簡単アクセスカウンター
アクセスカウンター
パジャマネットパソコンサプライキッズ洋服成犬用フードチワワの服マタニティグッズおっきくなぁれ販売PCショップベビー服販売PCアプリ

再訪・Apple Store 銀座 〜 Apple Watch への道2015年05月05日 13時51分40秒

42mm、レザー・ループ(色はストーン)
ぐずぐずしている間に42mmのApple Watch (AW) は、7月出荷になってしまいました。

前回、Apple Store 銀座を訪れた時は、場の雰囲気に圧倒されて、AWの画面がどれくらいキレイなのか、バンドの締め方は容易なのか、、、そんなことをチェックする余裕に欠けていました。
で、今日、再訪した訳です。

まず、42mmと38mm問題は実に悩ましい。
ほとんどの男性は42mmを選ぶでしょう。しかしぼくの手首周りは16cmしかない。38mmでも違和感がないんですね。
かと言って、42mmが不格好かと言うとそうでもない。

問題は視力です。ぼくは遠視と近視と乱視があるので、小さい文字はつらい。すると単純に42mmという選択になるのですが、38mmでもけっこうしっかり見えてしまう。
つまり画面の文字や絵が実にキレイなんです。
AWの画面は美しいとしか言いようがありません。

では、軽い分を考えて38mmか? いや、42mmもそんなに重くないんですね。
Appleのお姉さんが「42mmの方がAWらしい」と言っていましたが、なるほど、確かに頷ける。
38mmはただの時計で、42mmはスマート・ウォッチに見えるという指摘です。そうかもしれない。

そしてバンド。ミラネーゼ・ループはカッコいいし、実用性もある。ループになっているので、手をスポッと入れて、バンドを締める。これは楽。ただ、磁石が強力すぎて、バンド同士がくっつくとなかなか外れない。時計の装着というのは片手でやるので、いったん「こんがらがる」と厄介なんです。

ではレザー・ループはどうか? こちらはループと言っても、輪を解放して一直線になります。ここに不安があった。ループ状の方がそのまま手を突っ込めますからね。
ところが、ベルトの端を磁力で「わっか」にくっつけておけば、ループを保つことが可能なんです。
ちょっと慣れは必要ですが、実はこちらの方が、ミラネーゼ・ループよりも着脱が簡単かもしれません。

写真は42mm、レザー・ループ(色はストーン)です。
どうです? カッコいいでしょ?
ブライト・ブルーも実によかった。カジュアルでも学会発表でもいけるかも。

「子宮頸がんワクチン事件」斎藤 貴男2015年05月08日 21時58分13秒

「子宮頸がんワクチン事件」斎藤 貴男
製薬会社は資本の論理で動いているので、お金を儲けようと考えるのは当然です。
政治家や役人に働きかけて承認を早めようと考えるのは、自然です。
そして、ワクチンに問題があって、一人でも重い副反応・障害が出れば、ワクチンは中止になるので、製薬会社だって100%安全なワクチンを供給したい訳です。

このワクチンの(いわゆる)被害者の数は多すぎて、今後、ワクチンが再開されることはないでしょう。
普通に考えれば、ワクチンのせいで、こうした障害・病気が発生しているということになりますが、本当の因果関係を確かめるためには、前向きコホート研究が必要です。
しかしそんな研究は絶対におこなわれないでしょう。

サーバリックスもガーダシルも全世界でおこなわれているのですから、副反応の情報収集が甘かったと、製薬会社は非難されてもしかたないと思います。

「聖路加病院訪問看護科―11人のナースたち」 (新潮新書) 上原 善広2015年05月09日 21時55分13秒

「聖路加病院訪問看護科―11人のナースたち」 (新潮新書) 上原 善広
訪問看護師は今後ますます増えていくことでしょう。
時代が要請していますので。

「役者は一日にしてならず」春日 太一2015年05月11日 22時50分43秒

「役者は一日にしてならず」春日 太一
これは傑作だと思います。

一読すると、ベテラン俳優さんの「独白」のように感じられます。
だけど実際はそうでないはず。

著者の巧みな質問によって、俳優さんが言葉を深く深く紡いでいったのだと思います。
で、本書では地の文はほんのわずか、必要最小限。

ですから相当な、取捨選択・編集・校正作業があったと推測します。

これほど深みのあるインタビュー集は、ちょっとお目にかかれないでしょうね。

「ゴーストライター論」 (平凡社新書) 神山 典士2015年05月13日 17時47分33秒

「ゴーストライター論」 (平凡社新書) 神山 典士
「ゴーストライター」というよりも、「チーム・ライティング」と表現した方がいいという提言です。
なるほど、とても納得できました。
本は作ることも、売ることも大変難しいことです。
チーム・ライティングの人たちはものすごい努力をしていると思います。

また、最近の本は、プロの作家が書いていても、編集部主導で本を作るとも聞きました。
(NHKラジオ・著者に聞きたい本のツボ)
プロの作家さんも、そのチームの一員になる訳ですね。
作家さんだけの力では、なかなかベストセラーは生まれないかもしれません。

「神さまに質問―筋ジストロフィーを生きたぼくの19年」栗原 征史2015年05月16日 16時13分44秒

神さまに質問―筋ジストロフィーを生きたぼくの19年
筋ジストロフィーの患者さんの闘病記は複数ありますので、本書もそうしたものの一つであろうと、(表現は適切でないかもしれませんが)軽い気持ちで読み始めました。
ところが大変衝撃的な内容でした。

まず、12歳の子ども手記ということ自体が希有なものです。
歩けなくなっていく自分をどう思い、どう表現していくか、こんな記録はそうそう見ることができません。

そしてイジメ。
胸が痛くなります。
栗原君をイジメたクラスメートは、現在では激しく後悔しているでしょう。
ですが、親は一体どういう教育をしていたのかと、ぼくは大きな声を上げたくなります。

さらには、国立Z病院に入院し(母が手術を受けるため、栗原君は一時預かり。そういうシステムが当時は無く、ICUに入る)、人工呼吸器を装着した筋ジストロフィーの患者さんを見ることになる。
栗原君は、自分が20歳までしか生きられないと知ります。
そして同じ病気の友人が19歳で相次いで亡くなります。

ぼくは「知識」として筋ジストロフィーを理解していましたが、10代の青春期にある若者が、どれほどの恐怖感を味わうのか骨身に沁みて理解できました。

人は生まれた瞬間に死ぬことが決まっている。
だから生まれたことの意味を作っていく。
そうしたことを彼は表現していました。

さまざまな病気の闘病記や、障害者に関する本をこれまで多々読んできましたが、本書は長く記憶に留まる名著です。

なお、栗原さんのHPは、以下のURL。

http://www.geocities.jp/kseiji94/index.html?

「命の詩に心のVサイン―筋ジストロフィーを生きたぼくの26年」栗原 征史2015年05月17日 22時22分27秒

「命の詩に心のVサイン―筋ジストロフィーを生きたぼくの26年」栗原 征史
続けて読みました。

人工呼吸器を装着することに対する不安。
性の悩み。
介護疲れで母子心中したくなる心理。

神さまに質問したくなる気持ちがとてもよくわかります。

「卵子探しています: 世界の不妊・生殖医療現場を訪ねて」 宮下 洋一2015年05月19日 19時31分32秒

「卵子探しています: 世界の不妊・生殖医療現場を訪ねて」 宮下 洋一
今週号の週刊現代に、宮下洋一さんの「卵子探しています」の書評を書かせて頂きました。

「週刊現代」も「卵子探しています」もぜひ読んでみてください。

「敗北を抱きしめて 増補版―第二次大戦後の日本人」John W. Dower2015年05月23日 23時17分35秒

「敗北を抱きしめて 増補版―第二次大戦後の日本人」John W. Dower
増補版が出ているとは知りませんでした。

なぜ日本が「世界征服」を企み、誰も止められず、挙げ句破滅し、貧困のどん底から立ち上がることができたのか、本当に不思議です。
この本には大事なことがたくさん書かれています。

日本人が軍国主義・超国家主義の台頭を許した理由は、「人間性・人格・個性」を十分に尊重しなかったからだという指摘があります。
このことは、現在の日本にも言える欠点だとぼくは考えます。

「人間性」とは、人が人として尊重されることです。
「人格」とは、人間を独立した個体として承認することです。
「個性」とは、私たちの中にある多様性を大事にすることです。

こうしたことが蔑ろにされた時、沖縄の基地問題・ヘイトスピーチ・障害者差別やマイノリティー差別が露わになるのだと思います。

日本は「上からの民主主義」を(占領軍から)与えられ、日本国憲法は世界で最も進歩的な内容になり、多くの面でアメリカ民主主義を凌駕しました(実は1945年頃、アメリカは帝国主義国家だった)。
現在、その民主主義が後退しようとしているのは大変残念ですが、まだ憲法は死んでいません。
これをどう生かすかは、やはり日本人の精神性によると考えます。
「人間性・人格・個性」を尊重できるかどうかが鍵になるのではないでしょうか?

特別支援学校探訪記2015年05月27日 16時46分27秒

特別支援学校探訪記
特別支援学校を見学してきました。
ここには、およそ100名の生徒が通学してきます。
支援の対象は「肢体不自由」です。したがってほとんどの生徒が車椅子を使用しています。
歩けないという不自由のみの子もいますが、心身障害も伴っていて、会話ができない生徒も数多くいます。
気管切開した子も珍しくありませんし、少数ながら人工呼吸器を付けた子もいます。

生徒の数に匹敵するくらい多くの教師がいます。また看護師もいます。
ぼくが見学したクラスは、中学1年。生徒は4人。先生は3人でした。
1時間目は、体を動かす時間。
登校してくる時刻にはかなりばらつきあるため、まだみんな揃いません。
2時間目は学年集会。
寄宿舎の談話室に集まります。生徒は8人。先生は7人。
「気球に乗ってどこまでも」
「怪獣のバラード」が、CDラジカセから流れてきます。
生徒たちは、「あーあーあー」とか「うーうーうー」とか騒いでいる子もいるし、視点を固定してあまり表情の無い子もいます。

騒々しいとか、暗いという印象はまるでなく、賑やかで明るいなと思えました。
歌が終わると、「ボッチャ」です。
直径10メートルくらいの大きな布が4色に区切られています。
それぞれの色に点数を決めて、生徒が順番にボールを投げます。
ボールが止まった色が、その生徒の得点です。

ボールを投げることができない子には、雨どいを用意します。
ボールを離すと、先生が支える雨どいをボールが転がっていきます。

さて、授業は3時間目に。
ぼくはその間、校長先生にインタビューをさせて頂きます。
校長先生の想いは、大変深いものでここではすべてを書くことはできません。
一番重要なメッセージは「自発性」よりも「主体性」が大事ということ。
「自発」とは外部の刺激に反応しているだけの場合があるけれど、「主体」があれば「何かのために」という目的が生まれるので、夢や目標につながるというものでした。

さて、給食の時間。
食堂はかなり広いのですが、生徒がそれ以上に多いし、車椅子の子どもが多いため大変混雑した印象を受けます。
ぼくも頂きました、給食。はい、残さず完食しましたよ。

午後の授業は、中学1年生と3年生で、合同の音楽。
歌を歌い、「聖者が町にやってくる」に併せて全員で合奏です。
実に賑やか。
こうして14時30分に授業終了。

お医者さんの中には、障害が重い子どもを見ると簡単に諦めてしまったり、無駄な治療だと言ったりする人がいます。
いったい何様のつもりでしょうか?
支援学校の先生たちは、どんなに重度の生徒でも分け隔て無く、懸命に心を通わせようと努めていました。
得難い経験をした充実した一日でした。