簡単アクセスカウンター
アクセスカウンター
パジャマネットパソコンサプライキッズ洋服成犬用フードチワワの服マタニティグッズおっきくなぁれ販売PCショップベビー服販売PCアプリ

日本小児血液・がん学会へ行く2016年12月16日 16時40分25秒

日本小児血液・がん学会へ行く
久しぶりに小児がん学会に参加しました。
一番大事な仕事は、Meet the Expert という朝食付きセミナーで講師をつとめることです。
大学の教授やこども病院の病院長などをリタイヤした先人から、若手がレクチャーを受けるというものです。
ぼくのような若い人間、そして開業医が講師をつとめるのは異例というか、前例がないのではないでしょうか?
昨年から学会に依頼されていましたが、今年は学会場が品川なので行くことにしました。

さて、その前夜に会長招宴。
学会の重鎮がずらりと招かれています。
だがその顔ぶれは、実はほとんどが知った顔。ぼくの友人たちはみんな、教授とかこども病院の部長とか、学会の理事長になっています。
つまり歳をとったということ。
小児がん学会に参加するのは、何年ぶりか正確に覚えていないくらいなのですが、僕を見つけるとみんなが寄ってきてきれます。
体調のことを心配してくれて、仕事の様子を聞かれ、執筆のことを聞かれます。
僕など過去の人間ですが、ちゃんと忘れないでいてくれるのですね。
うれしい。うう。泣く。
会長招宴に引き続いて、仲間たちと飲みに出かけました。
楽しい時間はたちまち過ぎて、あっと言う間に閉店です。

さて、翌日は早朝からMeet the Expert 。
小児がん学会でありながら、僕は「重い障害を生きる子を通じて医師と患者家族の関係を考える」というテーマを選びました。
誰も聴きにきてくれなかったらどうしようかと思いましたが、席はしっかり埋まりました。
おまけに学会の会長である慶應の黒田教授まで聴きにきてくれました。
いや、うれしいですね。
スライド50枚を使って、呼吸器で生きる子の人生をしっかりとプレゼンしました。
お世辞と思いますが、黒田教授はとてもよかった、感動したと言ってくれました。

さて、そのあと普通に学会に参加です。
フロアから演者の発表を聴く。
学会はやはり良い。身が引き締まります。
だけど、少しだけ寂しい思いもしました。
自分には発表する研究成果がない。かつて僕は、小児がん学会で次から次に自分の新しい研究結果を報告しました。
他の施設からの発表に対しても質問を次々に浴びせて、いつもスポットライトに当たっていたと思います。

しかし、今やただの聴衆の一人。若い腫瘍科医は誰も僕のことなど知らないでしょう。

大学を去って開業医になり、文章を書くことで僕には新しい世界が開けました。
それはそれで大変幸福なのですが、人間ってやはり何かに帰属していないと淋しい。
やっぱり僕は小児外科医、そして小児腫瘍科医。
大学に残って小児がんの研究をしていたら、仕事だけの狭い世界に生きていたかもしれませんが、本当の自分の居場所に安心感を得ることができたように思えます。
そんなことをちょっと考えてしまいました。

さて、2018年に、小児がん学会は京都で開催されます。国際小児がん学会(SIOP)との同時開催です。
会長の京都府立医大・細井教授は、ぼくを主賓として招いてくれるそうです(笑)。
今から楽しみです。先生、約束ですよ〜。

第22回小学館ノンフィクション大賞決定!2015年07月31日 20時50分54秒

2013年の贈賞式
第22回小学館ノンフィクション大賞が決定しました!

http://mainichi.jp/select/news/20150801k0000m040050000c.html

大賞を受賞したのは、森健さん!
クロネコヤマトの会長さんをテーマにしたようですね。

大宅壮一ノンフィクション大賞に続いての受賞です。すごいです。

写真は2年前にぼくが大賞を取った時に贈賞式に駆けつけてくれた森さん。

本当におめでとうございます! バンザイ!

「角岡伸彦 五十の手習い」がイケてる2014年02月12日 20時41分52秒

「角岡伸彦 五十の手習い」
文通友達の角岡さんが、ここのところブログを書いています。
今回の話はコレ。

http://kadookanobuhiko.tumblr.com


寡作のノンフィクション・ライター、角岡伸彦さん。
彼の作品の魅力は多々ありますが、何と言ってその文章が良い。

文章っていうのは、読者からすると「こういう風に転がって欲しい」というリズムが必要であると同時に、読み手は「紋切り型の文章は読みたくない」という警戒感を持ちます。
そしてまた「こういう風に来たか!」と思わせられるような意外性を期待するものです。ユーモアも欲しい。質の高い。
そんな点で、角岡さんのブログは(著書も)本当にイケています。

タイピンを贈られる2013年08月13日 22時37分13秒

タイピン
友だちとは本当にありがたいです。
小学館ノンフィクション大賞の受賞記念にタイピンを頂きました。
ぼくのスーツより高いかも。
いやいや、値段じゃありません。
このタイピンを付けて、授賞式に出ましょう。

五味鳥で暑気払い2013年08月10日 23時05分07秒

医学部ラグビー部の時の仲間と、五味鳥で暑気払いをしました。
と言ってもあまりの猛暑に暑気を払うことはなかなか叶わず、キンキンに冷えた生ビールもたちまち温くなる有様でした。

ですが、刺身や焼き鳥を食べて、さらにメニューに無い「裏メニュー」までお願いして、旧交を温めて楽しい時間はあっと言う間に経っていきました。
あまり深酒はせず、帰途につきました。

世間はお盆休み。
クリニックも空いていました。
来週の月曜日と火曜日は診療をおこないますが、あまり患者さんは来院しないかもしれませんね。

千葉大医学部の副医学部長である白澤先生から、小学館ノンフィクション大賞の受賞の手記を依頼されました。
千葉医学会誌に掲載されるそうです。
白澤先生は分子ウイルス学教室の教授。ぼくの大学院時代の指導教官です。当然引き受けます。
連休を利用して3000文字くらい書きましょう。

五味鳥で呑む2013年07月23日 22時37分06秒

仕事が終わってから富士見町の「五味鳥」で、講談社のエディターさんとビールを呑みました。
仕事の話をした後は、刺身と焼き鳥を堪能しました。

で、ビールで多幸感一杯となってしまい、深みのあるブログはとても書けない状況になって今に至っています。

酒宴の話題の一つは「19歳」です。
19歳のぼくは浪人生でとても暗い青春を送っていました。
思慮も浅かった。
だけど、子どもから大人へ伸びていく時期であり、精神の発達は毎日のようにあった気がします。
現代の世の中にも輝いている「19歳」ってけっこう多いと思うのです。
そういった、これから成熟しようとしている青春期の19歳の人たちにインタビューしていくと、面白い発見がたくさんあるのかと、ぼくは色々と考えてしまいました。
ま、妄想ですね。

そういう訳で、今夜はこの辺で。

寿司会席で骨休め2013年05月18日 22時37分28秒

デザート、美味い!
先輩と後輩の開業医で集まって、ビールを飲みました。

楽しい時間はあっと言う間に過ぎていきます。
まあ、またいつでも会えるでしょう。

写真はリコーGR Digital IV で撮影したデザートです。

朋有り、遠方より来たる。亦た楽しからずや2012年07月14日 23時29分41秒

友人とはいいものです。

M日新聞ローマ支局の勤務を終えたF君が、この春、日本に帰ってきました。
早速、夕刊で面白い記事を連発しています。
この面白さは、まあ、読んでみてくださいとしかいいようがありません。

知的楽しみは本来、人に教えられて知るものではありません。
自分で到達するものです。
ですから、みなさんのうちの誰かが、彼の記事に出会うことを期待しています。

今日はさらにK談社のN編集者も一緒でした。

で、ぼくは触媒のような役目。
K談社が発刊している雑誌「g2」は、現代の日本のノンフィクションのメッカ、あるいは梁山泊のようなところです。
この雑誌には大宅壮一ノンフィクション賞や講談社ノンフィクション賞を受賞した作家がたくさん執筆していますが、開高健ノンフィクション賞受賞作家の寄稿はありません。

もし、開高健賞を取ったF君がここに参加すれば、「g2」はもっと魅力的になると思います。

そうなることを夢想して今日は楽しい宵を過ごしました。

銅版画を楽しむ2012年05月09日 19時57分59秒

眠るヤマネ
小児外科と自転車の大先輩にあたる橋都先生から、銅版画を送って頂きました。
タイトルは「眠るヤマネ」です。
どうですか、この立体感。
ソファも、ヤマネも、ふっくらと盛り上がって、まるで3Dの版画を見ているようです。

橋都先生は多趣味多芸の知識人です。
音楽・美術・自転車・イタリア文化に造詣が深く、こういった小児外科医は他に見たことがありません。
また、先生は、若かりし頃のぼくの研究(小児がんのがん遺伝子)を真っ先に評価してくださり、「医学のあゆみ」という雑誌に論文を書かせて頂く機会をもらいました。

1990年頃というのは、遺伝子レベルのがん研究というのはまだまだ端緒についたばかりで、理解してくれる医学者というのは本当にごく一部でした。
ぼくの研究を真っ先に評価してくれたのは、日本では土田先生、金子先生、橋都先生。
三人とも東大の先生だ。

その橋都先生の趣味の一つが銅版画。
毎年、展覧会を開いていますが、今年見た「眠るヤマネ」は感動的でした。
これをぜひとも家族に見せたい。
そういう思いから、お譲り頂きました。

美術センスに長けた次女は、見るなりガラス面を指で触れ、「ソファもヤマネもフカフカだ」と目をキラキラさせていました。

さて、どこに飾ろうかな。

チョコレートケーキ2012年02月15日 22時13分35秒

チョコレートケーキ
今日は朝から大学病院へ行って、小児がんの卒業生の診療をおこなってきました。

上の写真は21才の女性からもらったチョコレートケーキ。

彼女は1才で小児がんを発症し、抗がん剤治療と、大手術を乗り越えました。
退院したのは2歳半。
その後、順調に経過して、完治したと思っていました。

ところが10歳で再発。
この病気は再発すると、治癒することはほとんどありません。
この子も、命を持っていかれるかと、一時はぼくも覚悟を決めました。
どのように治療するか、悩みに悩みましたが、「命」も「生活の質」も両方、手に入れるという半ば大勝負にうってでましたが、治療は見事に奏功し、今度こそ彼女は「完治」しました。

そして現在はケーキ屋さんの正社員。
嬉しいじゃないですか。
はやく花嫁姿を見たいな。その時はきっと泣くな。

医者という職業がいい仕事かどうか、ぼくには分からない部分もあるのですが、チョコレートケーキを食べて甘美な気分に浸れる夜もあることは間違いありません。