簡単アクセスカウンター
アクセスカウンター
パジャマネットパソコンサプライキッズ洋服成犬用フードチワワの服マタニティグッズおっきくなぁれ販売PCショップベビー服販売PCアプリ

あなたの隣の精神疾患(春日 武彦)2021年06月19日 22時17分41秒

あなたの隣の精神疾患
精神疾患に関する本は昔から興味があるのでときどき読みます。
本書は、啓蒙書なのかメディカルエッセイなのか、その中間なのかよく分からない本でした。でも面白く読みました。
ただ、タイトルの『あなたの隣』というのがどういう意味かよく分かりませんでした。
一番面白かったのは「おわりに」で、こういうエピソードというか著者が体験したことをエッセイの形で書いたら、ものすごく面白い本ができるのではないかと考えました。

さて、ぼくはみなさんが思っているほど神経が太くなく、もっとはっきり言えば神経質です。これは小学生の頃からずっと続いています。
未来予測をなんでも悪い方へ考えて、先手をうって防御策を講じますので疲れるんです。何通りも考えるから。
高校生の頃は自死について正面からかなり考えて、あまりこういう本を読むと引きずり込まれると怖くなり、ある時から距離を置くようにしました。

医師という仕事をしていると、精神科医でなくても統合失調症の人やうつ病の人に出会います。また、発達障害の大人にも出会います。病名をあらかじめ知らされていなくても、うつ病と統合失調症の陰性症状の区別はついたりします。
そういう患者さんをみていると、自分の中にも心の脆弱な部分があることを、鏡を覗き込むように自覚することができます。
結局ぼくはうつ病とかは経験していませんが、それはあくまでも現時点での話で、今後年老いていくとどうなるか誰にも分からないことでしょうね。

この本の話に戻ると、パーソナリティー障害のところで、BPD(境界性パーソナリティー障害=神経症と精神疾患の境界)の成立には、愛着障害と重なるところがあるという指摘があり、納得がいきました。
またいわゆるクレーマーにはBPDの要素を持っているという指摘は、ちょっと危ういなと思いつつも、納得できる面がありました。
また、たまにはこういう本もいいのではないでしょうか。

理系女性の人生設計ガイド 自分を生かす仕事と生き方(大隅 典子, 大島 まり, 山本 佳世子)2021年06月09日 21時50分04秒

理系女性の人生設計ガイド 自分を生かす仕事と生き方
タイトルもいい、企画もいいと思い、ものすごく期待して読みました。
この本を作った意欲みたいなものはとてもよく伝わってきましたが、ちょっとその思いが上滑りしているような印象でした。
構成も文章も少し散らかっている感じで、どうにも惜しいなというのが正直な感想です。

それから、これまで(今も)女性が不当に評価されてきたという主張も、その通りではありますが、あまりにも当たり前で、そういうことではなく、もっと先の一歩を読みたかったと思います。
大隈先生も大島先生もぼくとほぼ同じ年齢ですから、こうしたベテランの先生に話を聞けば、どうしたってガラスの天井を突破するような話になります。
でも、そこを突き詰めるのであれば、柳澤桂子さんの『二重らせんの私』のような深い話を読みたかったなと思います。
また、高校生・大学生などに人生をどう設計するか、実践的なガイドブックを作るのであれば、同じブルーバックスの坪田一男さんの『理系のための〇〇ガイド』シリーズのような「細かすぎる」実用性があってもよかったなと感じます。

リケジョと言っても、医学部・薬学部・看護学部に関しては女性の進出はとっくの昔に始まっています。
医学部に関して言うと、医者という仕事は女性にとても向いていると思います。医者に必要な素養は何かと考えると、コミュニケーション能力がまず第一にくるでしょう。
医師の基本は患者から話を聞き、患者に語りかけることにあります。この点は、女性の方が圧倒的に優れています。
男性はどうしても父権主義的になりますし、話を聞くのも上手ではありません。説明も下手な人が多い。

ただ、女性の弱点として体力的に強くないことがあげられます。
やはり外科の世界は体力勝負になる場面があり、たとえば、手術を12時間くらい続けるのは女性には難しいでしょう。
食道癌の手術などは2〜3チームが交代で執刀したりしますが、ぼくは12時間くらいは続けてやるくらいでないと、医師としてちょっとだらしないと思います。また手術の完成度も分担するよりメインの執刀者がやり切った方が上だと思っています。

これからジェンダーギャップはどんどん解消されますので、理系を志す女性はどんどんチャレンジしていったらいいのではないでしょうか。
リケジョなんていう言葉もいずれなくなると思います。

小説家になって億を稼ごう(松岡 圭祐)2021年06月06日 21時47分19秒

小説家になって億を稼ごう
ぼくは松岡さんの小説を1作も読んだことがないので、どんな本を書くのかは知りません。
検索してみると、どうやらミステリー作家であり、ベストセラーを連発している人のようです。
ぼくも、小説を書いて億を稼ぎたいと思って、この本を読みました(笑)。
しかし、ここに書いてあることは本当だろうかと全然信じられませんでした。
原稿を書いて出版社に持ち込めば、編集者が見てくれると書いていますが、こんな話、あり得ないと思います。
そんな暇な編集者はいませんよ。少なくともぼくは会ったことがない。
こういう話を信じて、原稿を持ち込もうなんて考えないでくださいね。
それから、印税を交渉する話もちょっと信じられません。
交渉したい人は、どうぞご自由にと思いますが、それで印税率が変わるなんてありえないでしょ?

こういう「ベストセラーの書き方」みたいな本はたくさん出版されているんですが、これらは自伝のようなものであって、実用本ではありません。
結局、松岡さんにはすごい才能があってミリオンセラー作家になったということです。
はい、ぼくには無理でした。
この本にはちょっと嫌なことも書いてあって、「儲かる医師がビジネス戦略に長けている」なんて、典型的な「医は算術」的な紋切り型の表現ですよね。
ビジネス戦略に関係なく、いい医者のところには患者が集まってきますよ。
全体としてあまりおもしろい本とは思えませんでした。やはりミステリーが本業なのではないでしょうか?

命は誰のものか 増補改訂版(香川 知晶)2021年06月03日 11時12分30秒

命は誰のものか 増補改訂版
生命倫理の入門書としてロングセラーになった本の増補改訂版です。
著者はこの分野で高名な先生ですから、ぼくがあれこれ言う必要はないと思います。
生命倫理の入り口を示した本なので、著者が整理した事実や他者の意見などがバランスよく書かれています。
こういう本は貴重ですし、これはこれで完成していると言えます。

ただ、無いものねだりですが、ぼく個人としてはもっと筆者の意見や思想を聞いてみたい。極論でもいいので。
たとえば、ピーター・シンガーの本を読んでいると、メッチャ腹が立ちますが、彼が功利主義の立場に立っていることが分かれば、それはそれで論理に隙がないことも理解できるし、本を通じて彼と対話できるわけです。
もちろん議論の出発点には「事実」が大前提になりますが、そういった議論を巻き起こす書籍に出会いたいなというのが、ぼくの希望です。

生命倫理に正解はないとよく言います。でも意見はあっていいと思うのです。
この世界の定番の倫理課題に、トロッコが暴走してその先に人間が3人いる、しかし引き込み線で進路を変えれば、その先には1人しかいない。あなたはどうする?という問いかけがあります。
これには正解がないわけです。
でもぼくには答えがあります。ぼくの意見は、進路を変えないというものです。
なぜならば、医師は自分の手によって人を殺してはいけないからです。功利主義とは反対の位置にぼくはいます。

みんさんもこの本を読んだ後で、たくさん思いを馳せて、いろいろな課題について考えてみてくださいね。

探究する精神 職業としての基礎科学 (大栗 博司)2021年06月02日 23時18分42秒

探究する精神 職業としての基礎科学 (幻冬舎新書
なんでこの本を読もうと思ったのか忘れてしまったのですが(笑)、物理学者の自伝を読みました。
物理学というのは数学と並んで、高校時代、本当に苦手でした。
ここで書かれているようなレベルの高い話ではなくて、滑車の問題など解くのが大変苦手でした。共通一次試験(共通テスト)も、80点前後だったような記憶があります。

医学の実験であれば、どういうことをやっているのかイメージがつくのですが、物理学の実験って一体どうやって何を証明したことになるのか、さっぱり分かりません。
数学者とか物理学者とかって本当に頭がいいのでしょうね。
ぼくのような「どんじり」には理解不能です。

しかしまあ、この先生の知識の豊富なこと。インテリって素晴らしいですね。知識を道具にして色々な方面に思索の手を伸ばすことができますから。
財務大臣の麻生さんは、義務教育は小学生まででいいと発言したらしいです。微分・積分なんて世の中に出ても使わないからだそうです。
言っていることが中学2年レベルですね。
こんな知的レベルの人間でも、日本では財務大臣が務まるんですね。たぶん、ぼくでもできそうです。

われわれが生きる世界・地球・宇宙は、数学を基礎として物理学と天文学で出来ているんです。
それを知ろうとするのは、サルではない人間であれば、当然ではないですか。
本書は理解できない難しい記述もありましたが、世界のトップサイエンティストが何を考えているのかが分かって有益な1冊でした。
麻生さん、もっと勉強してね。微分は17世紀に確立した概念ですよ。

死の恐怖を乗り越える: 2000人以上を看取ったがん専門医が考えてきたこと(佐々木常雄)2021年05月26日 22時54分18秒

死の恐怖を乗り越える: 2000人以上を看取ったがん専門医が考えてきたこと
ぼくも今年で還暦なので、これまで以上に「死」について考えるようになりました。
どう考えているかというと・・・それはもう1冊の本になってしまいますから、ここでは書けません。
いつも言っていることですが、ぼくは病弱で、医者になって34年の間に7回入院しています。
救急車にも2回乗りました。
50歳代前半の頃は、「死が怖い」というか、家族を残して「死ぬことはできない」と思ったものです。
そういう時は夜、家族が眠りについてから、両手を組んで神に祈りました。
神に祈れば、死を免れるのか・・・そうではありません。祈ることで、いま、この時間に、世界中で祈っている人と繋がることができるのです。
そうすると自分が孤立した存在ではないと分かり、生きようとする勇気が湧いてくるのです。

筆者の佐々木先生とは以前に文通したことがあります。
2009年の『がんを生きる』(講談社現代新書)が素晴らしかったので、先生の病院へお手紙を書いたのがきっかけでした。
先生は、死は「受け入れる」ものではなく、「諦めてしまう」ものでもないというお考えです。
最後の最後までがんと闘いたいとお考えになっています。

ぼくはまだ当分生きる予定ですが、自分に関する生と死についてだいぶ考えがまとまってきました。
いずれ何かの形で文章に残したいなと考えています。

科学者をまどわす魔法の数字,インパクト・ファクターの正体---誤用の悪影響と賢い使い方を考える(麻生 一枝)2021年05月16日 10時40分09秒

科学者をまどわす魔法の数字,インパクト・ファクターの正体
医者でインパクトファクターという言葉を知らない人はいません。しかし一般の人にはほとんど知られていないでしょう。
インパクトファクター(以下 IF)とは雑誌の評価で以下のように計算します。

(2018年と2019年にその雑誌に掲載された論文が、2020年のさまざまな雑誌に引用された総回数)
を、
(2018年と2019年にその雑誌に掲載された論文の総数)
で、割った数値。これが2020年のIFです。
大雑把に言えば、その雑誌がどれだけ引用されているかを表しているのです。

現在、IFは研究者の業績の圧倒的な指標になっています。
はっきり言えば、IF の数が大きい研究者が教授になることができます。

この本は、そういうIF のダメな点を次々に列挙していきます。ま、それはその通りなんですが、今さらやめるわけにもいなかいでしょ?と僕は思います。

一般の人でも知っている雑誌がネイチャーとかサイエンス。
IF に文句があるのであれば、こうした雑誌に自分の論文を載せてから言えばいいと思います。
今の時代、個人のがんばりとか、アイデアとかでネイチャー・サイエンスに載せることは不可能です。
「はやぶさ」のような巨大プロジェクトのような研究報告ではないと掲載されません。

本書には、いい雑誌と引用回数は一致しないと指摘されていますが、そうとも言えないと思います。
大学在籍時代、ぼくは何度も海外雑誌の査読を依頼されました。
アクセプト(受理)かレジェクト(却下)かを判定するのですね。
その判断になるのが、雑誌のIFです。
僕は一度、ある雑誌から査読を頼まれた時に、判定に迷って、その雑誌の編集長に「貴誌のIFは何点ですか?」と質問したことがあります。するとけっこう数値が高かったので、「ではこの論文はアクセプトできないな」と考えてレジェクトした経験があります。
やはり、「IF が高い雑誌」は「いい雑誌」です。それは間違いない。
ぼくはがんの研究をやっていましたので、研究成果の大きさに応じて、IF の高いがん研究の雑誌に投稿していました。
公平な指標だし、これで教授が決まるというのは正しいと思います。

ただし、共著者問題は残ります。
ぼくは筆頭論文を10本、共著論文を38本書きました。
しかしこれらの論文の中には、ぼくの研究をまったく手伝ってくれなかった人も含まれています。それどころか、ぼくの研究にまったく理解を示さなかった人もいます。
しかし、臨床系教室の悪弊として、教室のスタッフ(教授・准教授・講師・助教)は論文に共著者として名前が載ってしまうんですね。僕はそういう習慣は改めるべきだと准教授に抗議したことがありますが、却下されました。

で、ぼくの研究をけなしていた人が僕の論文に名前が載ってそれが業績になり、その後、教授になっていたりするはまるで漫画のようです。
そういう意味で、この筆者の言うことも分かりますが、それでも僕は自分のIFに誇りを持っていますし、死ぬまで大事にしていくつもりです。

全員悪人(村井 理子)2021年05月11日 20時07分50秒

全員悪人
前作の『兄の終い』があまりにも面白かったので、次作も読んでみました。
エッセイかと思ってページを開きましたが、これは小説ですね。
認知症がテーマですが、何と認知症の当事者の1人称で書かれています。
この設定は誰もやったことがないのではないでしょうか?
ぼくは小説に関して詳しくないので、この本の価値を正しく評価することはできませんが、そのユニークさはさすがだと思います。
そして認知症がどういう疾患であるかも、1人称の語りを通じて表現しているなと感じました。
村井さんの文章の巧みさは、この本でもいかんなく発揮されていました。
「全員悪人」かあ。なるほど、世界がそういう風に見えるということですね。
大変興味深く読ませていただきました。僕も負けないようにがんばろうと思いますが、とても勝ち目がありません(笑)。

死を生きた人びと――訪問診療医と355人の患者(小堀 鷗一郎)2021年05月09日 17時31分50秒

死を生きた人びと――訪問診療医と355人の患者
日本は「生かす医療」は得意だけど、「死なせる医療」は苦手ということが書かれています。
在宅医療はかなり進んできた印象がありますが、本書を読むとまだまだなんだとわかります。
自宅で人生を閉じたいと考えても、なかなかその通りにならない現実があり、また、自宅で亡くなっても検死に持ち込まれることも多々あると知りました。

人生の最後をどうするか、ぼくは妻と語り合ったりします。
でもこれはくり返すことが重要で、人間の気持ちは変わっていきます。
ぼくは病院で死にたいな。死ぬ間際の老いた姿を子どもに見られたくないので、いつの間にかにいなくなる・・・というのがいいな。
子どもの前ではカッコいい父親でいたい。

死ぬのが自宅でも病院でも、大事なのは家庭医とのつながりなんですよね。
でも、自宅の周囲を見回してもそういう医者は見当たりません(見逃しているのかもしれないけど)。
現在のぼくの主治医は千葉大の脳外科の先生だけど、いずれ死を診てくれる家庭医に出会いたい。
何かクリエイティブなことができるのは、あと10年。
残りの命は、あと20年くらいじゃないかな。
あっという間でしょう。

『分水嶺 ドキュメント コロナ対策専門家会議』(河合 香織)2021年05月05日 09時39分17秒

サブタイトルにあるように第1波のときの専門家会議の動きを描いたノンフィクションです。
本書を読むと、専門家会議⇄厚労省⇄政府の間で、どれだけ激しい軋轢があったのかよく分かります。
また、専門家会議のメンバーが世間的にこれだけ強く批判されていたとは知りませんでした。

筆者の河合さんは、尾身さんなどの関係者たちの言葉を丁寧に聞き取っていき、第1波コロナ禍に対して国がどう動いたかを立体的に構築していきます。
歴史に「仮定」は意味ありませんが、初回の緊急事態宣言を、感染者ゼロまで継続していたら・・・今とは違う世界があったかもしれませんね。

この本は、センセーショナルに「売る」ことを煽った本ではありませんが、ノンフィクション文学として非常にクオリティーが高いと思います。
取材力だけではなく、本の骨格を組み立てる力があって、なによりも文章がいい。
ぼくにはちょっと書けないな。
ノンフィクションとしてお手本のような作品でした。オススメします。