簡単アクセスカウンター
アクセスカウンター
パジャマネットパソコンサプライキッズ洋服成犬用フードチワワの服マタニティグッズおっきくなぁれ販売PCショップベビー服販売PCアプリ

秘伝「書く」技術(夢枕 獏)2022年01月05日 23時02分19秒

秘伝「書く」技術
「書く」技術に興味があり、読んでみました。
ただ、「書く」とは「小説を作る」技術のことであり、文章論ではありませんでした。
ベストセラー作家さんが、小説の作り方を指南する本ってけっこうあって、ぼくは好きでよく読みます。
ですのでこの本も結果としておもしろかったし、読んでよかったです。

でもね、獏さんの本を読んでベストセラー作家になれる人なんて、この世の中に数えるほどしかいない訳ですよ。
1年に1人いるかいないかという感じでしょう。
東大の医学部を出て医者になるよりはるかに難しい。
だからそういう妄想は抱かないほうがいいと思いますよ。
目指すなら、ぼくを目指してください。本業をしっかりと持っていて副業として本を書く。
ぼくはこれまで13年間に14冊の本を書きました。印税とか、賞金を合わせると、メルセデスベンツを何台も買える金額です。

いま医療情報サイトの m3.com に『開業医をやりながら作家もやってみた』という連載をやっています。
なかなか好評らしく、先日、編集部が特別回を企画してくれて、読者の声を募りました。
するとお医者さんで本を書いてみたいという人がけっこう多いんですよね。
実際ぼくの友人で「自分も書きたい」と言う人がいます。医者と物書きって相性がいいのかもしれません。

目指すなら、夢枕獏ではなくて「ぼく」でしょ?(笑)
ぼくくらいの物書きならば誰にでもチャンスがあります。
そういう指南書を書こうかな。タイトルは・・・そうだな、『非ベストセラー作家入門』。どうでしょう? どこかの出版社が出してくれないかな。

それにしても『餓狼伝』はどうなっているのかしら。新刊が出ているなら読んでみようかな。
やっぱりおもしろいですよ、獏さんの小説は。

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

名前:
メールアドレス:
URL:
コメント:

トラックバック