簡単アクセスカウンター
アクセスカウンター
パジャマネットパソコンサプライキッズ洋服成犬用フードチワワの服マタニティグッズおっきくなぁれ販売PCショップベビー服販売PCアプリ

「iPS細胞 不可能を可能にした細胞」 (中公新書) 黒木 登志夫2015年04月29日 22時12分15秒

「iPS細胞 不可能を可能にした細胞」 (中公新書) 黒木 登志夫
黒木先生は、高度に難しい専門的な内容を、たとえ話などを使って、ユーモアも交えながら、とても分かりやすく説明する力量があります。
本作でもその筆力がいかんなく発揮されています。

ただ、iPS細胞というのは、現時点ではまだまだ「一般の人たち」にはあまり関係が無い細胞なんです。
ノーベル賞を受賞した理由は、「分化した哺乳動物の細胞を初期化した」ということにあって、誰かの命を救った訳ではありません。
従って、本書を(いわゆる)文系の人が読んでも面白いと思うかな?
と言うかやはりかなり専門的過ぎて、ちょっと理解が難しいかもしれないと想像します。

追記)黒木先生は、iPS細胞を日本を代表する「国細胞」と表現していますが、ぼくの意見では、「国細胞」は現時点ではVero細胞だと思います。

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

名前:
メールアドレス:
URL:
コメント:

トラックバック