簡単アクセスカウンター
アクセスカウンター
パジャマネットパソコンサプライキッズ洋服成犬用フードチワワの服マタニティグッズおっきくなぁれ販売PCショップベビー服販売PCアプリ

フレディ・マーキュリーの生と死2017年01月31日 22時06分15秒

フレディ・マーキュリーの生と死
中学生の頃、僕はクイーンの大ファンで、彼らのLPレコードをくり返し聴いていました。メジャーになった後期よりも初期の作品に好きな曲が多かった印象があります。
しかしなんと言っても、彼らの最高傑作は「ボヘミアン・ラプソディ」であることは誰しもが認めることでしょう。
僕も大好きでした。
華麗にして壮大な曲、目まぐるしく変転する重厚な構成。こんなロックがあるのか驚き感動したものです。

クイーンは一人ひとりに才能がある優れた個性が集まった4人組みですが、フレディ・マーキュリーのヴォーカルは世界最高レベルのロックだったと思います。
その彼は、1991年11月23日に、自分がHIVに感染していることを公表しました。
日本でも夜のニュース番組で流されました。
当時、HIV感染症(AIDS)は死に至る病でしたので、その時の衝撃と言ったらなかなか言葉になりにくいものがありました。
さらに驚くことがあり、翌日の夜のニュースで、フレディ・マーキュリーが45歳の若さで亡くなったことが報じられたのです。
この時、僕は29歳。それからもクイーンの音楽を聴き続けました。

そしてある時に、「ボヘミアン・ラプソディ」の歌詞が、深い意味を持っていることに気付きました。

『ママ、たった今、人を殺したよ
彼の頭に銃を突きつけて
引き金を引いたら、彼は死んだ 』

これは何を意味するのか?
フレディ・マーキュリーはゲイでした。彼はゲイであることを隠し続ける自分をやめて、カミングアウトの道を選んだのです。
つまり、彼が殺した人間とは、以前の自分自身なのです。
では、ゲイであることを公にした人生が、晴れやかで堂々としたものであるかと言うと、そうではありません。
ゲイを生きることに彼はものすごい恐怖を感じていました。

歌詞に My time has come とあります。中学生の頃、僕はこの意味がわかりませんでした。
今ならはっきりわかります。
Time とは「死期」です。かつてイギリスではゲイは罪でしたから、1990年頃にも偏見が残っていたはずです。
彼はゲイに誇りを持つことなどはできず、絶望の中で叫んだのです。

『もう遅すぎる、死ぬ時が来た
背骨の中を恐怖の震えが貫く
体中が痛みで満ちる
みなさん、さようなら、僕は行かなくては
あなた達のもとを離れ、真実と向き合うよ
ああ、ママ
死にたくないよ
時々願ってしまう、こんなことなら生まれてこなければよかったと』

何という凄絶な歌詞でしょう。
フレディ・マーキュリーが「ボヘミアン・ラプソディ」を歌い上げる時、まるで魂の叫びのように声が天空に舞い上がっていきます。
それは文字通り、自身の命を懸けた歌だったからでしょう。

すっかり歳をとってしまった僕は、フレディの「ボヘミアン・ラプソディ」を聴くたびに落涙しそうになります。

ウエンブリーアリーナ・ライブ!2016年11月22日 22時34分42秒

ウエンブリーアリーナ・ライブ!
BABYMETALの最新DVDが本日自宅に届いたので、早速視聴してみました。
ウエンブリーアリーナと言えば、ロックの聖地。日本人では初のワンマンライブです。
ライブの演出自体は比較的地味だったかもしれません。
東京ドームで見た、音と光の一大エンターテインメントショーとは少し趣きが違っていました。
ストレートにヘビーメタルを聴かせたという感じですね。

BABYMETAL を批判する人は、彼女たちは自ら音楽活動を開始していないことを問題にします。
つまりプロデューサーの企画によって集められた3人組みという批判です。
確かに彼女たちは、曲を自分たちで(ほとんど)作っていないし、結成当時はヘビーメタルが何かとは分かっていなかったと思います。

ですが、そんなことを問題視するのは一体何の意味があるのでしょうか?
経緯がどうであれ、現在のBABYMETAL の質の高さは簡単には批判できないはずです。
ぼくは14歳で Deep Purple を聴いて脳天をガツンとやられました。
Led Zeppelin は理解するのに1年かかりましたが、15歳の頃にはのめり込んでいました。
今でも時々聴きます。
DPやZeppと比べても、BABYMETALの質の高さはまったく見劣りしないと思います。
DPのSmoke on the Water を何度聴いても飽きないように、BABYMETALのイジメ、ダメ、ゼッタイを何度聴いても飽きません。
BABYMETALのコンセプトはアイドルとメタルの融合と言われますが、現在の彼女たちはアイドルではないでしょう。
カワイイ服も着ないし、握手会とか、ファンとの交流とか一切ありません。
ライブはMCなし、アンコールなしで、ひたすら曲に集中します。

アイドルでない代わりに、彼女たちの特徴はダンスにあると言えます。
そもそも、メタルを聴いて踊ることは不可能なわけです。
メタルとはそういう音楽なんですね。
そこに、ダンスを導入し、またそのダンスの質が非常に高い(振り付けはパフュームと同じ人)。

Smoke on the Water を聴きながら踊ることは不可能ですが、イジメ、ダメ、ゼッタイを聴くと自然と踊ってしまうというわけですね。

大晦日には紅白歌合戦に出場するという噂もありますが、ぼくとしては出て欲しくない。
イメージが壊れちゃうから。
だってDPやZeppはそういうお祭りには出ないでしょ?
出るならば、来年のスーパーボウルのハーフタイムショーでしょう。

現在、たしかに欧米などで人気を誇りますが、それはあくまでもサブカルチャーとしての人気です。
BABYMETALがビヨンセとかレディーガガのように、メインカルチャーにまでのぼりつめたいと思っているのかどうか、それはわかりません。
そのためにはもう少し楽曲に恵まれることと(現時点では持ち歌がとても少ない)、英語でインタビューに答える力が必要なのではないでしょうか?
曲の歌詞は日本語でも大丈夫なような気がします。
そもそも今でも歌詞はぼくには全然聴きとれないので。

12月はレッチリと一緒にイギリスを回ります。
ぼくもレッチリの大ファンです。これを機会にまたさらに成長して欲しいですね。
次はいったいいつ日本でライブが観られるのでしょうか?
実に待ち遠しいです。

BABYMETAL 観戦記2016年09月19日 21時59分57秒

BABYMETAL 観戦記
あいにくの雨模様でしたが、東京ドームなので雨など関係ないと高をくくっていました。
総武線快速で錦糸町へ。ここで各駅停車に乗り換えです。
ふと気付くとホームには BABYMETAL のTシャツやキツネのお面をつけた集団があちこちに。
錦糸町から水道橋に近づくと、同じような出で立ちの人がどんどん増えてきます。
そして水道橋で下車。なんだ、この人の多さは!
ドームまでは延々と人の列。みんな傘を差しているので、ぶつかったり、突かれたり、しずくを浴びたり。
ドームの着くと人が多すぎて、自分が入るゲートに近づくことすらできません。
人波に押されていつの間に行列の一員になってしまいましたが、どうも別のゲートらしい。そこを脱出してようやく自分のゲートに並ぶことができました。

手荷物検査を受けて、チケット受け取り、ビニール製の「首コルセット」を渡されました。
メタルロックは「ヘドバン」をするので、首を守ってねという BABYMETAL のお約束アイテムです。
あとでわかるのですが、ライブの終盤で照明が消されると(あるいは、何か光を当てたのか?)、観客全員の首が光るんです。

ぼくの席はドームの2階。会場に足を踏み入れ、「はっ」と息を飲みました。
ドームの観客席にはすべて人。空席のエリアはなし。
そしてグラウンド中央にステージ。
その周囲に観客。これって一体、何人人が入っているの?
観客席だけで5万人でしょ? グラウンドを含めると6万人に近いのではないでしょうか?

中央の円形ステージから3本の脚が伸びていて、BABYMETAL の3人が観客の近くまで来ることができる演出のようです。
そして中央ステージの上にはやぐらのように円柱形の巨大なスクリーンが。
これは360°、どこからでも観ることのできるモニターでしょう。

ライブの開始は18時ですが、この調子だと時間までに観客が全員入りきるのは不可能。
やはり18時を過ぎても始まりません。

そして18時20分くらいにスクリーンにアニメが映し出され、BABYMETAL の持ち歌は、今日と明日の二日間に分けて上演され、重複はないとアナウンスされました。
「うーん、ぼくの好きな歌が明日に回されちゃうと残念だな」と思っていると、いきなりRoad of Resistance のイントロが流れ始めました。
キター! ぼくの一番好きな曲!
観衆総立ち!

360°スクリーンには BABYMETAL の3人が映っているのに、いくら目を凝らしても円形ステージには実際の3人がいません。
どういうこと? 
少しの間、曲に乗れないでいると、何と3人は360°スクリーンのやぐらの上で歌っていました。

セットリストは覚えていませんが、「アモーレ」「ギミチョコ」「Catch me if you can」「Karate」「4の歌」など、好きな曲が目白押しでした。
しかし、残念ながら聴けなかったのが「META!メタ太郎」「IDZ」でした。
最後は「THE ONE」で幕を閉じ、MCなし、アンコールなしのライブは100分くらいで終了しました。

ファン層は幅広く、僕のような老人も多数。幼稚園児くらいの子どもを連れた若いパパ、ママも多数。若者グループも多数。


光、演奏、歌、ダンス、すべてが一体となったプログラムは本当にクオリティーが高かった。
ファンであればよく知っていることですが、バックバンド(神バンドと言います)のレベルの高さはすごいものがあります。

SU-METAL は本当に歌がうまい。生で聴くと、CDなどで聴くよりちょっと高い声だなと感じました。
MOA-METAL とYUI-METAL のダンスは実にシャープ。
今更ながら気付いたのですが、この2人は笑顔なんですが、SU-METAL はニコリともしないんですね。
ま、自分のことをアイドルと思っていないのかもしれません。

映像と音楽が濃縮された100分でした。
え? もう終わりなの? という感じ。
できれば1000人くらいの小さなハコでライブを聴きたいな。
無理か。
次回のライブは1年後でしょうか? また観に行きたいですね。
(写真はネット上で拾ったものです。ぼくが撮影したものではありません)

ピーター・バラカンを嗤う2016年07月23日 16時34分41秒

Su-metal とRob
ピーター・バラカンは、1951年生まれのイギリス人です。
日本語を流暢に話すラジオDJですね。顔を見ればみなさんも一度はテレビなどで知った人物だと気付くでしょう。

彼はBabymetal を評して、
「ぼくは全く評価できません。先入観ではありません。あんなまがい物によって日本が評価されるなら本当に世も末だと思います」
と発言しています。

「世も末」とはどういう意味でしょうか?
これは仏教の末法思想です。「この世はもう終わりだ」と嘆く言葉です。
「メタルダンスユニット」という誰も思いつかなかった新しいジャンルが出現し、世界を回ってライブを行っているのが Babymetal という概念です。
この鮮烈な概念は、
1 アイデア
2 ヴォーカルの力
3 ダンスと振り付けのレベルの高さ
4 バックバンドの実力
から成り立っています。
楽曲のクオリティーの高さは、どんな曲でもいいので一曲聴くだけですぐにわかります。

こういった概念が生れた背景には、J-POPの歴史があることが基盤になっています。
KAWAII という文化も融合しているとされていますが、その部分はそれ程強くないし、3人の少女はカワイさを表に出していません。
ヴォーカルの力を、ロバート・プラント(Zepp)と比べれば見劣りしますが、日本の多数のアイドルの歌唱レベルははるかに超えて、その向こう側に突き抜けています。
楽曲「Karate」でジャンプしながら歌うところなどは、尋常ではありませんし、先日、Rob Halford と一緒に歌った時でもレベルの高さを証明してみせていました。

ま、つまり「まがい物」ではない。
Babymetal という概念は「本物」です。
ただ誰も見たことがなかったので、ピーター・バラカンさんのような大御所には理解できなかったのでしょう。
理解できないならば、「わかりません」と認めればよかったのです。
当然、この世は続いていくし、終わることなどありません。
「この世も末」と喋ってしまい、恥をかいたというところでしょう。

人間は恥をかいて成長していくものですが、それも若いうちの話です。
歳をとったら上手に恥をかきたい。
ぼくも臨床をやっていて、この歳になっても初めて遭遇する疾患や症状があります。
その時は、後輩にちゃんと教えてもらいます。
そうやって自分の力を増していくのですね。

ピーター・バラカンさんは、上手に恥をかいたと言えるでしょうか?

マネー・ジャングル2015年07月10日 22時04分48秒

マネー・ジャングル
く〜、痺れる〜。

Jazz House「NARU」へ行く2014年05月04日 23時08分17秒

Jazz House「NARU」
GWは読みたい本が山積みで、スライド作りの仕事もあり、なかなか多忙です。
しかし今日はちょっと時間ができたのでお茶の水へ行ってきました。

神保町の古本屋をいくつか回って、書泉グランデ、三省堂、丸善へ。
三省堂には「運命の子 トリソミー」置かれていなくてびっくり。
いやあ、本当に売れていないとしみじみ実感します。

さらに画材屋「レモン」へ。
別にぼくは絵は描きませんが、昔からここの立ち寄って画材を見たり、万年筆を見たり。
あれ、レモンに併設してあった喫茶店はどうなったんだろう??

で、Jazz Houseの「NARU」へ。
それほど広くないお店にお客さんがぎっしり。
アルトサックスとトランペットの2管編成でしたが、とりわけトランペットが良かった。
ベースを弾いている方は、「Body & Soul 」でも演奏を聴いたことがありますが、実に迫力のある音を出します。
1 Stage だけ聴き大いに満足し、深酒しないで帰宅しました。

帰宅したら、ロバート・ワインバーグの「がんの生物学」が届いていました。
電話帳のようにデカくて、分厚い本ですから、通読は無理でしょう。興味のあるところ読んでいこう。
非常に楽しみです。

弾き語りパッション・井上陽水2014年05月01日 23時49分42秒

弾き語りパッション・井上陽水
iTunes で買ってしまった。
兄が好きだった陽水。彼の声が破格であることは誰も異存はないと思うが、ぼくは「歌詞」がすごいと思う。
「東へ西へ」とか。

ももクロ、国立ライブ2014年02月19日 22時00分26秒

ももクロ、国立ライブ
3回応募しましたが、すべて外れました。
残念ですが、生で観ることは叶わぬようです。

安西信一さん2014年02月10日 22時02分08秒

ももクロの美学
「ももクロの美学」を執筆した安西信一さんが今日亡くなったそうです。
原因はクモ膜下出血。53歳。

脳動脈瘤があったのでしょう。
仕事が忙しかったのでしょう。
そして無理をしたのでしょう。

心からご冥福をお祈り致します。

ももクロ夏のバカ騒ぎ 20132014年01月28日 21時15分30秒

ももクロ夏のバカ騒ぎ
DVDが到着しました!

昨年夏、家内と一緒に日産スタジアムへ観に行ったライブです。

布袋寅泰さんのギターを背後に6万人を前にして歌うというのはどういう心持ちに至るのでしょうか。
グループの最年少・「あーりん」は高校2年です。うちの長女と同い年。
ぼくは自分の長女のことも尊敬していますが、「あーりん」もすごいと思います。
普通の人間にはできないことです。

しかし彼女達5人は、「ももクロ」というシステムに入団した訳ではありません。
「ももクロ」という「もの」を始めてみたところ、こんなことになってしまったのです。
本人達だって、スターダスト事務所の人達だって夢にも思っていなかったでしょう。
今や「記号」ですよね。

そもそも百田夏菜子さんだって、あーりんだって、最初は普通の小学生であり、幼稚園生であり、乳児であり、新生児だったはず。
天才だったのでしょうか?
三島由紀夫みたいに、産湯の盥を憶えていたとか?
そんなことはないでしょう。最初は普通の子どもだったはず。
いやもしかしたら普通どころか、劣等生だったかも。
友達もあまりいなかったかも。

しかし彼女達は、(おそらく親の意向で)芸能界に入り、歌唱力などまったく無かったのに、あれよあれよと言う間にトップスターにのぼりつめてしまいました。
「ケ」から「ハレ」の世界へ自分たちの居場所を変えてしまったのです。
その心境はどういうものでしょう?
変化の瞬間あるいは過程というのものは、当人にはどのように見えるのか?
彼女達が見ている「世界」とは何なのか?

12時間くらいインタビューすれば、何か物語が浮かび上がってくる気がします。
百田夏菜子さんが見ているものを、僕は見たい。