簡単アクセスカウンター
アクセスカウンター

人類の起源-古代DNAが語るホモ・サピエンスの「大いなる旅」(篠田 謙一)2022年11月16日 17時42分28秒

人類の起源-古代DNAが語るホモ・サピエンスの「大いなる旅」
今年のノーベル賞で話題の古代ゲノム解析による人類の起源についてです。
圧倒的な情報量があって、話も単純ではありませんから、はっきり言って読むのに時間がかかりました。
一般書と科学書の中間のような本です。
図譜も添えられていますが、もっと多くてもいいかなと思いました。
新書に詰め込むこと自体が少し窮屈だったかな。それくらい「濃い」作品でした。

かつての人類学は化石研究に基盤を置いていました。しかし時代は変わり、次世代シークエンサーが使われるようになりました。
古代骨からDNAを抽出し(これはかなり難しいはず)、PCRで増幅し、NGシークエンサーで大量に読む訳です。
これはもう、学問の根本がひっくり返ったようなものです。

この本の内容と関係ありませんが、なぜ、ホモ・サピエンスはアフリカを出たのでしょうか?
危険だし、地域によっては環境が厳しいですよね。
イヌイットの生活なんて本当に過酷だと思いますが、われわれの祖先は地球上に広がって行かなければ気が済まなかったのでしょうか。

現在、ベストセラー。おもしろい本とは言いませんが、読むべき価値のある本と言えます。
ぜひ、どうぞ。

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

名前:
メールアドレス:
URL:
コメント:

トラックバック