アクセスカウンター
アクセスカウンター

ぼくの考え2024年06月26日 20時59分32秒

毎日クリニックが大変混雑しています。駐車場は常にいっぱいで、朝は行列ができています。
おそらく、若葉区の小児クリニックで一番患者さんが多いと思います。

それはぼくが「名医」だからではありません。
ぼくは「普通」の医者。
なぜ患者さんが多いかというと、診察時間の中に来た患者さんは断らず診るからです。

最近の開業医の先生は「人数制限」をした予約制をとっている人がかなり多いようです。
それぞれのお考えがあるでしょう。
ぼくはそれを批判したりしません。
でもぼくは、ちょっと違う考え方を持っています。

医者は患者を診てなんぼ。
なんぼ・・・というのは儲かるという意味ではありません。
存在意義があるという意味です。
1日に100人以上の患者さんを診察するのは正直しんどいです。でも、100人の患者さんには100の困りごとがあるはずです。
その困りごとをぼくは解決したいという気持ちがあります。

また小児医療には緊急を要する病気がたくさんあります。
熱性痙攣とか、腸重積とか、髄膜炎とか、気管支喘息の発作とか。
うちのかかりつけの子がそういう状態になったとき、予約枠がいっぱいだから断る・・・それはぼくにはちょっとできません。
たとえ「名医」でなくても、やっぱり医者は患者さんを診るべきだとぼくは考えています。

クリニックが混雑していて、診察時間が短くなってしまっていることは、ぼくも十分自覚しています。
でも、難しい病気・状態の患者さんには十分に時間をとって話をしています。
その結果さらに待ち時間が長くなったりしますが、すべての患者さんを診察しようとすると、患者さんにはがまんをしてもらう部分も出てきます。そこはご承知ください。

ぼくは今年63歳になります。
この歳の大学病院の教授先生であれば、仕事をほとんど全部部下に任せていて、ハードには働いていません。
そういう意味では、ぼくは教授よりエラいと思います(笑)。

この姿勢を何歳まで続けられるか分かりませんが、もう少しがんばってみようと思っています。
まだまだ若い者には負けないぞ・・・の気概で。

さて、『開業医の正体』(中公ラクレ)が、発売から4か月半になりました。
現在、8刷になっています。みなさんに感謝、感謝です。

最近、現代ビジネス・オンラインに原稿を2本書きました。
『開業医の正体』の番外編です。よかったらご覧になってください。

https://gendai.media/articles/-/132195


https://gendai.media/articles/-/132194


風邪に抗生剤は有害無益という話と、風邪に根本的に効く薬はないという話です。
うちのクリニックのかかりつけの患者さんならよく分かっていると思います。

文筆活動も続けていきますので、今後もよろしくお願いいたします。
もう無理! というところまでは、このままで行きます。

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

名前:
メールアドレス:
URL:
コメント:

トラックバック