簡単アクセスカウンター
アクセスカウンター
パジャマネットパソコンサプライキッズ洋服成犬用フードチワワの服マタニティグッズおっきくなぁれ販売PCショップベビー服販売PCアプリ

医者ってダメな職業だね2022年06月11日 16時54分58秒

本日、4回目のコロナワクチンを打ちに集団接種会場へ行ってきました。
経験した人は知っていると思いますが、何ヵ所も受け付けみたいなのがあります。
対応しているのはおそらく千葉市の職員でしょう。みなさんが大変丁寧で、患者(利用者)にとって分かりやすく、本当にありがたいです。
土曜日なのに休日返上でしょうか。お疲れ様です。
いくつもの「関門」をくぐり抜けて、ようやく医師の予診室に入ります。
するとそこには、ぼくと同じくらいかやや若い女性医師がいました。
ちょっと椅子にふんぞり返るような感じで。おまけにスマホをいじっているし。
「体調どう?」
「この前の接種はどうだった?」
「何か質問ある?」
こんな言葉が飛んできます。小さな声で。

あのね・・・あなたぼくより年下でしょ?
それにぼくは患者(利用者)ですよ。
何で敬語を使わないの?
ぼくはクリニックで自分より30歳も若いお母さんたちに敬語を使って会話していますよ。
ああ、この年代の医者はダメだな。
ちゃんとした教育を受けていないな。

30代〜40代のお医者さんは患者を「患者様」という言葉で育った世代です。
この「患者様」という言い方は、やり過ぎという批判が起きて現在はあまり使われなくなりました。
ぼくもやり過ぎと思います。
しかしながら医学教育においてはいい面もあって、この言葉で育った医師は、やはり患者さんに対して丁寧だとぼくには映ります。

ぼくより上の世代となると本当に最悪で、患者さんを明らかに見下す人がたくさんいます。
だから50〜60歳くらいの医者が分岐点で、それ以上はタチが悪く、それ未満は患者さんに優しいように思います。
また一般的に、勤務医の方が開業医よりも態度が悪いと思います。
なぜなら・・・ちょっと下品な話ですが、開業医は患者を診れば診るほど自分の収入が増えます。一方、勤務医は患者が多くても給与は増えず、忙しい思いをするだけです。つまり患者という存在が面倒臭い。
病院の経営なんて考えませんから、丁寧な対応をして患者を増やそうなんて発想はありません。
つまり殿様商売です。

ぼくは、医者は変に患者さんにへりくだる必要はまったくないと思いますが、医者とは患者を診ることにおいてのみ、存在理由があるのですから、丁寧に患者さんに接するのはイロハのイだと思っています。
お医者さんは誰のおかげで自分の生活が成り立っているのか、よく考えましょう。

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

名前:
メールアドレス:
URL:
コメント:

トラックバック