簡単アクセスカウンター
アクセスカウンター
パジャマネットパソコンサプライキッズ洋服成犬用フードチワワの服マタニティグッズおっきくなぁれ販売PCショップベビー服販売PCアプリ

早すぎた男 南部陽一郎物語 時代は彼に追いついたか(中嶋 彰)2022年01月11日 21時29分04秒

早すぎた男 南部陽一郎物語 時代は彼に追いついたか
とても面白く読んだのですが、ほとんど理解できませんでした(笑)。
南部先生の発見は、「自発的対称性の破れ」。
これが理解できないので、どうにもなりません。
そもそも物理学って、どうやって新しいことを証明していくのでしょうか? 頭の中で考えるんですかね?
それにしても、先生が「自発的対称性の破れ」を発見して論文にしたのは、1961年。ぼくが生まれた年です。
ノーベル賞を受賞するまで50年もかかっています。なんじゃそりゃ。

日本の科学研究予算はどんどん削られていますから、あと10年もすると、ノーベル賞はアメリカ人と中国人の争いになるんじゃないですかね。
経済学賞は中国人には無理かもしれませんが、化学賞・物理学賞・医学生理学賞は日本人にはおそらく厳しくて、中国が一気に擡頭してくると思いますよ。

物理学が好きな方は、ぜひどうぞ。おススメします。

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

名前:
メールアドレス:
URL:
コメント:

トラックバック