簡単アクセスカウンター
アクセスカウンター
パジャマネットパソコンサプライキッズ洋服成犬用フードチワワの服マタニティグッズおっきくなぁれ販売PCショップベビー服販売PCアプリ

たまには駄文を2021年06月13日 22時57分43秒

え? ゴーストライター?
全国100人の、このブログファンのみなさん、こんばんは。
たまには書評以外の駄文を書きます。
面白い本を探していて、講談社ブルーバックスのこんな本に出会いました。
『アインシュタイン方程式を読んだら「宇宙」が見えた』 深川 峻太郎 (著)
Amazonでこの本の紹介を見ていて、ぶっ飛びました。
著者の紹介としてこういう文章があったからです。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・
フリーの編集スタッフとして手がけた書籍は200点を超える。編集協力した『宇宙は何でできているのか』(村山 斉著/幻冬舎新書)は新書大賞2011、『大栗先生の超弦理論入門』(大栗博司著/講談社ブルーバックス)は第30回講談社科学出版賞を受賞。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
何を驚いたかって、それは編集協力という言葉です。この言葉の意味は、ゴーストライターを勤めたと同じ意味です(のはずです)。
え、じゃあ、村山先生も大栗先生も自分で書いてないの?
ま、ぼくと違って超一流の科学者ですから、そんな時間はないかも。
でも、それにしたって、ゴーストライターさんが書いた本で賞を受賞してしまうのはまずいんではないでしょうか?
本人が書いたのであれば、「ごめんなさい」と謝りますが、そうでなければ、これって大問題だと思います。
選考する人間はちゃんと本人が書いたのか、チェックする必要があるのではないでしょうか?
ちなみにこの本はまだ読んでいません。ぼくは数学も物理学も大の苦手なので。

開業医をやりながら作家もやってみた③2021年06月05日 21時52分21秒

m3.com の連載、第3回目がアップされました。

https://www.m3.com/news/iryoishin/919256

大学を辞めて、開業することを決意したときの話です。
医療従事者の方は、よっかたらログインして読んでみてください。

キーボード放浪記2021年06月01日 20時13分45秒

キーボード放浪記
作家の定義とは何かという問題がありますが、ぼくは10年以上毎年、本や原稿を書いた対価から税金を納めていますので、ま、自称、売れない作家という感じです。
ですから、文字を書く(タイピングする)ということには、お金をかけていますし、また、それは必要経費となっています。
mac を最新機種が出るたびに買い換えるのもそのためですし、キーボードには相当お金をかけました。

mac 純正のキーボードは本当にダメダメちゃんで、使い物になりません。というか、使っているとメッチャ指が痛くなります。
板に向かってタイピングしているようです。
で、この写真は、KeychronK1 日本語モデルと、HHKB プロフェッショナル・ハイブリッド・タイプSです。
前者はメカニカル方式で、後者は静電容量無接点方式です。ま、ぼくが辿り着いた最も優れたキーボードです。

ただ、どちらがいいのかは難しい。前者は青軸というキーを使っていて、ボタンを押すように「パチン・パチン」と音が鳴ります。これが大変心地いい。しかしながら、キーサイズがなぜが小さいような印象で、時々ミスタッチします。
一方、後者はキーの押し心地が大変柔らかく「スコ・スコ」と入力できます。なぜかタイプミスも少ない。ただし、値段はメッチャ高くて35000円もします。
それから両者ともBluetooth で接続可能ですが、後者は電池方式なんです。これがいい。充電式だとどこかのタイミングで結局、有線の状態が生まれますので。

どちから1台を選ぶの難しいので、しばらくデスクトップに2台並べておこうかと考えています。
Windows ユーザーならば選択肢が豊富なんですが、mac ユーザーはこういうところが辛いですね。

USキーボード顛末記2021年04月18日 19時54分57秒

USキーボード顛末記
みなさん、キーボードは何を使っていますか?
僕はマック・ユーザーなので、選択肢が少ないんですよね。
以前はHHKB Lite というのを使っていました。大変手に合っていて本当にお気に入りでした。ところがマックを買い替えてOSもバージョンアップしたところ作動しなくなってしまいました。
これには困った。

そこでキーボードについていろいろ調べ始めました。
RealForce というのも持っていますが、静電容量無接点方式と呼ばれる柔らかいキータッチなのですが、これがちょっと物足りないんです。
診察室で使っているのは富士通の電子カルテで、キーボードの感触がなかなかいい。あれはメカニカル方式だと思います。僕はカチカチ打てる方が合っているのかもしれません。
それから書斎の机の上が、コードだらけなのも気に入らない。
Bluetooth接続がいい。
そこで、Keychronというキーボードに行き当たりました。
写真で見るとなかなかデザインも優れています。

ただ問題は、キーがUS配列ということです。ネットの評価を読んでみると、日本語配列よりUS配列の方がいいという記事が目立ちます。
マジですか?
そんなことあるのかな。でも、慣れればどちらも変わらないかもしれません。
で、買うことにしました。
KeychronのK8という機種です。

香港で販売しているんですよね。サイトはもちろん英語。
そのサイトから申し込みをしました。クレジットカードが使えます。本体が、69ドル。パームレストが28ドル。送料(DHL国際郵便)が20ドル。合計117ドル。1ドル109円とすると、12700円です。
どれくらいかかるかと思いましたが、注文して1週間で自宅に到着。早速、開封。
デザインはやはり秀逸。めっちゃカッコいい。無線もすぐにつながります。
さて問題はUSキーボード。そもそも日本語と英語をどうやって切り替えるかも分かりません。ググるとすぐに方法が判明。なるほど。
タイプはとても快適で、キーに茶軸を選びましたが、これは正解だったようです。とても心地いいキータッチです。
で、その時、ふと思いました。カタカナってどう打つんだろう。
またググりました。う、面倒くさい。これは複雑だな。
これはいつか慣れるんだろうか?

それにしても、リターン・キーが非常に小さいことが非常に使いづらい。タイプミスがしょっちゅう。
そうか、USキーボードというのは、上級者が使って初めて日本語配列よりも「いい」となるのですね。
僕は1冊の本を書くのに、10万字くらいは難なく書きますが、実はブラインドタッチができないんです。
要するにキャリアは長いけど、タイプは下手。
僕のような下手っぴにはUS配列は向いていないと悟りました。
うーん、困った。
ちょっとこれはお蔵入りかな。

読売新聞の広告に登場(医学部受験)2021年03月10日 22時11分23秒

読売新聞の広告に登場
読売新聞の広告に登場しました。
医学部受験のための予備校の広告特集ですね。その中の1コーナーとして、インタビューに応じました。
今朝の新聞紙面に掲載されましたが、同じインタビューのロングバージョンはWEB上で公開されています。

ここですね。 ↓

https://yab.yomiuri.co.jp/topics/6018/

医学部受験に興味のある方はご覧になってください。

久しぶりに書きます2021年03月05日 21時58分40秒

全国100万人の・・・いえ、100人くらいの僕のブログ・ファンのみなさん、こんばんは。
久しぶりにブログを書きます。
ここ1年くらいは、書評以外のテーマでブログを書かなくなっていました。
昔は毎日書くことを自分に義務付けていましたので、mac の前で何を書こうかと、うんうん唸っていたものです。
で、あるときにそういうルーチンは辞めてしまおうと決めて、最近はもっぱら書評だけを書いていた訳です。
で、この2週間くらい書評を書いていません。
その理由は、専門書ばかりを読んでいたからです。
専門書の書評を書いてもしかたないですよね。
そんなわけで、間が空いてしまったのです。別に病気していたとか、体調が悪いとか、そういうことではありませんので、ご心配なく。
ただ・・・目が本当に悪くなっています。
老眼がどんどん進行しているのと別に、右目の近視がとても進んでいるのです。
ぼくは元々、ブラインドタッチができませんので、mac の入力が本当に遅くなって困っています。
これを解決するために、キーボードを替えようかと思っているのですが、Win のようにいろいろなものが無いんですよね。
どれがいいか、ちょっと研究中です。
ちなみに、東プレもHHKBも使った経験があります。

また面白い本を読んだら報告しますね。

朝日新聞「声」2020年02月20日 21時27分43秒

朝日新聞「声」
↑ クリックで拡大。

もう2週間くらい前になりますが、朝日新聞に投書しました。
「しょうがい」って何だろうと、小学生に向かって語りかけました。
よかったら読んで下さい。

毎日新聞に登場2020年02月03日 22時10分57秒

昨日読んだ文庫
↑ クリックで拡大します。
毎日新聞に『昨日読んだ文庫』というコラム(書評)があります。
月に1回掲載で、各界の人が自分のお気に入りの文庫本について書くコラムです。
昨日の新聞に僕の原稿が掲載されました。

興味のある方はお読みになってください。

第1回ヨミドクター医療セミナー2020年01月17日 10時44分37秒

第1回ヨミドクター医療セミナー
読売新聞オンライン・ヨミドクターがリニューアルされます。
それを記念して、医療セミナーが開かれます。
で、3月22日(日)に読売新聞本社でぼくが講師をつとめます。
タイトルは「いのちは輝く 重い障害を生きる子に学ぶ未来の医療」です。

https://yomipo.yomiuri.co.jp/present/detail/2600

概要ならびに申し込み方法は↑から見てください。
講演が終わりましたら、どんな様子だったか、ブログでお知らせしますね。

世界の障害のある子どもたちの写真展を国連でやりたい!2020年01月15日 21時48分13秒

世界の障害のある子どもたちの写真展
↑ クリックで拡大します。

新著『いのちは輝く』を読売新聞オンラインに連載したとき、写真家の名畑文巨(なばた・ふみお)さんが写真を付けてくれて、大好評でした。
今回、名畑さんが世界の障害児の写真展を国連で開催する予定です。
そのためには渡航費や運搬費などの経費がかかります。そこで、現在、クラウドファンディングで資金を集めています。

https://readyfor.jp/projects/nabata-UN?fbclid=IwAR3BXioU0iKadrXmCJcq3CVP5_vAYv2_hVnnSaZmbEklnzynxv_bWKRIZiM

ぜひ、↑のサイトをクリックしてみてください。写真展の概要が分かると思います。もしよかったらご協力をお願い申し上げます。