アクセスカウンター
アクセスカウンター

うつ病になってマンガが描けなくなりました 退院編(相原コージ)2024年07月04日 23時12分57秒

うつ病になってマンガが描けなくなりました 退院編(相原コージ
大好きな漫画家さん、相原コージさんのうつ病闘病記を読みました。
完結編ですかね?
おもしろくて一気に読んだのですが、こう、何と感想を言ったらいいのか・・・。
特にラストシーンは、創作なのか、実話なのか。
とにかく、お身体、お大事にしてください。ずっと応援しています。

韓国文学の中心にあるもの(斎藤 真理子)2024年07月10日 21時45分28秒

韓国文学の中心にあるもの(斎藤 真理子)
韓国文学について論じた本です。
大変勉強になりました。

韓国というと、K-POPが大人気とか、受験戦争が激しいとか、出生率が低いとか、そういうことが話題になります。
しかし韓国文学の中心になるものは何でしょうか?
それは南北分断と朝鮮戦争による自国民同士の流血です。
こういうことを私たちはつい、意識の下に沈めてしまいます。

でも、もし日本が分割統治されていたらどうでしょうか?
北と南に分かれて、北は「日本民主主義人民共和国」、南は「大和民国」だったとしたら?
そして南北で家族が離散し、北と南で戦争になったら?
戦争は未だ終結せず、停戦状態のままだったら?

おそらく日本の文学が描く世界は全然違ったものになっていたでしょう。
文学は歴史と切り離せないし、歴史から文学が生まれるとも言えます。
筆者の斉藤真理子さんに、とても深い世界を教えていただきました。
もう少し読んでみようかな、韓国文学。

『患者の前で医者が考えていること』、見本来たる2024年07月11日 19時54分24秒

『患者の前で医者が考えていること』、見本来たる
クリックで拡大 ↑

『患者の前で医者が考えていること』(三笠書房)。
7月29日発売です。見本が出来上がってきました。

近くなったら、また宣伝しますね。

予約はここから。↓
https://amzn.to/3LhCb3V

老いの深み(黒井 千次)2024年07月15日 20時55分54秒

老いの深み(黒井 千次)
黒井さんの「老い」シリーズです。現在、ベストセラー中のようです。
黒井さんはなんともう90歳を過ぎています。
もちろん、老いは確実にやってきており、このエッセイは全編が自分の老いについて書かれています。
長い距離を散歩できないとか、中腰がしんどいとか、風呂場で腰を下ろしたら立てなくなったとか、、、。
でも、そういう老いを「果実」と認識しているところがすごいですね。
そしてこの文章。いや、すごいわ。人間って90歳を過ぎてもこんなしっかりとしたエッセイが書けるのですね。
ちょっと感動というか、未来に希望を持つことができました。
いい本ですよ。おススメします。

義父母の介護(村井理子)2024年07月20日 15時00分40秒

義父母の介護(村井理子)
安定のおもしろさでした。
村井さんは翻訳家。そして同時にエッセイの名手です。
認知症になった義母と、脳梗塞で倒れた義父の介護に通います。
もちろん難題は山積みで、次から次へとめんどうなことが待ち受けます。

実は大変だったのは、義父の方。90歳と高齢で、老人の特有の難しさがいろいろとあるのです。
義母の認知症は「病気」なので、ある意味で付き合いやすい。
体は丈夫なので、介護サービスをうまく使えば、なんとか回っていきます。下の世話で大変・・・という場面はほぼ描かれません。
問題は、舅・嫁関係なのかな、という感じです。

読みながら、自分ならどう書くだろうと何度も自問しました。
豊かな表現とユーモアセンスに脱帽し、また、読者を巻き込む筆の力に圧倒されっぱなしでした。
ま、書けないものは書けないので(笑)、自分は自分の方法でいくしかないですね。まねはむり。

介護はつづくよ、どこまでも。
この物語に終わりはありません。村井さんの筆も止まることがなさそうです。
筆者のエッセイの魅力がいっぱいに詰まった作品です。
ぜひ、どうぞ。