簡単アクセスカウンター
アクセスカウンター
パジャマネットパソコンサプライキッズ洋服成犬用フードチワワの服マタニティグッズおっきくなぁれ販売PCショップベビー服販売PCアプリ

死はこわくない(立花 隆)2021年09月23日 23時44分03秒

死はこわくない
以前に単行本で読みましたが、文庫本になっていることを知って買い求めました。
75歳のときに書いた本ですから、やはりそれはすごいなと思います。
ただ、内容としては、書き下ろしというよりも、以前に発表された原稿をまとめたものです。
前半は立花さんの死生観や臨死体験について。
後半は、「意識」とはどこまで科学で解明されているかを語ったものです。

立花さんが臨死体験の取材に取り組んだ理由はなんでしょうか?おそらく死が怖かったからではないでしょうか?
結果として「あの世」というものはないと結論づけて、臨死体験とは脳が生み出す幻覚という考えに行き着きます。
その取材と考察を通じて、死は怖くないという境地に到達したのでしょう。

ぼくは医師としてたくさんの死を見てきましたので、詳しくは書きませんが、死が何かの終わりとは思っていません。
また、痛いものとも思っていませんし、恐怖ではありません。
ただね・・・家族にもう会えないと思うとつらいです。
子どもたちが立派に社会人として、生き方の基盤を築いてくれるまでは、死ぬことはできないなと思います。
いや、基盤を築いても、やはり会えなくなるのは淋しいかな。

ぼくも、頭がシャープで、医者として責任を持った仕事ができるのは、あと何年なのか・・・分かりませんが、それまで一生懸命生きようと思います。

コメント

トラックバック