簡単アクセスカウンター
アクセスカウンター
パジャマネットパソコンサプライキッズ洋服成犬用フードチワワの服マタニティグッズおっきくなぁれ販売PCショップベビー服販売PCアプリ

小池百合子は悪くない2017年10月03日 14時51分52秒

小池さんはウルトラ右翼の超国家主義・国粋主義者ですから、今の混乱は別に驚くに値しません。昔から何も変わらないということです。
では、小池さんと前原さんの間でどういう話し合いがあったのでしょうか?
これは誰にも分かりません。お互いが相手の言葉を自分の都合良いように解釈していたのかもしれません。
いずれにしても民進党は無血開城した訳ですから、小池さんに踏み絵を踏まされるのは仕方ないとも言えるし、小池さんとしては筋を通したとも言えます。ただ、この際の小池さんの言動は極めてサディスティックでした。

一番の問題は、「安保法制を適切に運用する」という誓約書にサインして希望の党に入党する元民進党議員たちです。
あなたたちは、安保法制は憲法違反と言っていたのではないか?
政治家として最も大事な思想的土台を180°ねじ曲げるのか?
そういうのを変節というのではないか?
人間として恥ずかしくないのか?

こうした人間が100人以上集まった希望の党などに未来はありません。政治的信条を票欲しさで失った心の奴隷の党です。
ぼくは死んでも希望の党には投票しません。
節を曲げる人間というのは、人として最低です。
医学や科学の世界で大きな成果を挙げた人というのは、自分の信じた道なき道を、己の心の声に従って何年も何10年も努力してきた人です。
そうした人が、人々の幸福や福祉に貢献している訳です。

何の志もなくただうまく立ち回っただけで大学の教授になったような人は、本人だけがいい気になっているもののは、周囲からは尊敬されず、自己満足と保身に生きるだけです。
そこで何かの地位を得たとしても、歴史の評価に耐えることは決してありますまい。
それはどの世界でも同じことです。
今回、選挙で風に乗って議員になれたとしても、数年後にはまた変節することになるでしょう。
こういう生き方をぼくは嗤います。

性的マイノリティーへの差別は根深い2017年10月01日 22時53分30秒

過日、フジテレビの「とんねるずのみなさんのおかげでした」という番組で、「保毛尾田保毛男」というキャラが登場したそうです。
その放送は、ゲイの人を「ホモ」という蔑称で笑い飛ばす内容だったそうです。
翌日、フジテレビの社長が抗議を受けて謝罪したそうですが、それだけで一件落着なんでしょうか?

近年、LGBTへの理解が深まったと言われています。それはその通りでしょう。しかし差別はまだまだ相当根深いと言わざるを得ません。
こうした差別を単なる無知と片付けることはできません。
無知は偏見になり、偏見は人を殺すからです。殺すというのは比喩ではありません。歴史を見れば、差別されてきた少数者が多数派によって実際に殺されてきたことは明らかです。
差別は人を殺すのです。

歴史の進歩とは何かというと、それは不条理な苦痛を超克していく人間の理想主義の姿です。
あらゆる差別は薄皮を一枚ずつ剥がすように、減殺される方向に向かっていきます。

ですが、障害者差別・民族差別・被差別部落への差別・性的少数者への差別はまだまだ残っています。
こうした差別に対して総論で批判してもほとんど意味はありません。
批判は常に具体的で個別的でなければ効果がありません。
要は当事者に骨の髄まで分からせる必要がある。

とんねるずの番組は、企画・撮影・編集・放映までの過程でものすごい数の人たちが関わったはずです。
誰も疑問に思わなかったのでしょうか?
もし、誰かが疑問に思ったのであれば、なぜ、放映を止められなかったのでしょうか?
フジテレビは放映に至る過程をすべてつまびらかにし、関わったすべてのスタッフの責任を問うべきです。
そういう具体的な「行動」こそが、差別を乗り越える道であり、実際の反省の証です。
フジテレビの社長が本当に謝罪したいのであれば、社会に向かって反差別のアクションを身を以て示す必要があります。

日航123便墜落の新事実 目撃証言から真相に迫る(青山透子)2017年09月29日 15時17分43秒

日航123便墜落の新事実 目撃証言から真相に迫る
これは驚異的な本でした。
最初から最後まで何を言っているのか、ほとんど理解できませんでした。よく本として成立し、一流の出版社から上梓できたと驚きます。
ま、どうやら日航機は御巣鷹山に事故で墜落したのではなく、ミサイルで撃ち落とされたという陰謀を書きたかったようです。
別にそういう内容の本を書いても構わないのですが、いくら何でももうちょっとまともな文章に仕上げることはできなかったのでしょうか?
ノンフィクションを書くということを、見下していますね。

がんになる前に乳房を切除する 遺伝性乳がん治療の最前線(小倉 孝保)2017年09月27日 15時28分10秒

がんになる前に乳房を切除する 遺伝性乳がん治療の最前線
アンジェリーナ・ジョリーが予防的に乳房と卵巣を摘出したので話題になりましたね。
日本では多くの人が驚いたと思いますし、やり過ぎだと感じた人もたくさんいたでしょう。
しかし本当にあれはやり過ぎだったのでしょうか?
それはやはりがん家系の当事者になってみないと分からないでしょうね。
おまけに、がん抑制遺伝子のBRCAに変異があれば、当事者にとって自分の乳房は恐怖の対象でしかないでしょう。
実は小児外科にも似たような病気があります。
それは家族性大腸ポリポージス。この病気はがん抑制遺伝子APCの変異で発症します。親から子へは1/2の確率で変異遺伝子が伝わります。
変異遺伝子を受け継ぐとほぼ100%、大腸に100個以上のポリープが発生し成人になるまでに必ず癌化します。
ぼくは家族性大腸ポリポージスのお子さんを治療した経験があります。
ポリープが数え切れないくらい大腸に発生していましたので、ぼくは3つの治療法を保護者に示しました。
1 大きなポリープだけを内視鏡で摘出し、毎年内視鏡を継続する。
2 大腸をすべて摘出し、直腸と吻合する。直腸からポリープが発生する可能性があるので、毎年内視鏡を行う。
3 大腸をすべて摘出し、肛門と吻合する。ポリープはもはや発生しないが、1日に何度も便が出る。
つまり、アンジェリーナ・ジョリーの予防切除と似ている訳です。
ぼくは2か3を強く勧めたかったのですが、家族が選んだの1でした。大腸全摘には踏ん切りが付かなかったのかもしれません。

さて、本書は、アンジェリーナ・ジョリーよりも前に乳房予防摘出をした女性のドキュメントと、遺伝性乳がんの治療の最前線を報告した解説からできています。
たしかにこういう書き方もあるかもしれませんが、もしぼくは筆者だったらまったく違った構成にしたと思います。

近い将来日本でも、「遺伝性乳がん卵巣がん症候群」という病名が確立されて、予防的切除が保険適用になると予測します。おそらく間違いないでしょう。

久米宏です。 ニュースステーションはザ・ベストテンだった(久米 宏)2017年09月26日 14時31分29秒

久米宏です。 ニュースステーションはザ・ベストテンだった
これも面白くて一気に読んでしまいました。
久米さんが自分で書いたのかどうか知りませんが、すくなくとも久米さんが語る言葉の数々は大変魅力的でした。
副題の意味は、本文中にその説明はあるものの、ちょっと意味が分かりにくかった。
商業的な面からこの副題を選んだのかもしれません。
生放送による番組は生き物(いきもの)、言葉は生もの(なまもの)とつくづく感じます。
センスと努力で新しい時代を切り拓いたのですね。
「乗りかかった舟は、漕がねばならない」。
良い言葉じゃないですか。
僕の母校の大先輩は、
「始めることが半分、続けることが半分」と言いました。同じ意味なのかなと感じました。

"蒙古の怪人" キラー・カーン自伝(キラー・カーン)2017年09月24日 21時45分09秒

"蒙古の怪人" キラー・カーン自伝
いや、実に面白い本でした。あっと言う間に読んでしまった。
もちろんこの本は本人が書いたものではないでしょう。
しかし、キラーカーンが「口述」したことは間違いありません。
その「口述」が大変よかった訳です。
相撲の世界からプロレス入りし、前座レスラーから全米のメインエベンターにまで登り詰めるまでの人生が語られています。
そこには驕りはなく、プロレスとは「人間性」が何より重要であると述べられています。
従ってキラーカーンがプロレスを引退した理由も、同僚の「人間性」に嫌気がさしたから。
カーンがレスラーの巧さを論じるときに必ず持ち出すのが、相手の技をちゃんと受ける(痛いことをアピールする)か否かです。
そういう意味で、馬場・猪木・アンドレは一流で、長州・鶴田は評価できないとなるのですね。
確かに、真剣勝負ではないプロレスにおいて自分の強さだけをアピールするレスラーは人間的に立派とは言えないでしょう。
キラーカーンは若い頃の自分を神経質だったとくり返し述べていますが、そういう繊細さはリング上から見て取れました。
優しい人だったのだと思います。
現在は新大久保で「居酒屋カンちゃん」を経営しています。
一度呑みに行こうかな。

売春島 「最後の桃源郷」渡鹿野島ルポ(高木 瑞穂)2017年09月23日 22時55分19秒

とてもよく取材しているなと感心しました。
21世紀のこの日本で、こうした島が残っているなんてと思いながら読み始めましたが、現在では風俗産業は風前の灯火だそうです。
活況があった頃にこの本を書いていたら、また違った出来栄えになっていたと思います。
ただ、多くの関係者が口を開いてくれた理由は、風俗が凋落してしまい過去の事になりつつあるからでもある訳です。
今だから書けたのかもしれません。
地方の文化を記録した貴重な一書になっています。

出生前診断、受けますか? 納得のいく「決断」のためにできること (健康ライブラリー) NHKスペシャル取材班, 野村 優夫2017年09月22日 22時15分29秒

出生前診断、受けますか? 納得のいく「決断」のためにできること
あまり期待しないで読みましたが、大変良くできた本でちょっと感動しました。ただ単に出生前診断の解説にとどまっておらず、検査をうけた家族のルポルタージュにもなっています。
筆者はとてもニュートラルな立場から、家族の思いを大事にしながら筆を進めています。
こうした書き方は簡単なようで実はかなり難しい。
僕自身は障害胎児を診断して中絶するという行為に対して、それは倫理的に問題があるのではないかという立場を取っています。
そう、確かに総論としてその通りなんです。
しかし各論として、それぞれのご家族の悩みや葛藤を知ると、単純にそれを否定するのは間違いだとも思ってしまうのです。

そもそも僕はそんなことを偉そうに言えない人間で、自分が30代の頃は、自分には障害児は育てられないと思い込んでいました。
ところが30歳後半で我が家は死産を経験し、そこから命の萌芽について真剣に考えるようになりました。
「運命の子」や「呼吸器の子」に出会い、考え方が大きく変わりましたが、今度は自分が老人になり、自分の寿命を意識し始めると、重い障害を持った子どもを授かる意味が自分の中でまた変わってきます。
ま、この年齢でこれ以上子どもは増えませんが。

命を選ばないという生き方を選ぶという考え方がある一方で、健常児を授かって未来予想図のままに生きたいという考え方もあります。それを決めることは大変困難でしょう。
そう言えば、僕が研修医の頃、脊髄髄膜瘤の赤ちゃんが生まれると、この病気を手術できる唯一の小児外科医であるX先生は、親に向かって「手術を受けるか? やめるか?」と迫っていました。そして手術を受けるなら、「親としての人生は無いものと思え」と念を押していました。
つまり一生を我が子の介護(ケア)に尽くす意志が無ければ手術はしないと言っていたのです。ちょっときつい言い方ですね。

ぼくは10月5日から読売新聞オンライン・ヨミドクターで新連載を始めます。タイトルは、「いのちは輝く〜障害・病気と生きる子どもたち」です。
硬く言えば生命倫理について、やさしく言えば、か弱い命のをどう守っていくかについて書いていくことになります。
そこでは一方的な立場から論を立てることはせずに、正解のない答えを探し求めていくことになります。
本書はその連載の参考になる大変素晴らしい作品でした。

なお、この本の巻末参考書籍に「運命の子 トリソミー」がリストアップされていました。うれしいです。

福島第一原発 1号機冷却「失敗の本質」 (講談社現代新書) NHKスペシャル『メルトダウン』取材班2017年09月20日 22時34分56秒

福島第一原発 1号機冷却「失敗の本質」
今になって新しい事実が続々と明らかになることに驚きます。
この本の趣旨は、原発事故のような大きなアクシデントが将来発生してもそれに対処できるように、福島原発事故の失敗の本質をあぶり出すことにあるのでしょう。
そういう意味では、細かい事実の積み上げを丁寧におこなった大変な力作だと思います。
ただ大雑把に言ってしまえば、要するに、東電にはこの事故は「想定外」だったので、何の対応対策も事前に考えていなかったということに尽きると思います。
各論で言えば、「ほーれんそー」ができていなかった。
事故対応を個人の力量に頼る根性論・精神論になってしまったのでしょう。
また余りの東電の対応のひどさに、官邸が介入してきた。これもよくなかった。政治家は事故対応をしながら、同時に政治判断をしますからね。
要するに、東電には原発事故に対応する力がなかったということです。
故郷を失った福島に人たちのことを思うと、事故に対応できなかった人たちに対する怒りがあらためて湧いてきます。

がん治療革命の衝撃―プレシジョン・メディシンとは何か (NHK出版新書) NHKスペシャル取材班2017年09月18日 22時59分40秒

がん治療革命の衝撃―プレシジョン・メディシンとは何か
これは大変いい本でした。医療に興味のある人は、絶対に読まなくてはいけない作品です。
現代のがん治療の最前線が分かります。
僕が大学で小児がんの研究をしていた頃は、「オーダーメイド医療」と言っていましたが、現在では「プレシジョン医療」と言います。
オーダーメイドはむしろ言い過ぎで、プレシジョン=最適な医療を目指す訳です。
思えば肺がんに対してイレッサが登場した時、僕は同世代の研究者たちの研究成果の集大成が日の目を見たと感じました。
ところがイレッサはそれほど効果を示さず、間質性肺炎という副作用で命を失う人が続出しました。
しかしここが新たな出発点でした。
肺がんの中でもEGFR遺伝子に変異のある人を選んでイレッサを投与するという道へ進んだのです。これがプレシジョン医療の始まりだったのかなと僕は思います。
基礎研究というのは、一見無駄に思えても地道に煉瓦を一つずつ積み重ねるような作業です。しかも個人の研究は一つの煉瓦に過ぎません。
しかし最先端のがん医療を知ってみると、30年前に僕がやっていたこともその中の煉瓦としてしっかり役だっていたと分かります。あの時代、がん研究に参加して本当によかった。
がんの研究と治療はこれから益々「面白い」時代に入っていくと思います。
人材はまだまだ足りません。医学部や薬学部に入って最先端がん医療に貢献するというのは、やり甲斐のある人生の道の一つだと感じます。
若者よ、道なき道を進め!