簡単アクセスカウンター
アクセスカウンター
パジャマネットパソコンサプライキッズ洋服成犬用フードチワワの服マタニティグッズおっきくなぁれ販売PCショップベビー服販売PCアプリ

白夜 渡辺淳一2020年11月09日 09時55分48秒

白夜
白夜の5巻を読み返しました。

この本は、若き日に読んだときには面白さが分かりませんでした。
5巻は、医学か文学か渡辺淳一が迷う場面ですから、若い医師であったぼくには、ちっとも興味を持つことができなかったのです。

ただ、数年前に読み返したときは、文学と医学の葛藤は分かるなと、興味をもって読みました。

ただ、今回、3度目の読書で、ちょっと感情移入できない点もややありました。
結局、渡辺さんは作家になって大成功したのだから、医学を捨てて正解だったのでしょう。
作家のセンスというのは、言葉の豊かさだと思います。
自分が見たり、聞いたり、感じたりしたことを、心の中に留めておかないで、どんどん言語化する。友人と、あるいは配偶者と会話して抽象的な気体みたいなものをどんどん言語によって固体化していくのですね。
そうすると物語る言葉が生まれてきます。

白夜の面白さは、やはり1巻に凝縮されているかな。入手困難かもしれませんが、オススメできます。

オリンポスの果実 (田中 英光)2020年11月09日 10時12分24秒

オリンポスの果実
オリンポスの果実を読み返しました。
3回目くらいかな。

ロサンゼルスオリンピックに参加するボートの日本代表選手が、船上で恋をする話です。
若々しく、瑞々しく、高揚感と気負いがあって、ナーバスな感情もある。
そうした主人公の心の中にある恋を、はかなく、せつなく、描いています。

最初に読んだのは、高校のときだったな。
あのときの感傷は、いま読み返しても消えていないと感じました。
こういう文学は永遠に残るので、いいですね。

マナーはいらない 小説の書きかた講座(三浦 しをん)2020年11月09日 10時18分53秒

マナーはいらない 小説の書きかた講座
三浦さんの小説は何冊か読みましたが、どれもが超のつく面白さです。
本当に才能がある人なんでしょう。
この本は、小説の書き方の解説書でもあり、エッセイでもあります。
エッセイとしての本書は特別面白いとは思いませんでしたが、小説の書き方は大変参考になりました。

人称の問題とか、時制の問題は、ぼくもいつも考えていることです。勉強になりました。

この世の中には、作家になりたい人が山ほどいると思います。しかし大多数の人は、三浦さんのように努力を十分にしていないのではないでしょうか?
言葉や物語がスラスラ出てくる人なんていません。
プロの人ほど、書く前の準備を丹念に十分に時間をかけてやっているのではないでしょうか。

ぼくも、書いてみようかな、小説。

しくじり家族(五十嵐 大)2020年11月09日 11時01分10秒

しくじり家族
CCCメディアハウスから、拙著と同時に刊行されたエッセイです。
Amazonの順位を見ていると、ぼくの本の10倍くらい売れているようです。
さて、本書はタイトルにも装丁にも惹かれます。
そして祖父が元ヤクザ者の暴力をふるう人間で、祖母は宗教にはまり、両親は聴覚障害者とのこと。つまり筆者はCODAです。
読む前から期待が高まらないわけにはいきません。

祖父が亡くなり、その葬儀を中心に本書は描かれています。
「ふつう」ではない家族と縁を切り、地元から遠く離れて暮らす筆者が、最も「ふつう」ではなかった祖父の死によって、家族の元に引き戻されます。
あれほど憎んでいた祖父に対して、喪主になった筆者は弔辞で祖父にに「ごめんなさい」と語りかけます。いや、語りかけざるを得ません。

「ふつう」ではなく、逃れたいと思っていた家族でも、やはり家族は家族。その結びつきは、やはり断ちがたいものがあり、どれだけ家族が「しくじって」いても、崩れて雲散霧消することはないわけです。
血は水より濃く、抜き差しならない濃密な人間関係がそこにはあります。
だから家族なんですね。
そういうことがよく書けていました。

ただ、ぼくは個人的な感想として、もっとCODAのこと、祖母の宗教のことなど、さらに深掘りして話を書いて欲しかった。
つまりこの倍くらいの分量の本を読んでみたかったなという気持ちがあります。
今後、別の視点からそういう本を作るのかもしれませんが、知りたいこと、話を聞いてみたいことが、たくさんありました。
筆者はこれからどんどん文章を書いていく人ですから、次回作以降を期待して待ちましょう。
楽しみです。

ヤングケアラー わたしの語り――子どもや若者が経験した家族のケア・介護(澁谷智子ほか)2020年11月12日 22時58分29秒

ヤングケアラー わたしの語り――子どもや若者が経験した家族のケア・介護
これは久しぶりに出会った大変素晴らしい本でした。
7人のヤングケアラーが自分の体験を語ります。
子どもなのに、親をケア(介護)して、なんて可哀想・・・という次元からはるか遠くの領域にケアラーたちは生きています。
ケアを経験することで、子どもたちはつらい思いをしたということだけでなく、立派なことをしたという単純なことでもなく、人が生きていく上での生き方の幹みたいなものを築いていっているように見えます。
そこには家族に対する愛情もあるだろうけど、愛情だけではケアはできないようにも思えます。
ある部分では、愛情と関係なく、家族だからケアした面もあるでしょう。
そして子どもという成長の時期に、ケアに忙殺されることの中から、常人にはわからない家族観とか家族愛が育まれるのでしょう。
ぼくは、病児や障害児の「きょうだい」をたくさん見てきましたが、ヤングケアラーはそれに通じる一面があるものの、またそれとは違った人生の難しさと喜びを感じ取っているようです。
生きることってなんだろうと、深く考えることになる作品でした。
大変な好著です。ぜひ、オススメします。

ヤングケアラー―介護を担う子ども・若者の現実(澁谷 智子)2020年11月13日 22時10分00秒

ヤングケアラー
少子高齢化ですから、介護される人が増え、介護する人が減るわけです。
すると介護の担い手が子どもに回ってくる。これがヤングケアラーです。
家族介護から社会介護への転換が、介護保険制度の創設だったと思うのですが、それはうまく機能していないようにも思えます。
日本人の「平均」寝たきり年数は、7年以上ですから、公的なシステムを作っても、それをカバーできない現実があります。
ヤングケアラーはこれからも少し増えるように思えます。

本書は良書ですが、科研費の報告書を読んでいるような堅苦しさがありました。中公新書なので、止むを得ないかなとも感じますが、学術書よりもジャーナリスティックな視点からこの問題の全貌を描いた方が、一般の人への啓蒙という意味ではより良かったのではないでしょうか?
ぼく自身はこの問題に関して、少し勉強していこうと思います。

ニューズウイークに登場!2020年11月19日 19時27分07秒

どんじり医
発売から3週間の拙著『どんじり医』。
ニューズウイークに登場しました。
本の出だしの部分と、解剖実習の場面です。『どんじり医』の雰囲気が十分に伝わると思います。
ぜひ、ご覧になってください。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

平凡な文学青年だったが、頑張れば、ちゃんと医者になれた──「ヒドイ巨塔」で
https://www.newsweekjapan.jp/stories/culture/2020/11/post-95028.php

医学部で人生初の解剖、人体が教科書通りでないことにほっとした気持ちになった
https://www.newsweekjapan.jp/stories/culture/2020/11/post-95029.php

ルポ「命の選別」 誰が弱者を切り捨てるのか? (千葉 紀和, 上東 麻子)2020年11月22日 17時13分10秒

ルポ「命の選別」 誰が弱者を切り捨てるのか?
これは大変な力作です。
新聞記者にしか書けない書籍であるし、また、新聞記者であれば誰でも書けるという作品でもありません。
ジャーナリズムの仕事や作家の文筆活動において、「立場のない」立場というものは存在しません。
必ずなんらかの視点があるわけです。
そしてそういう立場は、意見として表明するのではなく、事実の積み重ねを読者に提出することで説得力を持つのです。
これが取材力です。
そういう意味で本書の完成度は極めて高いと言えます。

では著者たちの立場とはなんでしょうか?
それは前著に遡ります。
1996年に廃止になった優生保護法によって、それまでに2万5千人の障害者たちが不妊手術を強制されました。
法律の名の通り、これは優生思想に基づきます。
『強制不妊―旧優生保護法を問う』はその集大成でした。
優生思想は許されないーそれが著者たちの立場です。

では、優生思想は私たちの社会から消えたのでしょうか?
いえ、そうではありません。科学技術の発展(本当の意味でのサイエンスにあらず)と、ビジネスの論理によって、私たちの心の中に潜む優生思想は、掻き回されて水面に浮上してきたように見えます。
その最たるものがNIPT(新型出生前診断)です。
妊婦の不安を煽って金儲けをしようとする診断技術が、どうして「妊婦のニーズに応える」という理屈になるのでしょうか?

また、ゲノム編集による治療、受精卵診断による「正常でない」胚の破棄など、非常に読み応えがありました。
障害が重いために保護者が治療を拒否する例を書いた章では、読んでいて胸が苦しくなりました。
ぼく自身もヨミドクター『いのちは輝く』でそういう連載をして、「治療する必要などない」という障害児を否定する多数の意見をもらったり、脅迫状まがいの手紙を受け取った経験があるからです。
そしてグループホーム建設に際しての、近隣の反対運動の激しさには暗澹たる気持ちになりました。自分たちが差別者になっているという自覚が薄いのは、集団心理のようなものがあるのかもしれません。
相模原障害者殺傷事件の背景を描いた章にも、かなりの衝撃がありました。
植松死刑囚の犯した罪を断罪することは当然としても、ジャーナリズムの仕事はその背景を突き詰めて、将来同様な事件が起きないように本質を抉りだすことです。そういう深さが本書にはありました。

本書の一部は毎日新聞に連載されていました。
新聞には「同時性」とか「影響力」とか優れた面が多数ありますが、紙幅の限界という欠点もあります。取材班の二人はコツコツと取材を積み上げて、新聞報道を遥かに凌ぐ書籍を完成させました。
こういう本こそが、ぜひベストセラーになって欲しいです。
いえ、たとえそうならなくても、誰かに心に突き刺さって、長く読まれて欲しいと切に願います。
みなさんもぜひ読んでみてください。そして命って何だろうと、当たり前すぎて普段考えないことを考えてみてください。

エンド・オブ・ライフ(佐々涼子)2020年11月25日 22時54分13秒

エンド・オブ・ライフ
「Yahoo!ニュース|本屋大賞 2020年 ノンフィクション本大賞」受賞作です。
現在、ベストセラーで、アマゾンのレビューも大変高評価です。
ぼくにはこういう本は書けないし、また書く気もありません。
ノンフィクションは(たぶんフィクションも同じだと思いますが)、人称をどう設定するかが最も重要になります。
人称という言い方が分かりにくければ、カメラをどう配置するかと言ってもいいでしょう。

最もシンプルなのは、1人称です。筆者がカメラを手にして、自分が取材した人間を次々に撮影していくスタイルです。Aさん、Bさん、Cさんを描く場合、それはインタビューという形を取ります。1人称のいいところは、登場人物が多数でも描き切れることと、自分の感じたことや意見を挟むことができる点です。
欠点は、物語性が薄くなり、文章が硬くなることです。
こういう形式のノンフィクションはルポルタージュと呼ばれます。

3人称で描く場合もあります。筆者がAさんに集中的にインタビューしたとします。これをインタビューのまま、筆者とAさんの会話で表現すると、読む方は非常に退屈します。
そこで、この場合、筆者はカメラをAさんに当て続けるのです。
Aさんは〇〇と感じ、〇〇した・・・と書いていくわけです。
3人称のいいところは物語性が出て読者には面白いこと、そしてAさんの感情の中に読者が深く入っていくことができることです。
欠点は、カメラがAさんに向いていますので、自分の感情や意見を表明できないこと、BさんやCさんにインタビューしても、それを文中にうまく嵌め込むことが難しいことです。

神の視点(人称)というものもあります。言ってみれば、空にカメラがあって、Aさん、Bさん、Cさんを撮影しているのですね。
しかし神さまは存在しませんので、この方法をとると、視点があやふやになります。新聞記事はこれに近い方法をとります。いわゆる客観報道ですね。

ぼくが書いた本で例を挙げれば、『運命の子 トリソミー』は1人称のルポです。
『発達障害に生まれて』は、自閉症児の母を主人公にした3人称です。

では、本書はどうでしょうか?
この本は人称が整理されていません。同じ章の中に、人称のブレがあり、1人称になったり、3人称になったりします。また、神の視点が出てくることもあります。
ノンフィクションで神の視点は大変使い方が難しく、AさんとBさんが会話している場面があると、読んでいる方は「これって筆者の想像では?」と勘繰ったりします。

佐野眞一さんは、「ノンフィクションには形容詞を使うべきでない、形容詞は腐る」と語っています。本書はちょっと形容詞過剰ではないでしょうか。
またノンフィクションには「説明するな、描写せよ」という金言がありますが、やはり本書は説明が過剰に感じます。
その一方で、医学的描写(肝移植やモルヒネを増量する場面とか)に関してはあまりに抽象的で、分かりやすく書いたというよりも、専門的なことは分からないままに書いたように読めてしまいます。
さらに言うと、本書は5W1Hのうち、When が非常にあいまいです。年月日をもっと正確に書かないと、記録性が損なわれます。

立派な賞も取り、世間的に高い評価を受けているのだからこれでいいのかもしれませんが、ノンフィクション文学とはこういうものではないとぼくは考えます。

たちどまって考える(ヤマザキマリ)2020年11月27日 21時15分18秒

たちどまって考える(ヤマザキマリ)
現在、ベストセラー中です。
漫画家で文筆家のヤマザキマリさんが、コロナのパンデミックの中、立ち止まって、イタリアのこと、日本のこと、世界をことを考えています。
彼女の本を読むのは(漫画を含めて)初めてですが、知識が豊富で思索は深く、頭の中にある思考をどんどん言語化する力はとても素晴らしいと感じました。
内田樹さんの本を読んでいても感じることですが、やはり人間って考えなくてはいけないなと改めて自分に言い聞かせました。
液状の思いを次から次に固体の言葉にしていけば、考えが深まるし、人間として成長できると言えます。
ぼくも還暦が近づきつつありますが、まだまだ学びたいし成長したいと考えていますので、自身の言語を育て磨きたいと、本書を読んで強く感じました。
いい本でした。