アクセスカウンター
アクセスカウンター

不毛地帯(一~五)山崎 豊子2023年11月05日 15時11分09秒

不毛地帯(一~五)
大宅賞の選考委員を辞めたので、自由にどんなジャンルの本でも読めますから、気が楽です。
山崎豊子さんは『白い巨塔』で超有名。同書が優れている理由は、想像を絶する取材の深さにあります。
医者でも書けないような医療界の内幕を、医者ではない作家さんが書いたというのは驚異的なことです。

で、今回、山崎さんの『不毛地帯』を読んでみました。全5巻です。
不毛地帯の原点は、シベリアです。主人公は11年にわたって抑留生活を送るんですね。
それがもう壮絶。こんな残酷な世界があるのかという地獄が描かれます。
はっきり言って読むのがつらかった。
これが1巻のほとんどすべてですから、これでもか、これでもかと厳しい描写が読者に迫ってきます。
ここの部分は無くてもよかったのでは? と思います。

帰国した主人公は、商社に請われて入社します。まったくの素人の彼が、元大本営参謀という知力を生かし、次々に大型プロジェクトを成功させます。
その間、会社内で人間関係の軋轢(要は嫉妬)があり、それでも彼はNo.2の位置まで上り詰めます。

最後の大仕事は油田の開発です。イランに井戸を掘るわけですが、これは博打のようなもの。油が出なければ、何十億という金が消えますし、当たれば巨万の富を手にいれることができます。
井戸を掘ると言っても簡単なことではありません。政官財界に、ときにはダーティーな金を使って根回ししなければなりません。

果たして油は出るのでしょうか。そして本当の最後の大仕事とは何でしょうか。
会社を生かすためには、会社を根本的に変える必要があります。
そこで主人公は驚くべき行動に出る・・・と言いたいところですが、ま、予想はつきました。
会社を人で動かしてはいけない。組織で動かさないとダメ。
もちろん現代にも通じる原理です。

しかしまあ、ビジネスの世界をよくここまで取材したものです。驚くというほかに言葉が見つかりません。
特に油井を掘る場面は、専門用語が続出して、映像がちっとも頭に思い浮かびませんでした。
でも雰囲気はとてもよく分かったし、イランの砂漠という不毛地帯の迫力は十分でした。

全部でおよそ3000ページ。一気読みの面白さでした。
サンデー毎日に連載し、5年かかったそうです。
今って、こういう作家さんはちょっといないのではないでしょうか。
大満足の作品でした。

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

名前:
メールアドレス:
URL:
コメント:

トラックバック