簡単アクセスカウンター
アクセスカウンター
パジャマネットパソコンサプライキッズ洋服成犬用フードチワワの服マタニティグッズおっきくなぁれ販売PCショップベビー服販売PCアプリ

報道の自由がない国、韓国2015年07月02日 22時53分10秒

パク・クネ大統領の批判記事を書いて、産経新聞のソウル支局長が在宅起訴となり出国を停止されたのは記憶に新しいでしょう。
権力者の批判を書いてはいけないなんて、とんでもないことです。
言論の自由とか報道の自由というのは、ジャーナリストが権力を監視するために存在する権利です。
民主主義の背骨と言ってもいいでしょう。
韓国はこうした態度をとることによって、世界から低い評価を受け、国際的に名誉ある地位を取ることができません。
本当に恥ずかしいことです。

これは僕の私見ではありません。
「報道の自由度ランキング」というものがあります。
世界180の国と地域ををランク付けしたものです。
韓国はこの中で、なんと60位です。

そして我が祖国・日本。
日本の順位は61位です。
そりゃそうですよね。
自民党議員の態度を見ていれば深く肯くことができます。
気に入らない新聞は「つぶせ」という立場ですからね。

で、自民党が本気で反省しているかというと、全然そうではない。
麻生さんなどは、「応援のつもりかもしれないが、足を引っ張っている」と。
つまり、世論を敵に回すなと言っている訳ですね。
「自由」の意味、「民主主義」の意味が理解できないのですね。
「不自由非民主党」ですね。

イタリアなどでは、政治家という職業そのものが尊敬されていないと本で読んだことがあります。
日本はどうですか?
みなさんには、尊敬する政治家はいますか?

マンガ1枚でテロとの戦争2015年01月14日 16時26分26秒

フクシマ原発事故で相撲が五輪種目に!
フクシマ原発事故で相撲が五輪種目に!

こんな台詞と共に、奇形の力士を描いた風刺画。
なぜこういう絵を公表しなければいけないのか理解に苦しみますが、とにかくフランスには「風刺」という文化がある。
本来、風刺というのは権力批判であるとぼくは思っていたのですが、筒井康隆さんの「無人警察」問題の時も、てんかん患者さんへの差別ではないかという指摘に対して、筒井さんは「風刺」であると開き直っていました。

どうもフランスの風刺とは、タブーの度合いが強いものを茶化す程、高く評価されるような風潮があるように思えます。
だから権力批判は関係ないようです。

だったらそんなことは国内でやって欲しい。
原発事故で塗炭の苦しみを味わっている人を傷つけて何が面白いのか。
預言者ムハンマドを笑って何が嬉しいのか。
他国の人間の心の中に土足で入ってきて欲しくない。

フランスの首相は「テロとの戦争」を宣言しました。
戦争とは、お互いに殺し合いをすること。
マンガ1枚で戦争ですか? 戦争を開始するほど大事なことがマンガに描かれていたのでしょうか?

「侵してはいけないことがあるから自由が尊重される」のだと、昨日、Facebook 上で友人からコメントをもらいました。
本当にその通りだと思います。

今日の朝日新聞には「風刺か侮辱か」という特集記事がありました。
テロに走らなくても、全世界13億人のイスラム教徒にとって、あの風刺画は「侮辱」でしょう。
フランス人記者は「犯人はユーモアセンスを失っていた」とコメントしていましたが、どうやら彼らは他人を侮辱しても、そのことに気づかないようです。

なお、このフクシマの風刺画を描いた画家は、今回の襲撃事件で殺害されています。
殺されるリスクを十分に承知していながら、宗教風刺画を描く心理はやはり理解しにくい。
彼は殺されるべきじゃなかったし、殺人者を挑発すべきじゃなかった。

今後、欧州では宗教対立や移民排斥が益々強まると思いますが、西欧中心主義・キリスト教中心主義的な傲慢さが、これらの風刺画に透けて見えるのはぼくだけじゃないと思います。
まったく不毛な「テロとの戦争」です。

「言論の自由」という高尚な話ではない2015年01月13日 19時52分34秒

ぼく自身は宗教を持っていないし、宗教に詳しい訳ではありません。
しかし宗教とは何かということは、長年医者をやっていると何となく理解できます。
生きる意味を徹底的に問い詰めるのが哲学ならば、死の意味を理解してその恐怖を乗り越えるのが宗教ではないでしょうか?

ぼくはこれまでに100人くらいの子どもの死を見てきたので、死は恐怖でないと知っています。
ですが、そういう人生を歩んでしまう人間はめったにいなくて、やはり人にとって最大の恐怖の一つが「死」でしょう。あるいは死後の世界かもしれない。

そこで、その恐怖を乗り越えるために編み出されたものが宗教だとも言える。
宗教に殉じて死ぬ人がいるのは、来世で幸福になれるからと信じているからです。
イスラム原理主義者の自爆テロもまったく同じコンテクストです。

今から20年くらい前に大学病院に小児がんの子どもが入院してきました。全身にがんが転移していましたので、予後は相当に厳しい状態でした。
ですが、当時の医療レベルであってもおよそ3人に1人くらいの確率で転移性の小児がんは治癒していました。
そのためには毎月抗がん剤を投与し、放射線治療をおこない、手術もします。
抗がん剤を使えば副作用で、赤血球や血小板が低下しますので、頻繁に輸血が必要となります。
そういった説明をしたところ、ご両親は治療を拒否しました。
家族は「エホバの証人」だったのですね。

エホバの証人をカルトだと切って捨てる人もいますが、それは言い過ぎでしょう。
あくまでもキリスト教の一つの宗派です。
エホバの証人にとって、輸血を受けることは神の教えに背くことですから、「死」よりも残酷で辛い。
天国に行けなくなってしまうのです。

ですから、彼(女)らは、肉体的な「死」を選びます。
この小児がんの家族も同じでした。
輸血は絶対に受け容れられないと主張し、結局、治療を受けずにこの子は退院していきました。
あの病状を考えれば数ヶ月の余命だったと思います。
年端もいかない子どもの心(宗教)を無視して、親が決めても良いのかというのは、もちろん大問題なのですが、ぼくが言いたいのは、宗教を持っている人の心の中に手を突っ込むことには無理があるということです。

イスラム教にはイスラム教の厳しい戒律があります。
偶像崇拝は禁止ですから、預言者ムハンマドの顔を描くことなどは許し難い冒涜となります。
ましてやそれをマンガという風刺画にして笑いものにすれば、自分の死を賭けてでも、反撃しようとする信者が出てくるのは当たり前の話です。
そんなことは欧米人であれば、誰でも知っている常識です。

だから、シャルリー・エブド紙は、警察から何度も警告を受けていた訳です。
この雑誌はくりかえしムハンマドを笑いものにしてきました(念のために書いていておくと、キリスト教もユダヤ教も笑いものにしています)。
なぜでしょう? 宗教界の不正や腐敗を暴くためでしょうか?
いえ、単に商業誌として「売れる」ためでしょう。

自分が信奉する神(預言者)が冒涜されたからという理由で、大量殺人が正当化されないことは誰にでも分かることでしょう。
だけど、こういう風刺画を掲載すれば、こうした事件が起こると誰もが知っていたのです。
警察も市民も雑誌社も。

日本は世界からは仏教の国に分類されることが多いようですが、ぼくはちょっと違うと思います。
かつて山本七平さんが指摘したように日本は「日本教」の国で、やはり最も敬愛されている人は天皇ではないでしょうか(神道とはちょっと意味が違う)。
かりに中国の雑誌社が、天皇を笑いもののするマンガを繰り返し掲載すれば、いつか大きな事件が起きるのではないでしょうか?
その時に、中国人が「言論の自由を守れ」と大声で叫んだら、私たちは大変な違和感を覚えるのではないでしょうか?

週刊シャルリー・エブドは、発行部数6万部だそうです。
ところが事件を受けて、来週号にはまたもやムハンマドの風刺画を掲げ、25カ国に300万部を売るそうです。
あらたな事件が起きないか心配です。
フランスは「風刺」の伝統が強いことはぼくも知っていますが、資本主義丸出しの姿勢にはちょっと違和感があります。

フランスで「言論の自由を守れ」と370万人のデモ行進がありました。12人もの人がテロで殺されたのですからそれは当然でしょう。
しかしこういう状況はある種の危険が無いでしょうか?
言論の自由はどこまで可能か、宗教の自由とそれに対する帰依をどこまで尊重するかという問題について、370万人の人たちは冷静に語れるでしょうか?
こうなってしまうと、ちょっとした「戦争」ではないでしょうか?
そもそもの発端が「言論の自由」と言うには、レベルが低すぎると感じます。

世界には13億人のイスラム教徒がいます。
9・11後のアメリカのように、イスラムへの偏見と憎悪が燃えさかり、テロがテロを呼ぶようなことにならないことを祈ります。

追記)ドイツでは早速そうした対立が顕在化しているようです。「反イスラム」とその「反対派」、12万人がデモの応酬をおこなったそうです。
「言論の自由を守れ」は正しい。
「言論封殺のテロは許されない」は正しい。
そして、
「他人の宗教を冒涜してはいけない」も正しいと思いますよ。

壊滅! 次世代の党2014年12月21日 20時43分07秒

今回の総選挙で最もおおきな議席の変化があったのは、次世代の党でしょう。
ほぼ壊滅状態です。
当選した二人も、政策内容が受け容れられたというよりも厚い地盤に支えられたというところが本当でしょう。

ま、とにかく選挙中はウルトラ右翼発言を連発していたようです。
ところがネットでは、こういうのはウケるので、「いいね!」「いいね!」と言われて当選するつまりでいたんじゃないですかね?
蓋を開けてみれば大惨敗。

一番困っているのは総理大臣でしょう。
これからは、国会で自民党の誰かが右翼反動発言をして首相に「うん、その通り」と言わせるという猿芝居をする必要があります。
自民党の人たちだって馬鹿じゃないからそんなことはしたくないでしょう。

ネットでいくら威勢が良くても結局あの連中は国家を動かせる程の力はなかったということです(ぼくは、そんなことはわかっていましたが)。
超マイナーな存在だったということ。

ぼくはマイノリティーがダメとか悪いとか言っているのではありません。
誰が何と言おうとも歴史の歯車は少しずつ周り、反動勢力は必ず歴史に敗北するということです。

以前の東京都知事は、「死ぬまで憎まれたい」みたいなことを言っていました。
これは意訳すると、「ぼくちゃんを忘れないでね」というお願いです。
無理ですね。

株価が上がって大儲け!2014年11月28日 22時29分04秒

民主党がどんなにケチを付けようが、日銀の異次元金融緩和によって円安が誘導され、輸出関連企業を中心に株価が上がったのは紛れもない事実です。
国民のすべてではありませんが、株を保有する人は、株価が上がって大儲け。ウハウハ状態です。
ぼくもたくさん株を保有していますから、儲かって儲かって仕方ありません! と言いたいところですが、株の保有はゼロ。住宅ローンとクリニックのローンをまだまだ抱えています。

株を持っている方々。おめでとうございます。

だけどおかしくないですか?
あなた達は何か努力をしたんですか? 今まで以上に額に汗水垂らして倒れるまで働いたんですか?
そのそもその株はどうやって手に入れたんですか?
生まれた時から生家が大金持ちだったんですか?

ぼくは開業して9年になりますが、これまでまったく給料が上がっていません。
毎年、学会や研究会や勉強会に参加して、医療に関する知識を増やし少しでも質の高い医療行為を心がけています。
つまり経営努力をしている。
ところが医療費は国が決めますから、開業医がどれだけ努力を積み重ねても、そういったことは収入に全然反映されない訳です。

ま、それはいいとしても、何の努力もしない金持ちが株価が上がってさらに金持ちになるというのは、変じゃないですか?

日本は先進国の中で、アメリカに次いで貧困率が高い国です。
貧困は連鎖しますから、貧困の家庭に生まれるとかなりの確率で子どもも貧困となり、貧困な子どもは高学歴を積むことができませんから、貧困な大人になります。

日本の貧困率が高い最大の理由は、「生活保護」というシステムがちゃんと働いていないからです。
ワーキングプアという言葉があります。
懸命に働いても賃金が安く、生活保護に劣るという指摘です。
だから生活保護費を下げろという短絡的な議論になるのですが、生活保護よりも低い賃金で暮らしている人は、そもそも生活保護の対象者なんです。

日本は横並びの文化であると同時に、水に落ちた犬を叩く文化でもあります。
同じ同胞である「被差別部落」の人たちを差別する構造は、私たちの中の、「自分より下を作って見下したい」という心理が働いていると言わざるを得ません。この問題を克服できなければ日本は民主国家ではありません。

生活保護を受けている人を白い目で見る中流者は、明らかな差別者です。
こうした格差が今や完全に固定されようとしている。
日本の首相はぼくとあまり年齢は変わりませんが、資産はぼくの数10倍はあります。
なぜでしょう? 親にもらったからです。
そうした富裕層が益々栄えるこの日本というシステム。
国民の圧倒的な支持があるのだから仕方がないか。
ま、あと140年くらいはこのままなんでしょうね。

がんばれ日本! あと140年!2014年11月25日 23時56分15秒

「代表無くして課税なし」という言葉をググってみてください。
我が国の総理大臣は、衆議院解散を国民に告げる時、この台詞を使っていました。
ちょっと歴史を学んだ人間には「常識」と言っていい言葉でしょう。
彼はカッコつけてああいうこと言ったのだと思いますが、今の日本の「税と議会制民主主義」との間には何の関連もありません。
聞いていて、僕は顔が赤くなってしまいました。

私たちは本当に自民党が好きで、自民党に投票するのですが、自民党が公約に掲げたことを実行すると、国民は怒って内閣支持率が落ちたりします。
安倍さんは白紙委任状を取り付けようとしているのでしょうが、形式・手続きとしては正しいのですから、今回の選挙で自民党が勝てば(100%勝つと思います)、集団的自衛権の法整備が進み、原発が再稼働し、東北の復興は遅れ、大企業が潤うと思います。
株価もさらに上がるでしょう。
ちなみに日本の株を保有している人の3割は外国人です。

自分の意志を、選挙を通じて知らしめる、、、これが私たちには出来ていないように思います。
安倍さんの政策はことごとく国民の反対に遭っています。
ところが選挙で勝ってしまう。
受け皿が無いということかもしれませんが、これが民主主義のあるべき姿でしょうか?

我が国は、これまでに市民によって政権が倒されたことがない世界でも希な国です。
民主主義が、骨身に沁みるところまで分かっていないのかもしれません。

欧州で市民革命が起きたのは今から210年前。フランス革命ですね。
日本がアメリカから民主主義の一端を教えてもらったのが70年前。
その差は140年です。
日本もあと140年くらい経たないと、市民の一票で政治が変わる国にならないかもしれません。

がんばれ我が祖国!

自民党圧勝! 間違いなし2014年11月21日 22時45分48秒

これだけ、解散の大義がない、経済は潤っていない、秘密保護法には賛成しかねる、集団的自衛権の憲法拡大解釈は納得できない、原発の再稼働は反対だ・・・と多くの人が思いながら、やはり自民党は単独で絶対安定多数を獲得しそうです。
まるで、日本には自民党しかないかのようです。
なぜ、それ程までに自民党は人気があるのでしょうか?
やはり、民主党の不人気が甚だしいからでしょう。

民主党が失敗した理由は様々です。
鳩山さんや小沢さんがカネの問題で追及され、内閣支持率が落ちても民主党の政党支持率は下がりませんでした。
菅さんが首相になって、内閣支持率はV字回復。
ところが、菅さんが参院選を前にして消費増税を口にしてから、民主党の支持率が落ちます。

東日本大震災で、日本が一丸となって復興に当たらなくてはいけない時に、自民党が猛烈に政局をしかけました。
このネガティブ・キャンペーンはかなり堪えたのではないでしょうか?

そして野田さん。菅さんと同様に消費増税。
小沢さんは「財務省に丸め込まれた」と批判していましたが、その通りでしょう。

政権交代して「何かが変わる」と国民は期待した訳です。
ところが何も変わらず、むしろ国民に負担を押しつけたのですね。
民主党は確かに「何か」をやろうとしていた。
貧困層への支援とかをやりかけた。でも彼らは政治家として力が足りなかった。
なので、官僚の言いなりになった。
3つの政権が何度も組閣しましたが、最後の方はもう素人さんが大臣をやっていましたね。

この国民の「がっかり感」は半端無いと思います。
だから今度の選挙でも民主党への期待が高まらないのでしょう。
これなら自社55年体制の方がよっぽどマシです。

日本が赤化した方が良いと考える国民はほとんどいないでしょう。
それならば、憲法をしっかり守り抜くという党是の「強いリベラル」が出てこないと自民党の一党独裁は永久に続きます。
前原さんとかは言っていることが自民党とまるで同じで、本当に情けないと思います。

アベノミクスに替わる代案くらいすぐに出てこないとはどういうことか?
普段から準備していなかったのでしょうか?
原発を辞めて、グリーン革命の一大産業創成をやる!くらいのことは言えないのでしょうか?

しかし、安倍さんは今回の選挙を「アベノミクス解散」と命名したそうです。
ナルシストですね。聞いていてこちらが赤面します。
民主党は微増でしょう。100議席は取れないと予測します。

立派だぞ、安倍総理!2014年11月18日 23時29分28秒

今日の19時の会見の前に、うちの家族が「安倍さんは何を言うんだろう?」と尋ねてきました。
そんなことは分かりきっています。
「民主党はマニフェストに書いていない増税をやったと悪口を言うに決まっている」と答えたら、本当にその通りでした。

民意を元に政治をやる。安倍さんの言うことはまったくその通りです。
民主党は骨身に沁みて理解したはずです。

しかし、安倍さんは前回の総選挙で、秘密保護法や集団的自衛権の憲法解釈の変更を争点に掲げて争ったでしょうか?
10%への消費増税の凍結は、法律に書かれている景気条項に従っただけですから、これを解散の大義にするのは相当無理がある。

平成29年の4月の増税するならば、その直前に解散するのが筋です。

野党候補はまだ全然擁立ができていません。
それはそうでしょう。衆議院の任期の1/2も消化しないうちに解散するのは、これまで2回しかなかったのだから。

「今なら勝てる解散」。与党が過半数割れすることなど絶対に無いでしょう。
実は民主党政権時代にもそういう環境の時があったんです。
だけど、民主党は解散しなかった。
骨身に沁みて理解したでしょう。

田中角栄とか小沢一郎の権力欲というのは実にすさまじいものがあった(ある)。
政治家のトップに立つというのはそういうことですね。
権力を握ったら絶対に話さないという「我欲」。
そういうものがないと、一国の首相は務まらないでしょう。
海江田さんじゃちょっと弱いかな。

700億円使って大衆迎合2014年11月14日 23時11分25秒

なんのために解散するかというと、それは「今なら勝てる」からです。

歴代の政権を見ていれば、消費増税をおこなった政権はすべて倒れていることがわかります。
誰だって増税はイヤ。
国民の支持が離れるのは当たり前です。

しかし我が国は1000兆円の借金があり、社会保障制度は崩壊しかかっています。
消費増税はやむを得ないし、医者などの高所得者からは、所得税をもっとたくさん取り、相続税などは今の数倍にすべきでしょう。

本当に祖国を愛している政治家ならば、増税して、政権を手放すくらいの気骨が必要です。
民主党だって、それが分かっていて増税に踏み切った訳ですから。

ところが今の総理大臣は、権力にしがみついていたいんですね。
だから増税を先送りにし、それを選挙の争点にしようとした。
つまり「増税は後回し。どう? ぼくって偉いでしょ?」と国民に選挙で聞こうとした訳です。

この結果、三党合意は破棄。消費増税は永遠にできないかもしれません。
この先、社会保障制度が崩壊して、この国は潰れてしまうかもしれない。
そこまでして総理の座にいたい。この男は究極の大衆迎合主義者であり、権力指向者です。

そしてそのためのコストが700億円。すべて国民の血税です。
今なら勝てると踏んだのでしょう。

僕が物心ついた時、日本の総理大臣は佐藤栄作でした。
それ以降、何十人もの首相を見てきましたが、現在の男は最低だと思います。
一番怒っているのは、自民党の谷垣幹事長ではないでしょうか?

参議院選挙に思う2013年07月14日 22時04分36秒

1週間後に参議院選挙を控えているこの時期ですが、もう結果は明らかのようですので、今からぼくの感想を書いておきます。

結果とはもちろん、自民党が圧勝して、衆参のねじれが解消されるということ。そして参議院は半数ずつが3年ごとに改選ですから、民主党が政権を取れる可能性は早くても6年後ということです。

我が国は、細川さんが総理大臣をつとめた時に、小選挙区制度を導入しました。
アメリカやイギリスのように、二大政党政治ではないのに実に不思議です。
なぜでしょうか?
それは自民党を追い出された小沢一郎さんが、一発逆転の政権取りをするためにはこの選挙制度しかなかったから、これを導入した訳です。
ですが日本には共産党もあるし、社民党もあるし、公明党もある。
こうした小党林立の実情でありながら、小選挙区制というのは相当無理があります。

そして肝心の民主党が自己規定ができていない。
野党に転落してから初めて綱領をつくりましたが、あれも中身がよくわからない。
前原誠司さんと自民党の方々では言っていることが同じではないでしょうか?

アメリカを見ると、共和党と民主党の違いは実にはっきりしています。
前者はキリスト教右派(保守派)を代表しています。
キリスト教とは個人と神が一対一で相対する宗教ですから、政治みたいなものは余計なことをしてくれるなという立場です。
従って小さな政府を目指す。
一家に一台ライフル銃があって自分の身は自分で守る訳です。

一方、(アメリカの)民主党はそうではありません。
富の再分配を求めますから大きな政府を目指す。
黒人やヒスパニックの利益を代弁することも多い。
とても分かりやすいですよね。

自民党は元々、三角大福中と言って五大派閥だった。
この中で保守本流にいたのは福田派です。
ええ、つまり小泉とか安倍さんですね。
彼らが新自由主義を唱えるのは必然の流れなんです。
一方の極にある田中派には政治思想がなかった。何しろ、田中角栄のキャッチフレーズは「決断と実行」で、いったい「何を」決断するか思想がないんですね。

小沢一郎と鳩山由紀夫は自民党の田中派を離れ、民主党のリーダーになり、政権交代を果たしたのですが、彼らは、民主党が国民の中のどういう層の利益を代表しているか説明することができなかった。
特にひどかったのは小沢一郎さんで、彼は田中角栄の遺伝子を刷り込まれたかのように、選挙民の利害を調整・誘導することで自分の政治権力を高めることしか考えられなかったように思えます。

日本の文化は横並びで、多種多様に見える部分はあっても、結局は価値観が均一に近いので、アメリカのような国論を二分する議論というのはほとんど起きないし、起きようとすると、なあなあで済ませてしまう文化がありますから、やはりこの選挙制度は馴染まないでしょう。

そして私たち選挙民にも、選挙で自分たちの意志を政治に届けるという文化も育っていないように思えます。
都議選では反自民党の受け皿として共産党が躍進しました。
まじですか?
この国を社会主義の国にしたいと思っている人がそんなにたくさんいるんですか?

3・11であれ程苦しんで原発はもうこりごりと考えた私たちが、原発を再稼働しようとしている自民党を圧倒的に支持する理由はなんでしょうか?
一つには「喉元過ぎれば」という文化でしょう。
もう一つは、世論が原発に反対していればメディアも同様な圧力をかけてくれて、結局、自民党は国民の多勢の意見に従ってくれるという他人任せ民主主義、願望民主主義があるのではないでしょうか?

昔から自民党にはパターナリズムみたいなものがあって、結構、国民の弱い層にも配慮する伝統みたいなものがあるので、それが強みになっていることは間違いないでしょう。
そこがアメリカの共和党やイギリスの保守党とは違う。
自民党がそういう部分の隙間を埋めてしまうと、民主党はもう本当にやることがなくなってしまいます。

ま、基本的に日本人は自民党が大好きということです。
6年どころか、ぼくが死ぬまで自民党政権は続くかも知れませんね。