簡単アクセスカウンター
アクセスカウンター
パジャマネットパソコンサプライキッズ洋服成犬用フードチワワの服マタニティグッズおっきくなぁれ販売PCショップベビー服販売PCアプリ

日本共産党-「革命」を夢見た100年(中北 浩爾)2022年06月18日 21時16分42秒

日本共産党-「革命」を夢見た100年
これは読み応え十分でしたね。
新書で400ページを超える作品はなかなかありません。
ただ長いだけでなく、密度もぎっしりという感じでした。100年の歴史を丁寧に辿り、共産党が目指してきたものを時代の変遷と共に描いています。

若い人なんか伊藤律という政治家は知らないと思います。中国で投獄されて、その後、29年ぶりに日本に帰ってきた人です。
空港からの中継がテレビで流され、車椅子に乗った伊藤律さんの姿が映し出されました。あれは、1980年。ぼくがまだ高校生の頃です。

共産党の歴史は初期の頃から内部対立の繰り返しだったことがよく分かります。
民主集中制を守り通したのは、そうした党内の分派行動を抑えたかったのでしょう。
しかしながら、共産党が広範な支持を得られなかったのも民衆集中性にあると思います。
民主と集中は併立する概念ではないですからね。
自民党が強いのは、超右翼から比較的リベラルな人まで広く含んでいるからでしょう。
そういうところは、共産党とか立憲民主党は悪い意味で真面目ですよね。

しかしこれだけの本って一体どうやったら書けるんでしょうか。
ぼくには一生かかっても到底無理です。
やはり学問を修めるということは素晴らしいですね。
こうしてアウトプットできるのですから。
2022年の新書大賞を取るかもしれませんね。
おススメの大作です。ぜひ、どうぞ。

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

名前:
メールアドレス:
URL:
コメント:

トラックバック