簡単アクセスカウンター
アクセスカウンター
パジャマネットパソコンサプライキッズ洋服成犬用フードチワワの服マタニティグッズおっきくなぁれ販売PCショップベビー服販売PCアプリ

ルポ 児童相談所(大久保真紀)2022年07月04日 21時36分30秒

ルポ 児童相談所 (朝日新書)
児童相談所(児相)の仕事は過酷です。
どれだけ過酷かを描いたのが本書です。
虐待する親は、100%子どもに憎しみを抱いているわけではなく、複雑な愛憎を持っています。
子どもが児相に保護されて、ああ、すっきりしたという親はまずいません。
必ず子どもを取り返そうとします。すると、親と児相の間で修羅場が展開されるわけです。

医者も児相に通告することがあります。
ぼくの経験では、明らかな医療ネグレクトで子どもを守る必要があったケース、真相は藪の中で虐待をしていたか最後まで分からなかったケース、医者の通告に非があり親はネグレクトしていなかったケースなどがあります。
いずれのケースでも、医師と家族の関係は悪くなりますから、虐待通告というのは医師にとって大変気が重いことです。

しかし疑いがあれば通告することが国民の義務ですから、この問題から逃げてはいけないでしょう。
勇気みたいなものが必要だと思います。

児相には「なぜ子どもを守れなかったのか」と批判や非難が向けられることがあります。
そうした批判も一理あると思いますが、まずその前に、リアルな児相の姿を知ることが重要ではないでしょうか。
勉強になる1冊ですので、おススメします。

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

名前:
メールアドレス:
URL:
コメント:

トラックバック