簡単アクセスカウンター
アクセスカウンター
パジャマネットパソコンサプライキッズ洋服成犬用フードチワワの服マタニティグッズおっきくなぁれ販売PCショップベビー服販売PCアプリ

猪木、死す2022年10月02日 19時04分36秒

猪木、死す
猪木を初めて見たのは、小学生の頃です。
馬場と猪木のいわゆる BI 砲ですね。子どもだったので、夢中になって見ました。
しかしぼくの父がプロレスが大嫌いで、父のいるときはテレビ中継を観ることができませんでした。
父は学歴のない人間で、小学生の頃から働いてたようです。決してインテリではないのですが、「まがい物」を見る目はちゃんとあったようです。

興味はあってもプロレスを観ることはできず、ある日、本屋で雑誌『ゴング』を立ち読みしていたら、猪木が日本プロレスを追放されたことを知りました。
ここから10年弱プロレスから遠ざかります。

高校生のときに、電車の中で、東京スポーツ(プロレス新聞ですね)を読んでいるおじさんがいました。
なんでもタイガー・ジェット・シンという悪役レスラーが坂口征二の腕を折ったとか、なんとか。ストロング小林の腕だったかな?
ぼくは、まじか! と思ってテレビを観るようになりました。
そう当時の「過激なプロレス」ですね。
いや、興奮しましたね。こんなに進化しているのかと驚きました。

この頃のプロレスは、「決め事」とそこをはみ出るギリギリの闘いが、ファンを引き付けていました。もちろんショーなのですが、一級品のショーでした。
また同時に猪木は格闘技に強い関心がありました。
1976年にモハメッド・アリと闘ったことで、猪木の名前は世界中に轟きました。特にイスラム圏では大人気だったようです。

ぼくが大学に入ったころ、猪木プロレスは頂点だったと思います。テレビ中継の視聴率は20%を超えていました。
IWGP 構想というのがありました。要は誰が一番強いのか、それを決めようという大会です。
具体的には、アンドレ・ザ・ジャイアント、スタン・ハンセン、ローランド・ボック、そして猪木。この4人のうち最強は誰かを示そうという企画でした。結局企画倒れに終わるのですが、最強伝説の夢がそこにはありました。

大学でぼくは、友人とプロレス雑誌(ガリ版印刷を綴じたもの)を作りました。雑誌名は『ボストン倶楽部』といいます。
なかなか洒落ているでしょ?
それくらいプロレスが好きでしたね。

猪木が撒いた種は、日本に総合格闘技という果実に実りました。日本人って本当に闘いが好きなんだと思います。
猪木は生涯に何度かシュートマッチ(真剣勝負)をやっています。
モハメッド・アリ、パク・ソンナン、アクラム・ペールワン。これらは命懸けの闘いでした。総合格闘技と違って「タップ」がありませんから、最悪、目を潰されたり、腕を折られたりします。
そういう意味で、猪木は命を懸けた闘いをした人とも言えます。

政治家になってからはスキャンダルもありましたが、イラクから日本人人質を解放して日本に連れて返ってきたのは、実にすごかったとしか言いようがありません。
常識から離れた破格の人だったと思います。

晩年は本当に痛々しかった。ゆっくり休んでくださいね。
ぼくの人生の中で最も忘れられない一人です。
ありがとうございました。
1、2、3、ダー!!

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

名前:
メールアドレス:
URL:
コメント:

トラックバック