簡単アクセスカウンター
アクセスカウンター
パジャマネットパソコンサプライキッズ洋服成犬用フードチワワの服マタニティグッズおっきくなぁれ販売PCショップベビー服販売PCアプリ

おもたせしました。 2 (うめ)2017年10月22日 17時45分25秒

おもたせしました。 2 (うめ)
はい、登場しました、第2巻。
今回も和服の女・轟寅子が仕事で向かう相手に手土産を持参し、それを一緒に食べるという話です。
グルメ蘊蓄に文学ネタが絡む安定の面白さです。
第2巻では、寅子の素性が少しずつ描かれ、また、プライバシーも語られる予感が含まれています。
今後どんな風に展開していくのか、さらに興味が湧きます。
オススメです。

ティンパニストかく語りき(近藤 高顯)2017年10月21日 23時16分33秒

ティンパニストかく語りき
専門外の本を読みました。
面白かったのですが、やはり知識不足で分からない箇所が多々ありました。
オケ好きな人にオススメします!

Black Box (伊藤 詩織)2017年10月19日 23時14分46秒

Black Box (伊藤 詩織)
詩織さんの告発の書です。
僕にも娘がいますから、読んでいて大変辛かったです。
性犯罪だけでも許せないのに、それが警察や司法の場できちんと捜査・解明されないのは、さらに許せない思いです。
どうすれば彼女は救われるのでしょうか? いかなる方法も無力なように感じられます。
性犯罪はあってはならない。魂が殺されて回復することがほとんど不可能だからです。

この本に注文を付けると、物語る力とか、構成を作り上げる力がちょっと弱かったような印象を受けます。
ノンフィクションは事実をひたすら積み上げて読者を納得させる文学ですから、その点は不十分だったかもしれません。

さらに蛇足を加えると、カバーの写真はちょっと怖い。おそらく彼女の意志でこういうデザインになったと思うのですが、読者を睨むような顔写真は少し強烈すぎます。

いのちは輝く〜障害・病気と生きる子どもたち(2)2017年10月19日 12時10分51秒

第2回目を書きました。

障害を受け入れることは容易ではありません。ぜひご覧下さい。
https://yomidr.yomiuri.co.jp/article/20171005-OYTET50014/

よろしくお願いします。

がんと闘った科学者の記録(戸塚 洋二, 立花 隆)2017年10月17日 19時51分37秒

がんと闘った科学者の記録
死を目の前にした人間が自分の心の内を十分に表現できたかと言えば、それはどうだったのかよくわかりません。
本書は戸塚さんのブログを立花さんが本にまとめたものです。
従って内容はブログの集大成です。
ぼくもブログを書く人間なので分かりますが、ブログと書籍では文章を構想する力がまるで違ってきます。
早い段階でどこかの出版社が戸塚さんに本を書く事を勧めていれば良かったのに本当に悔やまれます。

なお、戸塚さんは自分の再発がん病巣の大きさを測定してグラフ化したり、腫瘍マーカーの値をグラフ化しています。
医学は、数値化して分析する思考法がないと、戸塚さんは失礼な見下し方をしていますが、これは完全な誤解です。
こうしたグラフの作成は医学生でもやります。
読者が誤解しないように念のために書いておきます。

プロレスが死んだ日。 ヒクソン・グレイシーVS髙田延彦 20年目の真実(近藤 隆夫)2017年10月15日 21時07分45秒

プロレスが死んだ日。 ヒクソン・グレイシーVS髙田延彦 20年目の真実
面白くて一気に読みました。
明らかにヒクソン・グレイシーに肩入れして書かれていますが、それは当たり前の話であり、かたやリアルファイターで、かたやフェイクファイターです。
フェイクファイターに肩入れして本を作るなどあり得ないでしょう。
高田はヒクソンと闘った後は、「プロレス」をやめたのだと思い込んでいました。
だからコールマンとの試合が(片)八百長とは大変意外でした。
病膏肓に入ると言いますか、骨の髄までフェイクが染み込んでいたのですね。
それを考えると、高田はどこまで本気でヒクソンと闘ったのかと疑問を感じます。
単に、ヒクソンと闘った男という称号が欲しかったのではないかと思ってしまいます。
本筋とは関係ありませんが、ヒクソンとヒョードルの試合が契約寸前だったとは知りませんでした。
オススメの1冊です。

「子どもの病気 常識のウソ」予約開始2017年10月09日 16時09分30秒

1カ月先の発売ですが、「子どもの病気 常識のウソ」(中央公論ラクレ)がAmazonで予約開始になりました。

http://amzn.asia/5NgHxqk

この本は、ヨミドクターに昨年7月から1年間にわたって連載された「松永正訓の小児医療〜常識のウソ」が土台になっています。
連載時、毎回導入部にはさまざまなエピソードを入れ込みました。医療的な話もありましたが、BabyMetal やラグビーの話もありました。
書籍化にあたってそういう部分はすべて書き改め、本題と関係ない話はカットし、逆に医療上の知見は本文中に加筆しています。

ぼくが心がけたのは「面白くて役に立つ」こと。あ、これは講談社のキャッチフレーズでしたね。
でもその通りの役立ち系医療エッセイになっています。
目標は「新書大賞」を取ることです。
というのは冗談ですが、書影ができたらまたご報告しますね。
ぜひ、Amazonの予約ページをチェックしてみてください。

東芝の悲劇(大鹿 靖明)2017年10月08日 17時30分40秒

東芝の悲劇
膨大な取材と圧倒的な筆力で東芝を描く大鹿さんの作品です。
そのクオリティーの高さは僕が説明するまでもありません。
見事というほかありませんし、読み応え十分です。
「悲劇」とありますが、粉飾決算の実態が描かれるのは本のラストの方です。それまでの大部分は、東芝の歴史を綴ったものです。
ですが、歴代の社長に人材を得なかったという点が、悲劇の導火線になっていたということを大鹿さんは言いたかったのでしょう。

企業ドラマとしては申し分のない出来栄えだと感じますが、僕はこうした普通の企業に勤めた経験がありません。会社員勤めをしていたらさらに面白く読めたかもしれませんね。
企業ノンフィクションに興味のある方にはオススメです。

がんになって生きるということ、死ぬということ(常蔭純一)2017年10月06日 22時38分07秒

がんになって生きるということ、死ぬということ
佐野真一さんは、ノンフィクションは名詞(主語)と動詞で書かれるべきで、形容詞は使わない・・・なぜならば形容詞は腐ると言っています。
僕も基本的にその考え方は正しいと考えます。作者は事実を読者に提示することで読者の心の中に形容詞を生み出すべきであり、作者が形容してしまったら読者は引いてしまうのではないでしょうか。
本書はそういう意味で若干形容詞が多かった印象です。
また、描かれる人物の、がんになってからの人生について述べる部分がちょっと物足りなかった。
人間の生死を描くのですから、もう少し筆の力が欲しかったです。

いのちは輝く〜障害・病気と生きる子どもたち12017年10月05日 09時04分08秒

本日から読売新聞オンライン・ヨミドクターで連載を始めます。
タイトルは「いのちは輝く〜障害・病気と生きる子どもたち」です。
毎回、写真家名畑文巨さんの写真が付きます。名畑さんは世界中の障害児の写真を撮影していることで高名な方です。

https://yomidr.yomiuri.co.jp/article/20171005-OYTEW229354/

2週に1回の連載予定です。読者の支持がある限り連載を続けたいと考えています。ぜひ、お読みになってください。