簡単アクセスカウンター
アクセスカウンター
パジャマネットパソコンサプライキッズ洋服成犬用フードチワワの服マタニティグッズおっきくなぁれ販売PCショップベビー服販売PCアプリ

文にあたる(牟田 都子)2022年08月16日 17時54分00秒

文にあたる
校閲のプロの方によるエッセイです。
楽しく読みました。
そうか、校閲さんは、こんなに誤植を恐れているのか。
ぼくの感覚では、誤植は筆者の責任であって、校閲さんのせいと思ったことは一度もありません。
校閲さんにはいつも感謝しています。

ぼくも14年間に14冊の本を書きましたので、いろいろな出版社と付き合ってきました。
講談社のように会社の中に校閲部がある出版社もあるし、社外に発注している出版社もあります。
その度にどこまで正確を期して校正してるかは、その人によってかなり違っているなという印象を受けます。

誤字脱字くらいしか直さない人もいますし、書かれた内容が事実がどうか精査してくれる人もいます。
書き手として一番やってはいけないことは、校閲さんに修正を任せることを前提に、甘い文章を書くことです。
校閲さんの手を煩わせない・・・というくらいの気持ちで文章を書きたいものです。
ま、実際は「赤」(実際は黒鉛筆)で一杯になるのですが。

おもしろかったです。本を作ることに興味がある人には、ぜひオススメします。

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

名前:
メールアドレス:
URL:
コメント:

トラックバック