簡単アクセスカウンター
アクセスカウンター
パジャマネットパソコンサプライキッズ洋服成犬用フードチワワの服マタニティグッズおっきくなぁれ販売PCショップベビー服販売PCアプリ

再訪・Apple Store 銀座 〜 Apple Watch への道2015年05月05日 13時51分40秒

42mm、レザー・ループ(色はストーン)
ぐずぐずしている間に42mmのApple Watch (AW) は、7月出荷になってしまいました。

前回、Apple Store 銀座を訪れた時は、場の雰囲気に圧倒されて、AWの画面がどれくらいキレイなのか、バンドの締め方は容易なのか、、、そんなことをチェックする余裕に欠けていました。
で、今日、再訪した訳です。

まず、42mmと38mm問題は実に悩ましい。
ほとんどの男性は42mmを選ぶでしょう。しかしぼくの手首周りは16cmしかない。38mmでも違和感がないんですね。
かと言って、42mmが不格好かと言うとそうでもない。

問題は視力です。ぼくは遠視と近視と乱視があるので、小さい文字はつらい。すると単純に42mmという選択になるのですが、38mmでもけっこうしっかり見えてしまう。
つまり画面の文字や絵が実にキレイなんです。
AWの画面は美しいとしか言いようがありません。

では、軽い分を考えて38mmか? いや、42mmもそんなに重くないんですね。
Appleのお姉さんが「42mmの方がAWらしい」と言っていましたが、なるほど、確かに頷ける。
38mmはただの時計で、42mmはスマート・ウォッチに見えるという指摘です。そうかもしれない。

そしてバンド。ミラネーゼ・ループはカッコいいし、実用性もある。ループになっているので、手をスポッと入れて、バンドを締める。これは楽。ただ、磁石が強力すぎて、バンド同士がくっつくとなかなか外れない。時計の装着というのは片手でやるので、いったん「こんがらがる」と厄介なんです。

ではレザー・ループはどうか? こちらはループと言っても、輪を解放して一直線になります。ここに不安があった。ループ状の方がそのまま手を突っ込めますからね。
ところが、ベルトの端を磁力で「わっか」にくっつけておけば、ループを保つことが可能なんです。
ちょっと慣れは必要ですが、実はこちらの方が、ミラネーゼ・ループよりも着脱が簡単かもしれません。

写真は42mm、レザー・ループ(色はストーン)です。
どうです? カッコいいでしょ?
ブライト・ブルーも実によかった。カジュアルでも学会発表でもいけるかも。

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

名前:
メールアドレス:
URL:
コメント:

トラックバック