簡単アクセスカウンター
アクセスカウンター

農協の闇(窪田新之助)2022年11月22日 22時11分51秒

農協の闇(窪田新之助)
農協(JA)に関する不祥事や暗部について書かれた本です。
JAは非常に幅広く事業を展開しているそうです。やらないのは「パチンコと風俗だけ」と言われるくらい、何でも行う「何でも屋」なんだそうです。
そうすると、いろいろと無理が出てくるようで、この本では特に共済について深掘りしていました。
テレビCMでやっていますよね、♪ JA共済 ♪〜〜。
こんな内情があるのかと驚くのですが、こういうのってどこにもあるのでは?とも思ってしまいます。

ま、大体、大きな組織って内側が腐っているんですよね。
前例を踏襲するので、腐敗は温存されて、誰も改革なんてしません。そんなことをすれば組織から弾き出されるから。
そういう意味では暗澹たる気持ちになる作品です。

この本とは別ですが、ぼくがクリニックを作った16年前にこんなことがありました。
開業の準備をしているとき、新聞屋さんがやってきました。
新聞をとってくれと言うのです。
ぼくはクリニックで新聞を読むような余裕はありませんので、断りました。するとその販売員さんは、どうしてもお願いしたいと帰ろうとしません。ぼくはすっかり困ってしまいました。
ちょっと怖い感じの人だったし。
で、どうなったか。
その人は、ぼくに6か月分の新聞代を押し付けたんです。
このお金で新聞をとってくれと。
つまり自腹を切って、新聞購読の業績を上げたかったのですね。

こんなことで、新聞の発行部数を競っているなんて、なんてむなしいのだと心底思いました。
え? どこの新聞かだって?
もう16年前なので、覚えていません。
朝日だったかな・・・読売だったかな。
でもね、一言言わせてもらうと、たとえ新聞代をもらったとしても、うちは損するんですよ。
クリニックって一般の家庭のようにゴミをだすことができないんです。
業者さんに来てもらってゴミを回収してもらっているのです。つまり新聞をとるということは、ゴミ代をぼくが払わなくていけないということです。

長く生きていると、世の中にはいろいろ表に出せない裏事情があると分かってきます。この本はそういうJAの裏をしっかり取材して告発した1冊でした。充実した内容です。
興味のある方は、ぜひ、どうぞ。力作です。

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

名前:
メールアドレス:
URL:
コメント:

トラックバック