簡単アクセスカウンター
アクセスカウンター
パジャマネットパソコンサプライキッズ洋服成犬用フードチワワの服マタニティグッズおっきくなぁれ販売PCショップベビー服販売PCアプリ

人気のないブログ2013年04月03日 22時09分30秒

オリオン座のベルト
ここひと月くらい、このブログの人気が低迷しています。
以前は毎日200人近くの人が読んでくれていましたが、最近は150人を下回るようになりました。
なぜでしょうか?
理由を考えてみました。

1 以前は舌鋒するどく、政治や社会構造に対して批判を加えていた。
そういうことを書くと、「よくぞ言ってくれた」という反響が来ると同時に、「ひとの悪口は控えるべきだ」とのお叱りをよくうけました。
そういう声にちょっとうんざりした部分があります。
コメント欄を閉鎖したのはそういう理由もあります。
で、結果、ブログから「痛快さ」が消えたかもしれません。

2 面白いネタをフェイスブックで書いてしまうから。
笑えるような、そして短い話はFBに書いて盛り上がってしまいます。
同じことを書くのは嫌なので、ブログではネタ切れになっている可能性があります。
ちょっとした政治談義はFBで終わらせてしまいます。

3 双方向性がなくなったから。
上記のようにコメント欄は閉じてあります。
スパムが貼り付けられることもあるし、政治的な恫喝のコメントがつくこともあります。
だけどもっと怖いのは、政治的でも宗教的でも何でもないブログに対して、匿名で、長文の悪口雑言を投げつけてくる人間がいることです。
実に怖い。
コメント欄を閉じたことで、読者との交流がなくなりました。

4 趣味に走りすぎているから。
「読書」「自転車」「カメラ」「音楽」「映画」と好きなものが多いのですが、ちょっと内容に一般性・普遍性がないかもしれません。
「書評」もミステリーなどについて書けば、もっと「ウケる」かもしれませんが、ぼくのは専らノンフィクション。
ノンフィクション・冬の時代ですから、興味をもって書評を読む人が少ないのかもしれませんね。
書評の書き方は二通りあって、「良いところを見付けて書く」という方法と、「悪いところは批判して読者に知らしめる」という方法があります。
元朝日新聞記者の本多勝一さんは後者を実行していました。
ぼくも以前はそうでしたが、それってちょっとイージーかなと思い直すようになり、今ではなるべく読んだ本の良い点を見付けるようにしています。
そうならない時もありますが。
なので、そのことで歯切れが悪くなっているのかもしれません。

時々ブログをやめてしまおうかなと思うこともありますが、患者さんに「読んでますよ」と声をかけられると、一転、やる気が湧いてきます。
ま、別にこのブログで飯を食っている訳ではないので、読者数が少なくても細々と書き続けていこうと思っています。

写真はさっき撮ったオリオン座のベルトです。

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

名前:
メールアドレス:
URL:
コメント:

トラックバック