることを夢見て、大量殺戮によって国家に恩を売ろうとしたのではないでしょうか?
日本の歴史上、この男は最も凶悪な押し売りだったのだと思います。

秋也くんを救う会 もう一息!(そして目標達成)2017年07月14日 23時03分36秒

このブログで3回目のお願いです。

アメリカで心臓移植を待っている子がいます。
http://saveshuyakun.com
渡航・手術には個人の負担では無理な費用がかかります。
目標まであと少しです。
ぜひ、関心を持ってください。

〜〜〜〜〜追記 目標額に到達しました!〜〜〜〜〜〜

ヨミドクターの連載を終えて2017年06月28日 23時48分39秒

一昨日の記事をもって1年間に及んだ僕の連載は終了になりました。
これまで僕の記事を読んでくれた方には心から感謝したいと思います。
また、コメント欄を拝見すると、僕の記事をメチャクチャにけなしている人もいるので、そういう人には連載が終了して「良かったですね」と声をかけたいと思います。

さて、この連載の企画は、中央公論新社から持ち上がったものでした。
中央公論にはラクレという新書があって、そこで「小児医療の常識のウソ」あるいは、「ネット情報はどこまで信用できるか?」みたいな本を作ろうというアイデアがありました。
しかしながらこの出版不況の時代。僕のような無名な医者が本を書いても売れるかどうかわかりません。

そこで、読売新聞のヨミドクターに相談したのです。中公の親会社ですね。
当初の提案は3カ月の連載です。面白ければ延長。読者からの反響が無ければクビ。
ヨミドクターの編集長さんは、僕に書かせることに大変不安があったと思います。
なぜならば、僕は「純粋な」小児科医ではありません。ま、「小児外科医」だけど、もう手術はしていませんから外科医でもない。すると、ただの開業医ということになります。
それでも採用してくれたのは、拙著「運命の子」と「小児がん外科医」を読んで頂き、文章が書けるなと感想を抱いてくれたからだと僕は思っています。
こうして連載が始まりました。

ほかの執筆者と比べて、僕の原稿がたくさん読まれたのかどうか自分にはわかりません。
ですが、「箸にも棒にもかからない」というレベルではなかったようです。
それなりの読者からの支持があったみたいです。
その結果、連載は3カ月ごとに延長となり、ついに1年になった訳です。
1年書くとさすがにネタが尽きて、もう僕にはいいアイデアは残っていません。とにかく26回よく書けたと思います。

原稿を書くにあたって相当勉強をしました。
医学書や治療ガイドラインなども最新のものを買い直しました。
こうした書籍は大変高価なので、原稿料はすべて書籍代に消えました。
しかしそんなことは全然どうでもいいことです。やはり人間いくつになっても勉強しないといけません。
本連載を書くことで、自分の知識をもう一度整理し直すことができたのは本当に良かった。患者にもその利を還元できています。

連載の中で手応えがあったのは、インフルエンザの予防法とアトピーへのステロイド軟膏の使用方法。
逆に肩透かしだったのが、便色カードの胆道閉鎖の話。

連載の後半ではほどんどの記事が yahooニュースに転載されて、患者さんから「見ましたよ」とよく声をかけられました。

さて、連載は中央公論新社の上層部からも一定の評価を頂いたようです。その結果、ラクレから書籍化されることが決まりました。
原稿を整理してみると、400字換算で320枚あります。これはちょっと削る必要があるかもしれません。
もちろん、枕の部分でBabyMetalのライブを観に行った類の話はすべてカットします。
障害児に関する原稿を2回書いていますが、これもラクレには載せないつもりです。

どんな風にまとめていくかこれから中公の編集者と相談です。骨格が決まれば、中味は95%以上完成していますので、すぐに仕上がるでしょう。

面白くて役に立つ(あ、講談社みたいなキャッチフレーズ)本になるはずです。おまけにポケットに入る。
年内完成か年明けになるかまったく未定ですが、ぜひ、新書ラクレを可愛がってくださいね。

ヨミドクター、連載26回目〜最終回2017年06月26日 13時11分13秒

いよいよ最終回です。
ぜひ、お読みください。

https://yomidr.yomiuri.co.jp/article/20170619-OYTET50058/

ヨミドクターでまたいつかお会いしましょう!

ヨミドクター、連載25回目2017年06月12日 19時52分21秒

熱中症について書きました。

https://yomidr.yomiuri.co.jp/article/20170512-OYTET50012/

ぜひ、お読み下さい!

自宅で死ぬか病院で死ぬか2017年06月01日 00時54分59秒

自宅で死にたいという人が多いようです。
ぼくはそうは思わない。
病院はけっこう快適だし、家族に迷惑をかけることも余りない。
死ぬなら病院が良いとずっと思っていました。
その思いに拍車をかけたのが、自身の経験です。
40歳の時、ぼくは解離性脳動脈瘤でぶっ倒れて脳外科に入院しました。
その時のベッドがこの上なく心地よかったんです。
それまでは、それこそ過労死寸前まで働きに働いていましたから、昼間からフカフカのベッドで横になれるなんてまるで天国にいるようでした。
だから、病院とは心地良いという思いが染みついたんでしょう。

あれからおよそ15年。
ひたすら仕事をしていたぼくは家庭の中に帰ってきました。
家族はみんな、家の中にいることが好きで、あまり遠出もしないし旅行に行くことも好みません。
ぼくは家族とお笑い番組を観ることもあるし、何より現在は書斎があるため、自由にネットを眺め、音楽を聴きまくり、ソファでごろりとなって本を読むことができます。
つまりぼくも、家の中にいることが好きになってしまったのです。

ぼくが「治らない大病」をしたら、ある程度は病院で治療を受けたいけど、もう治癒が見込めなくなったら自宅に帰りたいな。
たとえば、がんに罹って、がん細胞が骨や肺に転移して治療法が無くなったら可能な限り自宅で緩和療法を受けたい。
実際そういうことを、ぼく自身が子どもたちにやってきたから。

ま、これが歳を取ったということかもしれませんが、考え方が変わってきましたね。
どんな人でもいつか必ず「不治の病」に冒されます。
それはいつなのかな? 55歳ではちょっと辛い。
子どもの成長も見たいし、社会人としての責任も全うしたい。
ただ、隠居生活に入っていたら、それはもうしかたがないことなので、運命を受け入れるしかないですね。
だけど今の考えとしては、もうちょっと生きていたいな。

ヨミドクター、連載24回目2017年05月29日 10時43分22秒

赤ちゃんの嘔吐について書きました。よくあることですが、時には厄介なことになったりします。

https://yomidr.yomiuri.co.jp/article/20170428-OYTET50007/

赤ちゃんがなぜ吐くのか、説明してみました。ぜひお読み下さい。

再掲 秋也君を救って下さい!2017年05月15日 20時18分23秒

再掲 秋也君を救って下さい!
ちょっとしたことから知ることになった「秋也君を救う会」。
拘束型心筋症で心臓移植を必要としています。

http://秋也くんを救う会.com

日本では小児の間の心臓移植は、年間に2人くらいしか行われていません。
命を守るためには海外(秋也君の場合はアメリカ)へ行って、心臓移植を受けるしか方法はありません。
ぼくは秋也君を診察した訳ではないので、確定的なことは言えませんが、そんなにのんびりとした時間は無いはずです。
HPを見ると、必要な寄付金はまだおよそ半分しか集まっていないようです。

「海外で心臓移植を受ける子どものために全員に寄付していたら金銭的にきつい」と思っている方も多いでしょう。
しかしそうした患者さんは日本でたったの35人くらいしかいません。
「袖触れ合うも多生の縁」と言うじゃないですか?
せっかくぼくのHPをご覧になってくれたのだから、秋也君のことにも関心を持って頂けないでしょうか?
治療手段がありながら、それが実現しないというのは悲しすぎます。
善意の輪が大きく広がっていくことを信じています!

ヨミドクター、連載23回目2017年05月15日 12時49分04秒

手術には必ず合併症がついてまわります。これは医療ミスではありません。
100%成功する医者はいませんから、「神の手」を持った外科医はいないことになります。

https://yomidr.yomiuri.co.jp/article/20170414-OYTET50017/

ヨミドクターをぜひお読み下さい!!

ヨミドクター、連載22回目2017年05月01日 12時48分09秒

ぼくの専門分野であった小児がんについて書きました。問題点を分かりやすく書きましたので、ぜひお読み下さい。

https://yomidr.yomiuri.co.jp/article/20170330-OYTET50016/