簡単アクセスカウンター
アクセスカウンター
パジャマネットパソコンサプライキッズ洋服成犬用フードチワワの服マタニティグッズおっきくなぁれ販売PCショップベビー服販売PCアプリ

不死身のひと 脳梗塞、がん、心臓病から15回生還した男 (講談社+α新書) 村串 栄一2017年07月23日 16時09分05秒

不死身のひと
脳梗塞を患ったことをメインに書いておられますが、それよりもインパクトが強いのは、舌〜咽頭〜食道〜胃にくり返し癌が発生して治療していることです。
原因は明らかにお酒とタバコ。
ダメですよ、やめないと。

それにしても、くり返す癌に対して筆者は「うんざり」した気持ちを綴っていますが、本当はもっともっと苦しみ悩んだのではないでしょうか?
最初の癌のあとで、自分の余命は2年と表明している箇所がありましたが、生と死に関してどういうふうに思いを突き詰めていったのか、それがもう少し知りたいと思いました。

ぼくは40歳の時に解離性脳動脈瘤に倒れました。あの時は確かに死を意識したものの、どこかで死なないとも思っていました。
生きることの意味を究極まで追求したとか、死ぬことの絶望感を心底感じた訳ではありません。
しかし歳をとっていくと色々と考える。
それはなぜでしょうか? 
理由はいろいろとあると思います。一つは、自分の子どもが成長して、自立(就職・結婚)が見えてきたからでしょう。
だけど、実際に自立できるかどうかは分からない。
小学生を育てるよりも、自立を目前に控えて子どもを育てる方が、親の肩にのしかかる負担は大きいと思います。

闘病記がなぜ面白かというと、病という非常にプライベートなことを描いていても、死生観とか幸福観といった普遍的なことが論じられることが多いからです。

不死身のひと、いつまでもお元気に。
しかし不死身の人は存在しません。秦の始皇帝も聖路加国際病院の日野原先生もお亡くなりになりました。
人生をどうやって終わりにするか、これはすべての人の課題です。

路地の子 (上原 善広)2017年07月22日 23時11分01秒

路地の子
面白かったです。
すぐに読んでしまいました。
ただ、それは小説として面白かったということです。
この本をノンフィクションとして読むのは無理があるし、僕はノンフィクションとは思いません。
でも、こういう書き方の方が多くの人に読まれると思います。

バッタを倒しにアフリカへ (光文社新書) 前野ウルド浩太郎2017年07月21日 20時01分35秒

バッタを倒しにアフリカへ
人の感情の中で、一番難しいのは笑わせることです。
作家が本を書いて読者を笑わせるためには、自分が笑ってはいけない。
笑いをこらえると、読者は笑ってしまうわけです。
そういうユーモアのセンスが一級品でした。

さて、本書はバッタを倒すためにアフリカへ行く話ですが、実はそのことよりも、ポスドクである筆者がどうやって職を得るかの方が面白い。
だからこの本は、バッタを含めて自身の青春記のような味わいになっているのです。
現在ベストセラー中のようですが、それはもっともだと思います。

第39回講談社NF賞2017年07月20日 20時47分09秒

第39回講談社ノンフィクション賞が本日決まりました。

梯(かけはし)久美子さんの「狂うひと――『死の棘(とげ)』の妻・島尾ミホ」(新潮社)
中村計さんの「勝ち過ぎた監督 駒大苫小牧 幻の三連覇」(集英社)

です。なお、第33回講談社エッセイ賞は

小泉今日子さんの「黄色いマンション 黒い猫」(スイッチ・パブリッシング)
穂村弘さんの「鳥肌が」(PHP研究所)
という結果に。キョンキョン、すごいですね。

狂うひと ──「死の棘」の妻・島尾ミホ(梯 久美子)2017年07月19日 20時56分09秒

狂うひと ──「死の棘」の妻・島尾ミホ
ノンフィクションの超大作です。
かなり前に読んだ本ですが書評を書いていないことに気付きました。
梯 久美子さんの取材力(資料を分析する力)は本当にすごいものがあります。
さすがにプロの作家です。
「死の棘」をめぐる夫婦の愛の深さと怖さを描いた作品ですが、こういった重量級の作品にはめったに出会えません。
読む方にも気合いが要りますが、読んだあとの納得感(あるいは達成感)は半端ありません。

明日は講談社NF賞の発表ですが、この賞はこういう大作を好む傾向がありますので、ずばり、受賞するのではないでしょうか?

妄信 相模原障害者殺傷事件(朝日新聞取材班)2017年07月19日 12時08分50秒

妄信 相模原障害者殺傷事件
もしや容疑者と接見でもして何か新しい知見があったのでは? と思って購入しましたが、そういう部分はありませんでした。
相模原事件を考える上での資料的役割を果たす1冊になっています。
実は読み応えがあったのは、後半です。
事件そのものよりも、被害者を実名で報道すべきかどうか、被害にあって苦しんでいる遺族をどこまで取材するか、メディア自身の葛藤や悩みが赤裸々に報告されていました。
報道とはなんだろうかということまで考えさせられました。
こういうメディアの自己批判や自己洞察は、さすが朝日新聞だと思いました。

安倍三代(青木理)2017年07月18日 21時35分51秒

安倍三代(青木理)
青木さんの本ですから安心して読めます。
いつものように文章は上手だし、取材もしっかりしています。
(最後の方で、成育医療センターの絵野沢先生が出てきてびっくり。昔、一緒の研究班で仕事をしたことがあります)

しかしながら、本書のテーマがどこにあったのか、最終章で少しぶれたようにも思えます。
政治家の世襲がテーマならば、安倍三代でなくてもよかったわけです。
なぜ安倍さんを描いたのか?
最高権力者だから? そうすると世襲により政治家が劣化するということは、何か後付けのように感じられてしまいます。
青木さんが安倍首相を鋭く批判するのは大変よくわかるし、ぼくもまったく同感なのですが、そこはルポルタージュと評論を切り分けた方が作品の完成度は上がったように思えます。

青年時代の安倍晋三の非・政治的な態度を描きたいために、初代と二代目を描いたのでしょうか? そこはわかりませんでした。
ま、とんちんかんな意見であれば申し訳ありません。

渡辺一史さんの書評2017年07月16日 09時15分00秒

渡辺一史さんの書評
大宅賞・講談社NF賞作家の渡辺さんの書評が今朝の北海道新聞に掲載されました。
教えてくれたのは、旭川医大小児外科・宮本先生。
うれしいじゃないですか。うう、泣く。
(画像をクリックすると拡大できます)

ぜひ、読んでみてください。

秋也くんを救う会 もう一息!(そして目標達成)2017年07月14日 23時03分36秒

このブログで3回目のお願いです。

アメリカで心臓移植を待っている子がいます。
http://saveshuyakun.com
渡航・手術には個人の負担では無理な費用がかかります。
目標まであと少しです。
ぜひ、関心を持ってください。

〜〜〜〜〜追記 目標額に到達しました!〜〜〜〜〜〜

朝日新聞に広告2017年07月14日 22時39分02秒

「呼吸器の子」・広告
7月8日に「呼吸器の子」の広告が出ました。
現在、Amazonでは在庫切れです。

楽天ブックスには在庫が少しあるようです。

http://books.rakuten.co.jp/rb/14992404/?s-id=top_normal_browsehist&xuseflg_ichiba01=18614372

ぜひ、手に取ってみてください。