簡単アクセスカウンター
アクセスカウンター
パジャマネットパソコンサプライキッズ洋服成犬用フードチワワの服マタニティグッズおっきくなぁれ販売PCショップベビー服販売PCアプリ

マジ文章書けないんだけど ~朝日新聞ベテラン校閲記者が教える一生モノの文章術~ (前田 安正)2017年06月18日 21時51分34秒

マジ文章書けないんだけど
なぜこの本を読もうと思ったのか、きっかけを忘れてしまったのですが、手に取りました。
文章を上手に書くテクニックが勉強になったかというとよく分かりません。
それよりも、企画としてこういう作品を作った面白さに興味を惹かれました。
売れる本ってやはりコンセプトですよね。
ぼくもこういうアイデアを生み出してみたいものです。
ま、無理か。

追記)カバーを見ると、女性が机に突っ伏しているのですけど、その「頭」が、変な人相の「顔」のよう。
って言うか、ずっと「顔」と思っていた。

鳥類学者だからって、鳥が好きだと思うなよ。 (川上 和人)2017年06月13日 11時21分37秒

現在、ベストセラー中のようです。
ユーモアにあふれた文章という高評価も多いようですが、文章自体が笑ってしまっているところが、全然笑えないと思います。
学者さんにそれを要求しても無理な話ですが、本当に面白い文章というのは、自然に笑いがこみ上げてくる文章です。
喜怒哀楽の中で、一番簡単なのは、哀、つまり読者を泣かせること。
そしてもっとも難しいのは、読者を笑わせることです。
(お笑い芸人の偉大さはここにある)

鳥に興味がない人でも十分に面白いという評価も多数あるようですが、いくらなんでもそれは無いんじゃないですか?

重版未定 2 (川崎 昌平)2017年06月13日 10時30分03秒

重版未定 2
続編がでました。
重版のかかる売れる本を作る話です。
面白くて1日で読んでしまいました。

僕には、この作家さんの絵がうまいのか、そうでないのか、専門的なことは分かりませんが、何とも個性的な絵を描きます。
業界の話は本当に興味深く、こういう隙間を埋める作品があっても良いと思うし、けっこう売れるのではないでしょうか?

蠕動で渉れ、汚泥の川を(西村 賢太)2017年06月13日 10時24分36秒

蠕動で渉れ、汚泥の川を
西村さんの本の面白さは、ある意味、ワンパターンの文章・物語にあるのですが、本作でのワンパターンはちょっと切れ味が鋭くなかったように思います。
ま、それこそワンパターンにはまってしまったのでしょうか?

しかしながら、小説としての面白さは十分に平均点以上です。
1日で読んでしまいました。

「閉じこめられた僕」の書評(週刊読書人)2017年06月05日 12時08分46秒

閉じこめられた僕
書評を書きました!

http://dokushojin.com/article.html?i=1380

ぜひ、ご覧下さい。

定年後 - 50歳からの生き方、終わり方 (中公新書) 楠木新2017年05月31日 22時05分28秒

定年後 - 50歳からの生き方、終わり方
大学に在籍中、ぼくの夢は定年を迎えることでした。
当時の大学病院は(今は違う)、理不尽な仕事や意味の無い雑用が多すぎて、毎日が本当に辛いと感じていました。
ぼく中間管理職だったので、上からは無理難題を押しつけられ、下からは不平不満をぶちまけられました。
ああ、早く辞めたい。早く定年を迎えたいと思っていました。

そして現在は開業医。なので、定年というものがありません。
仕事をしていて辛い思いをすることは、大学の頃とは比べられないほど少なくなっています。そういう意味ではすぐに辞めたいとは思わない。
ぼくが雇用しているスタッフの人生にも影響しますから、さっさと辞める訳にはいかない。

だけど人間ってどこまで働けばいいのでしょうか?
もちろん個人差はありますが、元気に旅行に出かけたりできる年齢は75歳くらいまでではないでしょうか?
すると65歳で仕事を辞めると、自由な人生を謳歌できるのはわずか10年しかないことになります。たったの10年か。

高齢になれば「がん」に罹る可能性も高まります。すぐに命は持って行かれなくても、何年も闘病が必要かもしれません。
そうなるとその10年はあまり楽しくないかもしれない。
人は、自分の死を明確に意識すると、自分の生の残り時間を逆算し、本当の人生の意味を見出したりすると言います。

ぼくの場合、それは何だろう? やはり死が迫ってこないと分からないのかな?
ただ一つ言えることは、自分の人生のテーマは「人間とは何か」という命題に答えを出したいという思いです。
もちろんまだ答えは出ていませんが、2008年から細々と本を執筆することで、解答を作り上げていっているつもりです。
死ぬまでその答えを追い求めることが、ぼくの人生の生きる意味かもしれません。

障害受容からの自由―あなたのあるがままに(田島明子 編著)2017年05月29日 23時04分43秒

障害受容からの自由―あなたのあるがままに
障害当事者が自分の障害を受容していくことと、障害児の保護者が我が子の障害を受容していくことが書かれています。

僕が多くの障害児やがんの子どもを見てきた中で、至った結論というものは、受容には時間がかかるということです。
そして同時に受容に至るきっかけなんて無いということです。
従って、受容できていない親に対して受容を強制することほど愚かなことはありません。
医療者は辛抱強くずっと待っているべきです。

ただし、受容していない親が道を踏み外してしまうこともあります。
それはまさに横塚晃一さんが言う「母よ! 殺すな」ということです。
医療者はそこの部分をケアしてあげていればいいのでは?
どんな人間だって自分が障害者じゃない方が良いし、自分の子どもが障害者じゃない方が良いに決まっています。
しかしながら、障害を持って生きるということが、大変だけど、絶望的に不幸ではないことを医療者は知っていなくてはいけない。
障害児の人生をどうやって作っていくかは、親に決めることができると教えてあげられたら、障害児の生活もまた変わっていくと思います。

勉強になる一冊でした。

毎日新聞・校閲グループのミスがなくなるすごい文章術(岩佐義樹)2017年05月24日 22時00分40秒

毎日新聞・校閲グループのミスがなくなるすごい文章術
とても楽しく読みました。
日本語は難しい、、、、という感じですが、どんな言語であってもその国の人には難しいはずです。
アメリカ人には、rhinorrhea と書けない人も多いと聞いたことがあります(鼻水の意)。

ぼくは高校生の頃、モーレツなスピードで本を読み、漢字は読むのも書くのもめっちゃ得意でした。
しかしワープロの時代に入って漢字がどんどん書けなくなり、変換候補に挙がってくる漢字を見てもどれが正しいか分からなかったりします。

この本には間違った慣用表現の例がたくさん出てきますが、ぼくは本を書く上で慣用表現で苦労したことはあまりありません。
なぜなら、ぼくは凝った表現はほぼ使わないからです。
いつも心がけているのは、新聞記事のような分かりやすい表現。あとはリズムですね。

文法の誤用の例はなかなか楽しく読みましたが、さすがに誤解していたものはありませんでした。文法は得意なので。

良い本ですよ。オススメです。

ネコがメディアを支配する -ネットニュースに未来はあるのか (中公新書ラクレ) 奥村 倫弘2017年05月14日 18時10分29秒

ネコがメディアを支配する -ネットニュースに未来はあるのか
え、ネコが?
つまりネコの動画の方が、大事な政治経済のニュースよりもネットの世界では閲覧回数が多いという指摘です。
筆者はネットニュースに関わっている元新聞記者ですが、ネットメディアの現状に対して非常に悲観的な見方をしているように感じられます。
「ネットとはバカと暇人のもの」と言った人がいましたが、筆者もそれに近い感覚を持っているようです。
つまり江戸時代の瓦版と同じようものであり、閲覧(PV)数が最も重要であり、本来のジャーナリズムは関係ないのではと疑問を呈しています。
問題はネットという手段そのものではなく、総ての人が表現者の時代に入り、またフリーアクセスの時代になって、私たちの中にある下世話な関心が解き放たれたという解釈です。

新聞を読む「男女20代」は1割に満たないそうです。
果たしてこれで良いのでしょうか?
良いも悪いも仕方ないでしょう。
ま、それは歴史の必然かもしれません。
しかしネットメディアには、紙媒体が持っている「ジャーナリズム」、特に取材という力がかなり乏しいと現状では言わざるを得ないでしょう。
これからメディアはどう変化していくのでしょうか。
広告に依存しないNHKは、権力に屈しなければ良質なジャーナリズムを保てるかもしれません。
ネットメディアは、新聞以上に広告(PV数)に依存していますから、読者に迎合しない知識と知性を保つのは、けっこう大変だと思います。

ダブルハッピネス (講談社文庫) 杉山 文野2017年05月07日 23時47分23秒

ダブルハッピネス (講談社文庫) 杉山 文野
FTM の杉山さんの半生記です。
面白くてすぐに読んでしまいました。
現在の杉山さんは髭を生やしていると思います。
「少年」だった頃の顔(カバー写真)は実に可愛いですね。
今日は東京でLGBTのパレードがありました。
彼はそれの実行委員だと思います。
とても生き生きと、生きていますよね。
多様性にこそ私たちは学ぶことができます。
単一の社会は滅亡するだけ。違っているからこそ、価値がある。
ヴァイツゼッカー・ドイツ元大統領も言っていました。
本当にそう思います。