簡単アクセスカウンター
アクセスカウンター
パジャマネットパソコンサプライキッズ洋服成犬用フードチワワの服マタニティグッズおっきくなぁれ販売PCショップベビー服販売PCアプリ

脳は回復する 高次脳機能障害からの脱出 (新潮新書) 鈴木 大介2018年02月18日 15時26分19秒

脳は回復する 高次脳機能障害からの脱出
「脳が壊れた」の続編です。
脳梗塞から2年が経過し、脳の働きは95%にまで回復したそうです。本当に良かったですね。次回作は、自分の脳のことではなく、第三者を対象としたルポとなることでしょう。

さて、本書は闘病記というよりも、自分の病状を深く分析した本になっています。患者当事者が書いた専門書・医学書という感じでした。
ぼくは小児外科医ですので、こうした神経内科的な知識は30年前の医学生のレベルで止まっています。従って理解できない部分も少々ありましたし、感心するところ多々という感じでした。
ちなみに鈴木さんご夫婦は脳神経外科医の説明に少し不満を持っているようですが、脳外科医って脳の「働き」にとても詳しい訳じゃないんです。「器質」としての脳に詳しいんです。

本書の最後の方に「受容」に関することが出てきます。
ここは大変興味深く読みました。

左手の麻痺が残っていた鈴木さんが音声入力環境を整えると作業療法の先生から強く制止される場面があります。
ここにリハビリとは何かが象徴的に表現されています。
音声入力に頼ると左手の機能回復を得ることを「あきらめてしまう」ことになる訳です。
つまりこの時点で、鈴木さんの左手は機能回復すると先生は読んでいた訳です。
では、完全に左手が動かなくなったまま状態が固定したら?
その時は、音声入力の環境を整えるのです。つまり「あきらめる」。
リハビリ医学とは「あきらめ」の医学なんです。
ただその過程で「あきらめ」てはいけないという「あきらめない」医学なんですね。

鈴木さんは受容には2種類あると言います。
一つは、「諦めを伴う受容」。抗うことをやめてしまう。
もう一つは、障害を認識し、周囲の環境整備に工夫を施し、障害を和らげるもの。
ですが、これって僕の考えによれば、2種類存在するのではなく、1段階目と2段階目なんだと思います。
上記の例で言えば、回復可能であれば、左手のリハビリをあきらめずにやるが、永久的に機能が回復しないとわかったら、あきらめて、音声入力の環境を整えるということです。

この本のあとがきに、奥さんの手記が載っています。
この文章がまた大変いいのですが、惜しいことに分量がとても少ない。
奥さんの話もじっくり聞いてみたいな。

ルポ 川崎( 磯部 涼)2018年02月18日 11時38分38秒

ルポ 川崎( 磯部 涼)
川崎のダークサイドを活写したルポルタージュです。
明確な主題もなく、起承転結もないのですが、面白くて引き込まれてしまう、そんな不思議な本でした。
著者の文章の力も大したものだと感じました。

川崎に似たような町は全国にあるはずです。しかしここが異彩を放つのは、Bad Hopというラッパー集団が若者のカリスマになっていることかもしれません。

もちろん川崎のすべてを描いた訳でも、川崎の明るい部分を示した訳でもありませんが、大変クールな一冊に仕上がっていることは高く評価していいでしょう。

出生前診断 受ける受けない誰が決めるの?ーー遺伝相談の歴史に学ぶ(山中美智子,‎ 玉井真理子,‎ 坂井律子)2018年02月14日 22時33分04秒

出生前診断 受ける受けない誰が決めるの?
いわゆる新型出生前診断 NIPT は、現在曲がり角に来ています。
これまでは日本産婦人科学会が臨床試験という形で制約を設けてきましたが、この決まりが形骸化し、なし崩し的にいろいろな施設でNIPT がおこなわれるようになってしまっているのです。
今春にも臨床試験は終了という名目になり、検査ができる医療機関は爆発的に増えることでしょう。
そしてその際に、遺伝カウンセリングという制度が無くなるのではないかと言われています。
安易に「異常」→「中絶」という方向に加速がかかりそうです。

この本は、その遺伝カウンセリングにフォーカスを当てたものです。
遺伝相談は臨床試験の肝であったのですが、その実態は大変見えにくく、また臨床試験の優れた面と評価できる一方で、これさえあれば NIPT には問題なしと誤解を招きかねない微妙なシステムと言えます。

僕の意見としては、遺伝カウンセリングはあった方がいいし、これからも続いて欲しいという気持ちがあります。そのカウンセリングの内容の一部を垣間見ることができたので、本書は大変有意義でした。今後どうなるのか注意深く見守っていきましょう。

大変勉強になる一冊でした。この分野に興味のある方はぜひ読んでみることをオススメします。

追記)昨年の医学哲学学会で特別講演をした時に、フロアから「NIPT を受けて中絶する女性をなぜ批判するのか?」という質問を受けました。
批判も非難もしていません。だけど、21トリソミーの胎児(ダウン症として生まれてくる赤ちゃん)を中絶して、立派なことだと誉める話でもないと思います。
僕が NIPT に対してどういう思いを持っているか、いずれヨミドクターで書きたいと思っています。

10万個の子宮:あの激しいけいれんは子宮頸がんワクチンの副反応なのか(村中 璃子)2018年02月11日 16時21分21秒

10万個の子宮:あの激しいけいれんは子宮頸がんワクチンの副反応なのか(村中 璃子)
いわゆる「子宮頸がんワクチン問題」について、全然フォローしていない人にはきっと面白く読めるでしょう。
しかしこの問題について知識のある人であれば、特に新しい記述はないかもしれません。
そもそもこの本の大部分は、以前に雑誌に発表した文章を集めたもので成り立っています。
Natureから「ジョン・マドックス賞」を受賞したことで出版の運びになったのでしょう。
しかしそれでは余りにももったいないと思います。
せっかくの機会なのだから、すべてリライトするくらいの意気込みがなかったのは残念としか言いようがありません。
出版を急いだという事情があったかもしれませんが、しっかり取材して、しっかり書き込むということをやっておいた方がいいと思います。
なお、「タイトル」と「はじめに」はちょっとセンセーショナルで情緒的ですが、本文には全然関連性が無く、そこだけが浮いている感じでした。
「ジョン・マドックス賞」を受賞したことがくり返し出てきますが、ちょっとどうかと疑問でした。

歌に私は泣くだらう―妻・河野裕子闘病の十年(永田 和宏)2018年02月10日 16時02分16秒

歌に私は泣くだらう―妻・河野裕子闘病の十年(永田 和宏)
これはちょっと凄い本です。180ページくらいの比較的薄い本ですが、その中に深い深い世界が広がっています。人間の書く文字によって、ここまで深く人というものを表現できるのかと強く心が揺さぶられます。めったに出会うことのできない見事な一冊です。

ご主人の永田和宏さんは細胞生物学者にして日本を代表する歌人。そして奥さんの河野裕子さんも日本で最高の歌人です。
奥さんは乳がんにかかり、その後障害から心に変調を来します。それでも夫婦は手を携えて困難を乗り越えていきます。
しかしやがて肝転移で再発。奥さんは精神的に一段階高い所に昇ったように、運命を受け入れながら、同時に最後の刻まで歌を詠み続けます。


わたくしはわたくしの歌のために生きたかり作れる筈の歌が疼きて呻く


癌が進行して主治医が抗がん剤をもうやめましょうという場面で、永田さんは激怒します。
ああ、すごいなとぼくは思いました。1分でも1秒でも長く生きて欲しいのですね。
モルヒネの増量も永田さんは拒否します。眠ってしまうと河野さんが歌を作れなくなるからです。
亡くなっていく奥さんが、ご主人に少しでも長生きして欲しいと願います。ご主人が長く生きれば、奥さんはご主人の中で一緒に長く生きられるからです。
こんな壮絶な純愛の姿を、ぼくはこれまでに読んだことがありません。この本は死ぬまで大事にします。

追記)電子書籍になっていることは評価しますが、出版社は紙の本で出版を続けて欲しい。わずか5年前の本が絶版なんて悲しすぎる。

宿命の戦記: 笹川陽平、ハンセン病制圧の記録(高山 文彦)2018年02月06日 21時41分06秒

宿命の戦記: 笹川陽平、ハンセン病制圧の記録
サブタイトルにあるように、ハンセン病の制圧の記録です。
ところが実は、制圧にはなっていません。
世界は広いし、患者がどれくらいいるのかもはっきりしないからです。笹川陽平さんの闘いはまさにライフワークと呼ぶに相応しいものです。
人生をかけ、命をかけています。
破格の人間の行動の記録ですから、本作も400ページを超える大著になっています。
ハンセン病というのは、私たちにとって身近な病気とは言えませんが、無関心であっていい病気でもありません。
少しでも興味のある方はぜひ本書を手に取ってみてください。

されど愛しきお妻様 「大人の発達障害」の妻と「脳が壊れた」僕の18年間(鈴木 大介)2018年02月03日 17時29分44秒

されど愛しきお妻様 「大人の発達障害」の妻と「脳が壊れた」僕の18年間
これは超傑作です。
奥様は発達障害。だから家事もできないし、仕事もできない。自由な時刻に起きて自由な時刻に寝る。
掃除はしないから家の中はカオス状態。
当然のことながら筆者は奥さんのことをよく理解できないわけです。
片付けのできない奥さんを叱れば、奥さんはふて腐れ、口もきかず、挙げ句にドバーッとリストカット。

本の前半を読んでいる時、僕には疑問でした。筆者はなぜ奥さんを好きなんだろうか? 自分だったらこんな生活には耐えられない。しかし離縁もせずに生活を共にしているのだから奥さんのことを愛しているのだろう。
だったら、どういうところが奥さんの魅力なのか教えて欲しい。
講談社の編集者は、その部分を書けと言わなかったのか?と疑問が湧いたのです。

しかし不思議なことに本書を読み進めると、何となくこの奥さんに愛らしさが分かってくるのですね。奥さんが脳腫瘍におかされ、手術でパーソナリティーが変容するかもしれないとなった時、旦那さんは「このままでいてくれ」と願います。
この場面には非常に強い説得力がありました。

闘病記とは、いかに病状を正確にそして分かりやすく書くかが重要です。そして同時に、その病気に対して当事者がどう感じたかを心の奥底まで深掘りしていって描き出すことが重要です。
この本は、それが完璧にできています。
そして本書の本当の価値は、ご主人が脳梗塞から高次脳機能障害になることで、奥さんの発達障害を理解するところにあります。

理解し共感し、赦しを得て、家庭の再構築に向かって行くのです。この過程には心を強く揺さぶられます。

障害とは社会との接点における不自由を医学的には言います。
筆者は、「不自由を障害にするのは環境」と言っています。非常に鋭い指摘です。自分の経験から導き出した、切れば血の出るような生きた言葉です。

「戦後の父ちゃん」がちゃぶ台をひっくり返していたのは、彼が加害的な人なのではなく、被害者として追い詰められた結果ではないかという指摘は僕の心の深い所に刺さりました。
この本にはとても大切なことがたくさん含まれています。

講談社は最近ノンフィクションをほとんど作らなくなっていますが、これだけの内容ならば迷わず出版するでしょう。
2018年の年頭にいきなり傑作に出会いました。こういう本は年間に数える程しかありません。超オススメです。

東電原発裁判――福島原発事故の責任を問う (岩波新書)添田 孝史2018年01月31日 20時48分45秒

東電原発裁判――福島原発事故の責任を問う
被害者が加害者を民事と刑事で問う。これは当然のことですね。
その結果、加害者の責任が明らかになる訳です。
しかし裁判にはもう一つ大きな意味があって、それは世間への影響です。
東電原発裁判のことは、僕自身は新聞記事でフォローしていましたが、世間へのインパクトは果たしてどうだったでしょうか?
報道もあまり大きくなかった気がしますし、これによって日本の世論が脱原発に動いたという印象もありません。

現在、立憲民主党が脱原発法案を用意しています。タウンミーティングを重ねて法案を成熟させたいようですね。
原案では、例外として石油の輸入が途絶えた時に原発を稼働させるそうですが、市民からは例外を法案に書く必要はないとの意見が上がっています。

原発の利点として必ず言われるのが、CO2排出が少ないので、地球温暖化の防止に役立つとの意見です。
ですが、もっと効果的なCO2削減方法があります。
それは省エネ。
私たちの現在の生活の中から不要な電力消費をカットすれば、脱原発もCO2削減も可能です。
もちろん、冷暖房はしっかりやっていって大丈夫です。

核兵器と原発 日本が抱える「核」のジレンマ (講談社現代新書) 鈴木 達治郎2018年01月28日 21時54分51秒

核兵器と原発 日本が抱える「核」のジレンマ
我が祖国は「核」に関して大きな矛盾を抱えた国です。
福島第一原発事故で今でも多くの人が塗炭の苦しみを抱えているのにも関わらず、政権は原発政策をやめようとしません。
広島・長崎への原爆投下で地獄の苦しみを味わったのにも関わらず、日本は核の傘の下に入っており、核兵器廃絶のイニシアティブは取ろうとしません。
プルトニウムを大量にため込み、いつでも核兵器の開発が可能な日本は将来どこへ向かって行こうとしているのでしょうか?

「核」のジレンマから脱却することは容易ではないでしょう。時間もかかるでしょう。しかし国民一人ひとりが意識を成熟させていけば、いつかは乗り越えられるかもしれません。
時の権力者の「国難突破」とかの扇動的な大言壮語に振り回されず、どうやって東アジアの平和を勝ち取ることができるか、みんなで考えていけば道は拓けてくると期待を込めて考えます。

安楽死を遂げるまで(宮下 洋一)2018年01月27日 17時04分52秒

安楽死を遂げるまで
この出版不況の状況下で、小学館からハードカバーで本を出せるのですから羨ましいとしか言いようがありません。
しかし本書は、必ず売れるという期待を背負って上梓されたのでしょう。そして実際にベストセラーになっていますので、実に見事です。こうした作品によってノンフィクション界が盛り上がって欲しいものです。

この作品は、世界の「自殺幇助」や「安楽死」を法律として認めた国・州を取材して多くの声を集めています。
もっとも優れているのは冒頭の場面で、筆者の目の前で患者が医者の手助けで自死するシーンは衝撃的です。

宮下さんのアドバンテージは、若さによる行動力と、海外に拠点を置く語学力による取材の分厚さにあると言えるでしょう。
しかしながら若さは武器になる反面、自分の死をまだ具体的に意識しえないことから、こうした作品を物語る際に、弱点にもなり得ます。宮下さんがあと15年後に(つまり僕と同じ年齢で)同じ作品を書いたら、また違った語り口になるのではないでしょうか?

医者にとって安楽死とは大変微妙なテーマです。ぼくも100人くらいの子どもの死に立ち会ってきました。
その中には、最後の瞬間まで心臓マッサージをしたお子さんもいますし、何もしないでその時を待った子もいます。そして安楽死とは言いませんが、命の長さよりも、痛みを取ることを優先したお子さんもいます。
ちなみに、子どもの死に際してご家族と揉めたことは一度もありません。

医療の基本の一つは「痛みを除く」ことですから、死を安楽に迎えることは、医道の基本に背いていません。
また、「命を助ける」ことも医療の大きな基本です。ですので、自死を手伝うなんて倫理観が麻痺した医師のやることです。
外科医は10、15年と修行を積んで一人前の医師を目指します。一方で、自殺幇助なんて医者になって1年もすれば実施可能な手技です。それを職業にする医者というのは、ちょっと悲しいと思います。

本書で一番期待したのは、最終章「日本の安楽死」です。しかし予測通り関係者の口は重く、充実したレポートにはなっていません。ある関係者は「書くな」と発言していましたが、筆書は会話を書いています。
僕はノンフィクションを仕上げるとき、基本的に取材対象者に原稿を読んでもらってOKをもらいます。
相手が権力者ならそれは不要と考えますが、本書のケースはどうなんでしょうか?

いろいろな議論の素材になる一作です。
尊厳死については割愛したとのことですが、いずれまたの機会に読むことができれば嬉しいです。