簡単アクセスカウンター
アクセスカウンター
パジャマネットパソコンサプライキッズ洋服成犬用フードチワワの服マタニティグッズおっきくなぁれ販売PCショップベビー服販売PCアプリ

人生最後のご馳走(青山 ゆみこ)2022年02月06日 23時20分05秒

人生最後のご馳走
ぼくがまだ大学病院で働いていた頃。
毎年秋になると、ぼくたちは若い医学生を、小児外科に入るように一生懸命勧誘していました。
その日は、研究棟の屋上で、小児外科に興味を持つ10人弱の医学生を招いてバーベキューをしていました。
ぼくは小児外科の魅力を熱を込めて力説しました。
「大人のがんの医療は5年生存率が目安でしょ? でも小児外科は違う。生まれて0日の赤ちゃんを助けて、その子の人生を支えるから80年生存が目標なんだ」
するとそのとき、ぼくの後輩の医者がポツリと言うのです。
「でもね、先生、80年生きた人の最後の1年も大事なんですよ」
彼はふだんそういう気の利いたことを言う奴ではなかったので、ぼくは驚きました。
「せっかく学生を勧誘しているのに、そんな話をしたら台無しじゃないか」・・・そんなことを言ってみんなと笑いました。

あれから時間がたち、ぼくにも人生の終わりとは何かが次第に見えてきました。
ああ、あいつが言ったことは正解なんだなと思うようになったのです。
この本は、淀川キリスト教病院のホスピスが舞台です。患者さんには「リクエスト食」と呼ばれる、オーダーメイドの食事が出されます。
筆者の青山さんは、食をキーワードにして患者さんの人生を辿っていきます。
ああ、そうか。人って食を通して人生が語れるんだ。

ここに登場する患者さんは、もちろん誰もが無名の人、普通の市井の人たちです。だけれども、その人たちの語る話には、ものすごく奥行きがあって、読者の心に染み入るように深く広がっていきます。
人生とは何だろうとか、生きるとは何だろうとか、そういう普遍的な話へと通じていくのです。

読書には単に本を読んでよかったという時間のほかに、読み手の心を揺さぶるような時間を生み出すことがあります。
こういうふうな本にはちょっと出会えないな。
そんな時間を共にしました。

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

名前:
メールアドレス:
URL:
コメント:

トラックバック