アクセスカウンター
アクセスカウンター

アックス・ボンバーに沈む2010年06月01日 21時07分14秒

うちの7歳の次女は「肉体派」で、体を目一杯使ってやる遊びが大好きです。
最近の親子の遊びは「プロレス」です。

娘に教えた技の数々は以下の通り。カッコ内は、レスラーの名前です。

ウエスタン・ラリアート(スタン・ハンセン)
アックス・ボンバー(ハルク・ホーガン)
エルボー・ドロッブ(ディック・マードック)
アイアン・クロー(フリッツ・フォン・エリック)
バックドロップ(ルー・テーズ)
フライング・クロス・アタック(ミル・マスカラス)

憶えた技を娘は豪快に繰り出してきます。

先日は、アックス・ボンバーが僕の顔面に強烈にヒット!
僕はリングのマットに沈みました。

クリニックで診療をしていて、次女と同じくらいの年齢の女児を見ると、猛烈に帰宅本能が湧き上がってきます。
これはなんというのか、歳をとったのか、保守的になったのか、、、大学時代の僕を知っている同僚が見たら呆れてしまうかもしれませんね。

さて、昨夜の次女への寝物語は、「若き日のスタン・ハンセン物語り」と「アックス・ボンバー開発秘話」でした。
今夜はアンドレ・ザ・ジャイアントの話でもしようかな。

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

名前:
メールアドレス:
URL:
コメント:

トラックバック