簡単アクセスカウンター
アクセスカウンター
パジャマネットパソコンサプライキッズ洋服成犬用フードチワワの服マタニティグッズおっきくなぁれ販売PCショップベビー服販売PCアプリ

ゲンロン戦記-「知の観客」をつくる(東 浩紀)2022年06月25日 20時44分04秒

ゲンロン戦記-「知の観客」をつくる
少し前の本なんですが、興味を惹かれて読んでみました。
東 浩紀さんは、哲学者で批評家。
お名前はもちろん知っていますが、著作は読んだことがありません。
この本はアマゾンにレビューが500以上も付いていて、かなりのベストセラーだったのではないでしょうか。
読者は、やはり東さんのファンなのかな。
本書は、哲学の本ではなく、ゲンロンという会社を創業し、悪戦苦闘しながら今に至る10年の記録です。
ぼくも勤務医をやめて開業医になったので、「会社」を経営する苦労はまあまあ分かります。

ぼくも悪戦苦闘しましたが、運に恵まれて経営は最初から比較的順調だったので、「苦労した」と言ったら怒られてしまうかもしれません。
それでも踏んだり蹴ったりはいろいろあって、特にぼくの場合体が弱いので、病気でクリニックを急遽閉じたときには、本当にスタッフや患者さんに迷惑をかけました。

東さんは部下をどう使うかでだいぶ苦労したようです。細かいコメントはしませんが、優秀な部下は本当に宝物だと思います。
トラブルの連続には、ぼくも読んでいて切なくなってしまいました。
ともあれ、10年経ってゲンロンが安定した状態になったようで、それは本当によかったと思いました。
哲学って頭の中で考えるだけでなく、実践(=経営)する哲学もあるのだとよく分かりました。
東 浩紀さんのファンの方には必読の1冊ですね。
おススメします。

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

名前:
メールアドレス:
URL:
コメント:

トラックバック