簡単アクセスカウンター
アクセスカウンター
パジャマネットパソコンサプライキッズ洋服成犬用フードチワワの服マタニティグッズおっきくなぁれ販売PCショップベビー服販売PCアプリ

つんくの「生きる選択」に涙2015年04月04日 20時28分49秒

詳しく知っている人ではありませんが、その昔、「シングルベッド」「ズルい女」という曲を聞いた時にとても才能のある歌手(アーティスト)と思ったものです。
その彼が、喉頭がんによって手術で声を失ったそうです。
近畿大学の入学式で、しっかりとしたメッセージを伝えたと報道されていました。

ネットのニュースをぱらりぱらりと読んでいると、早くも、つんくの「生きる選択」に涙とか感動とかいう言葉が並んでいます。
そうした心情はぼくも理解できますが、ま、ちょっと待ってください。

喉頭がんになれば、(病期によりますが)手術で喉頭を摘出するのは当然の治療手段です。
彼は初回治療を終えてすぐに再発していましたから、化学療法や放射線療法がまったく効かなかったということです。
効かなかった理由は、がんの悪性度が高かったか、病期が進みすぎていたのかのどちらかです。
そうなると当然手術になります。

手術しなければ、命はない訳ですので、そうした「選択」をすること自体は誰もが選ぶ道だと思います。手術しなければ、たとえ気管切開しても、がんが進んで窒息する危険すらあります。
だから彼の「選択」が立派だということではない。
同じような人は世界中にいくらでもいます。

つんくが立派なのは(朝日新聞で読んだのですが)、彼の近畿大学生へのメッセージにあります。
「後悔しても意味は無い」
これだと思います。
人生とは思い通りにいかず、不条理な苦痛に苛まれて、絶望の渕に立たされたりします。
しかし、人がいくら人生に絶望しても、人生はその人に絶望することなく、いくらでもその人に付いてくるのです。
であれば、どういう環境に生きても、人は自分で人生を作っていくしかありません。
そういう意味で彼は立派だと思います。

さて、つんくさんがタバコを吸っていたかどうか僕は知りませんが、常識的に考えれば喉頭がんの原因はタバコです。
タバコには60種類以上の発がん物質が含まれています。
こんなものは、さっさと法律で禁止すべきです。