簡単アクセスカウンター
アクセスカウンター
パジャマネットパソコンサプライキッズ洋服成犬用フードチワワの服マタニティグッズおっきくなぁれ販売PCショップベビー服販売PCアプリ

生きる意味について考える2021年12月31日 08時46分59秒

生きることの意味
人はなんのために生きるのか? それは、より善く生きるために生きるのではないか。
ぼくは人として欠点の多い人間で、他人を赦す能力に乏しかったり、最も親しい人に愛情をうまく伝えられなかったり、(大学時代だが)後輩に対して思いやりのある言葉を発せられなかったりした。

しかしどこか善の部分もある。
患者に対してひたすら真面目に精一杯治療を行ってきた34年間に偽りはなく、責任感とか使命感は揺るがずに持っていた。
つまり自分の心の中には、善の部分と、そうでない部分が混ざっている。
より善く生きるとは、善の部分を膨らませ、育て上げて、自己実現をはかっていくことだろう。

開業医という仕事は、なかなか自分を成長させられない。
大学時代の貯金を切り崩して診療を行っているようなものだ。
ぼくが開業医になって本当に勉強した分野は「喘息」と「発達障害」だけだと思う。
ただ、たとえ風邪を診るだけでも、家族からすればありがたいことであろうと思われるので、医療という労働によって、ぼくはわずかでも日々自己実現しているとも言える。

本を書くことになったのは、今から13年前で、これまでに14冊の本を作った。
それぞれの本に思い入れがあり、書くたびに学びがあった。
特に障害児医療をめぐる医師の使命と倫理については、本を書くことで初めて目が開かれるような思いをした。
執筆を通じて、自分がより善く生きることができるようになったのは間違いなく、この活動はこれからも続けていきたい。
「売れる本」を書くつもりはない。「善き本」を書きたい。
そうして自分の中の善の部分を拡大し、生きる意味を再確認したいと思う。

若い頃のエネルギーはもうないけれど、残りの人生の中で今日が一番若い日である。挑戦をやめることはしない。

選挙活動、ビラ配りからやってみた。「香川1区」密着日記(和田靜香, 小川淳也)2021年12月30日 16時12分19秒

選挙活動、ビラ配りからやってみた。「香川1区」密着日記
話題の人、小川淳也さんの香川一区の密着ルポです。
密着と言っても、筆者は相撲ライターの和田さん。そこは彼女らしく、緩やかに「密着」している感じがなんともいいです。
選挙を手伝ったり、疑問を持ったり、それでも小川さんが目指す「対話による民主主義」に共感したり。
楽しく読ませて頂きました。

個人的に一番の読ませどころだと思ったのは・・・本筋とは無関係かもしれませんが・・・小川さんの奥さんと娘さんが「妻です」「娘です」というタスキをかけて選挙運動することに、フェミニストから批判の声が選挙中盤で上がる場面です。
確かにこれにはぼくも違和感を持っていました。

「妻」とか「娘」が匿名の記号になって、ある意味で「道具」になってしまっているからです。
しかし香川のような地方では、こういう形の選挙をやらないと、「家族は何をしているんだ!」との反発が上がり、当選は難しいのでしょうね。

和田さんから指摘を受けた小川さんたちは、タスキを外すことにします。
そのとき、妻の明子さんは泣いたそうです。「妻」というタスキをかけるのは、彼女にとって決意の表明みたいなものの訳で、それを否定された気持ちになったのでしょう。
読んでいる方も、グッときてしまいました。

和田さんに同意できなかった部分はひとつだけ。それは選挙とはお祭りで、楽しくなければ投票率は上がらないという後書きです。
そうなのかな?
僕の住む千葉市の選挙区では、先の総選挙で候補者の街宣車など一度も通りかかりませんでした。まったくの無風・無音。お祭りとは程遠いものでした。
では、19歳の次女がどうやって投票したか?
それは朝日新聞comの、どの政党に意見が近いかというマッチングツールを使って自分で調べて候補を決めました。
そして、そもそもなぜ選挙に行ったのかと言えば、親が(ぼくのことですね)、次女が幼い時から民主主義とは投票であり、投票は権利であり、国民の務めと教育してきたからです。

日本の投票率の低さは、背景に政治不信があるとぼくは見ています。国民が政治に参加するということを公教育の中で、しっかり教えていく必要があるのではないでしょうか。
お祭りをやって投票率を上げようという発想では解決しないと思います。

あ、それから小川淳也事務所の「小川淳也」という文字が平野甲賀さんの書体で書かれていることにはウケました。

誰がために医師はいる――クスリとヒトの現代論(松本 俊彦)2021年12月27日 23時09分22秒

誰がために医師はいる――クスリとヒトの現代論
アマゾンで非常に高評価なので、読んでみました。
大変文章がうまく、豊穣に語っていますが、同時に冗長とも言えます。
比喩や例え話が多く、こういう文章はぼくには書けないなと思いました。
ぼくは外科医だし、著者は精神科医ですからね。そういう違いが文章に出ていました。

この本は雑誌に連載された文章を1冊の本として編んだ作品です。
サブタイトルに「クスリとヒトの現代論」とありますが、そういう評論の部分は確かにありますが、学生時代の思い出とか研修医のころの逸話とかもあり、半生記の部分もあります。
全体として見た場合、それぞれの章の据わりがいいとは言いにくく、本の完成度はどうなのかなと正直思いました。
薬物依存症の患者は病気なので、懲罰よりも治療が必要であるという論と、学生時代の解剖実習の話や研修医時代に脳炎の診断をつけた見事な体験談とでは、ちょっと表現の目指す先が違い過ぎている印象があります。
論を立てるのか、青春記を描くのか、きちんと全体の骨格を決めて書き直していれば、もっといい本になったと思います。


ちょっと蛇足。
雑誌に連載した文章を1つの本にまとめることを必ずしも悪いと言っているわけではありません。ぼくもそういう本を何冊か出しています。
ただ、ぼくは連載をするときに、初回から最終回まで目次を作ってから書きます。つまり長編のエッセイを分割して書いているのです。
そうでない文章・・・つまり1回1回考えて書いた文章をエッセイ集として編むとなかなか良い本は生まれないと思いますよ。
違う意見もあるかもしれませんが。ただ、それでも全体を貫くテーマは必要だと思います。

著者のファンにはとても満足の1冊でしょう。そういった方にオススメします。

開業医をやりながら作家もやってみた182021年12月26日 09時38分41秒

m3.com 「開業医をやりながら作家もやってみた」連載第18回目が掲載されました。

https://www.m3.com/news/iryoishin/994857

今回は、『運命の子 トリソミー』で小学館ノンフィクション大賞を受賞し、大喜びした顛末記です。
よかったら読んでみてください。

Amazonに登場! 書評も登場!2021年12月24日 08時56分13秒

新著『ぼくとがんの7年』。
ようやくAmazonで「在庫あり」になりました。
「深刻で、たまに前向きで、ちょっと感傷的で、でもおもしろい」本です。
よかったら読んでみてください。お友達にも紹介してくださいね。

https://amzn.to/3Ha2bu0

それから、読売新聞ヨミドクターに書評が掲載されました。こちらもぜひご覧になってください。

https://yomidr.yomiuri.co.jp/article/20211222-OYTET50026/

どうぞよろしくお願いします!!

『ぼくとがんの7年』を立ち読み2021年12月21日 21時26分49秒

『ぼくとがんの7年』が発売になりましたが、アマゾンでは1〜2か月待ちのようです。

楽天には在庫があるようです。
https://books.rakuten.co.jp/rb/16982414/?s-id=top_normal_histreco_bh

医学書院のホームページからは、最初の10ページを読むことが可能です。
発症してから診断がつくまで、10ページ。24時間も経っていませんでした。
↓のリンクをクリックしてください。下段の左矢印でページを進めることができます。

https://www.igaku-shoin.co.jp/prd/tachiyomi/04926/index.html#page=1

よかったら見てくださいね。

新著『ぼくとがんの7年』2021年12月19日 22時16分43秒

新著『ぼくとがんの7年』
新著のお知らせです。
医学書院から『ぼくとがんの7年』という本を出します。
タイトルの通り、闘病記です。今から7年前、53歳のときにがんを患いました。
ぼくは一応、がんの専門家なので、自分の知識を生かした闘病ができるかと思いましたが、予想は大きく裏切られました。
患者は弱い存在だと痛感しました。
クリニックの運営と闘病の両立はかなり大変でしたが、何とか乗り越えて今に至っています。
ちょっと暗い本なのですが(笑)、興味を持っていただければとてもうれしいです。

https://www.amazon.co.jp/dp/4260049267

Amazonから、12月20日発売予定です。
応援していただければ、感謝にたえません。どうぞよろしくお願いいたします。

完落ち 警視庁捜査一課「取調室」秘録(赤石 晋一郎)2021年12月17日 22時38分47秒

完落ち
ちょっと厳しいことを書きますが、本書には視点のブレがあります。
これは、フィクションでもノンフィクションでも同じ問題点ですが、事実を重視するノンフィクションでは特に重要な点になります。
具体的には・・・
「彼にとって初めての大きな事件だった」という文章があります。これは「彼」を主人公にした3人称の視点です。
取材したことを「物語」として表現しているわけです。これはいいでしょう。
しかし、「彼は(自分は元来、刑事向きの性格ではなかった)と語る」という文章も出てきます。これは3人称でしょうか? 彼が語った相手は私(筆者)ですから、この文章の視点は1人称です。
こういうふうに、視点(人称)を混ぜるのは、ノンフィクションとしてどうかと思います。
また、主人公が小学生だったときの同級生との会話が「 」で表現されていますが、これはいくら何でも作り話ではないでしょうか?
「本格ノンフィクション」と謳っている以上は、虚飾は排除すべきでしょう。
いくら面白い本だとしても、面白く書きすぎるのはよろしくないと思います。
王道のノンフィクションとはこういうものではないと考えます。
ただ、アマゾンのレビューを見ると大変評価が高く、刑事ものに関心のある方は、読んでみてください。

清六の戦争 ある従軍記者の軌跡(伊藤 絵理子)2021年12月15日 23時37分55秒

清六の戦争 ある従軍記者の軌跡
これは面白い本でした。
筆者は毎日新聞の記者。いや、記者ではなく、執筆当時は「情報調査部」に配属されていたようです。
その伊藤さんの曽祖父の弟が、清六さん。彼は(いまの)毎日新聞社の記者だったのです。
伊藤さんは、もちろん会ったこともない清六さんの人生を追っていきます。

従軍記者として何を体験し、どういう記事を書いたか。あるいは書かなかったか。
まず驚くのは、よくぞここまで調べることができたなという点です。これはもう、本書を読んでもらうしか説明のしようがありません。驚異的だとしか言いようがありません。

そしてその調査を通じて、戦時中の新聞がいかに軍に屈服させられ、真実とは程遠い報道を強制させられたかが、よく分かります。
しかしそれを軍国主義下の報道弾圧と結論づけて終わりにはできないはずで、そういった状況にあって記者個人はどう書くかが、現代でも問われるのではないでしょうか? だから伊藤さんもこの本を世に出したのでしょう。

本書は170ページほどの作品ですが、中身の濃さは一級品のノンフィクションであり、調査報道です。
偶然出会った本ですが、これは実に見事な作品でした。
みなさんにぜひ、おススメします。

コロナ時代の選挙漫遊記(畠山 理仁)2021年12月13日 22時33分47秒

コロナ時代の選挙漫遊記
知る人ぞ知る「選挙ライター」の畠山さんの本です。
タイトルに惹かれて読んでみました。
と言うのも、ぼくも選挙が大好きなんですよね。もちろん棄権したことは一度もありませんし、国政選挙の選挙速報は深夜まで見ないと気が済みません。

で、この本ですが、ぼくは現場からのルポルータジュと思って読み始めました。しかしそういう本ではなく、著者の感想・意見・主張が主旋律となったエッセイという色合いの濃い作品でした。
選挙漫遊記という言い方は、まさにその通りでしょう。
大変おもしろく読みましたが、著者の主張のくり返しがちょっと目立ち、もう少し編集の工夫があってもよかったように感じました。

この本の中のすべての選挙で最も興味があったのは、維新の会が仕掛けた大阪都構想の住民投票です。
ところが、この章はページ数が少なくて、僕としてはもっと読みたかったなという感じです。
維新の会が都構想にかけたこれまでの費用は100億円なんだそうです。
民主主義にお金がかかることは分かりますが、政治は結果責任です。2回も否決されたことを、政治家たちはどう思っているのでしょうか?
本来、住民投票とは民意を汲み上げ、可決にならなければいけない性質のものだと考えますが、どうでしょうか。

著者ならではのユニークな1冊です。畠山さんにしか書けないでしょう。
興味を持たれた方は、読んでみてください。