簡単アクセスカウンター
アクセスカウンター
パジャマネットパソコンサプライキッズ洋服成犬用フードチワワの服マタニティグッズおっきくなぁれ販売PCショップベビー服販売PCアプリ

新型コロナウイルスワクチンを打って考えた2021年04月18日 16時32分13秒

本日、千葉市中央コミュニティーセンターへ行って、新型コロナウイルスワクチンを接種してきました。
まず受付。検温して、問診票(接種券)を提出すると、パソコン(正確にはタブレット)に僕の名前がリストに上がっているかをチェックします。
自動車運転免許証を提出して本人確認。
次は、問診する先生が、問診票を見ながら体調を聞いてくれます。
そしていよいよ接種ブースの中に入ります。接種ブースは全部で4つ。
このワクチンは筋肉注射ですから肩に打ちます。したがって今日は半袖のワイシャツで行きました。
僕は右利きなので、「左腕に打ちましょう」と言われました。3週後もまた左に打つのかな?
針が刺さった瞬間はチクッとしましたが、薬液が入って来る時は、何も感じませんでした。インフルエンザワクチンより痛くないな。
そして接種証明書をもらい、待合ブースで15分経過を見ます。近くには看護師さんがいて、摂種した人たちの様子を観察しています。
何事も起きず、ぼくは会場を後にしました。

さて、この会場には一体何人の医師と看護師、そして千葉市の職員がいたのでしょうか?
これだけ大勢のスタッフがいて、一体何人の人に接種できたのでしょうか?
もちろん、一人一人の患者さんに丁寧に対応していることは大変素晴らしいし、こういうスタイルは全国で行われていると思います。
しかしこれでは日本国民(子どもを除く)全員に接種するためには半年くらいかかってしまうのではないでしょうか?
つまりあまりにも「時間」と「スタッフの人数」のパフォーマンスが悪い。

ぼくは毎年、冬の2ヶ月半に800回インフルエンザワクチンを接種します。医者一人に看護師二人、事務一人です。
アメリカとかイスラエルってもっと大雑把にやっているのではないでしょうか?会場を設営して、打ちたい人がうちに来る・・・みたいな。個人確認なんて厳密にやっていないのでは?
あとは政府がキャンペーンをやって、みんな接種しようと呼びかければ国民の70%は打つんじゃないかな。

日本のスタイルだと、国民の70%が接種する頃には、最初に打った人たちから免疫が消えちゃうんじゃないかな。こういうのって国民に一気に打たないと、コロナウイルスは消えないのでは?と思ってしまいました。心配しすぎでしょうか?
そんなことを考えました。

コメント

トラックバック