簡単アクセスカウンター
アクセスカウンター
パジャマネットパソコンサプライキッズ洋服成犬用フードチワワの服マタニティグッズおっきくなぁれ販売PCショップベビー服販売PCアプリ

安楽死で死なせて下さい(橋田 壽賀子)2020年12月02日 16時52分52秒

安楽死で死なせて下さい
安楽死を一般の人はどう思っているのだろうかと考えたとき、この本の存在を思い出しました。
文藝春秋の読者賞もとっていますので、多くの日本人の意識の中に共通するものが、本書に中に書かれているのではと判断して読んでみました。
橋田さんはさすがに才能のある人、学のある人なので、安楽死とは何かとか、尊厳死とは何かという議論になるとちゃんと科学的なことを述べます。
そして自分は安楽死で死にたいけど、人に勧める気もなければ法制化の旗振りもしないと書いています。
ただ、老老介護や離職介護の果てに高齢者を殺してしまう悲劇に対して安楽死が制度化されていればこういうことは起こらなかったと言い切るところは、大変危険だと思いました。
では、橋田さんはどうして安楽死をしたいのでしょうか?
それは90歳になって、人生をやり切ったので、もうあとは静かに眠りたいということのようです。
つまり認知症にもなりたくないし、癌で痛い思いもしたくない・・・そんな感じでした。
ま、そう思うのは個人の勝手ですが、安楽死を実行する医者の苦悩も分かってくださいね。
そして一般の人たちの70%くらいが(安楽死+尊厳死)に賛成と言われていますが、その理由は橋田さんと同じようなところにあるのではないでしょうか?
橋田さんは(おそらく)大金持ちだと思いますが、日本人は貧困率が高く、経済的貧困に喘ぐ人が多く、自殺率も高いです。そういう国にあって、安楽死に国民の心が向かうのは理解できるなと感じました。
過日、ベルギーの友人と(英語で)安楽死について話しましたが、ベルギーの安楽死は非常に個人的な問題で、社会からの圧力や干渉はないと言います。
日本人は他人に対して安楽死に関して、構いすぎじゃないでしょうか?
京都のALS(安楽死ではない)嘱託殺人事件に関しても、それは理解できる・・・みたいな野次馬の声が多すぎる感じがします。