簡単アクセスカウンター
アクセスカウンター
パジャマネットパソコンサプライキッズ洋服成犬用フードチワワの服マタニティグッズおっきくなぁれ販売PCショップベビー服販売PCアプリ

牧師、閉鎖病棟に入る。(沼田 和也)2021年08月29日 21時49分52秒

牧師、閉鎖病棟に入る。
タイトルに惹かれて読んでみました。
閉鎖病棟とは、もちろん精神科病院の中の鍵のかかった病棟のことです。
脱走の恐れがあるとか、自害の恐れのある患者さんが入ります。
したがって牧師さんはどれほど重篤な精神疾患があって、それをどう筆で表現するのかに最大の関心がありました。
ところが、病名はアスペルガー障害。
まじですか?
そんなことで入院するわけないでしょ?
これはどういうことでしょうか。

ぼくは仕事柄、統合失調症の人にも鬱病の人にも会ったことが何度もありますが、ふつうは外来治療ですよね。
どうにも納得がいきません。
ただ筆者はキレやすい人であることは間違いないようで、自分のことをエキセントリックに○チガイと叫んでいました。
こういう文章を載せるのは、どうなんでしょう。
読んでいてますます訳が分からなくなりました。
ただこの本は文章もよく、病棟で出会った人たちのことも丁寧に描写しています。そういういい部分もありました。
ただ、閉鎖病棟がまるで刑務所のようになっていて、50年も入院している人がいるとか聞くと悲しくなります。
すべての患者さんが外来治療できるようになるといいですね。

あとこの本は紙が硬く、ページをめくるのに苦労しました。
そこは読みにくかったかな。

コメント

トラックバック