簡単アクセスカウンター
アクセスカウンター
パジャマネットパソコンサプライキッズ洋服成犬用フードチワワの服マタニティグッズおっきくなぁれ販売PCショップベビー服販売PCアプリ

がんになった緩和ケア医が語る「残り2年」の生き方、考え方(関本 剛)2020年10月01日 21時29分30秒

がんになった緩和ケア医が語る「残り2年」の生き方、考え方
肺がんが脳に転移しており、余命の中央値は2年という状態です。
43歳の若さで、あまりにも過酷な運命です。
そして筆者は緩和ケア医。これまで1000人以上の看取りをしてきましたが、近い将来、自分が家族に看取られる運命にあるのです。
ま、ちょっと筆舌に尽くしがたい。
そのせいなのか、この本では自分の内面をとことんまで追究していません。
緩和ケア医の仕事を続けている以上、書けないこともあるのかもしれません。
たとえば、絶望的な気持ちとか。自暴自棄になりそうな気持ちとか。
先生は凛としていて、生きられる命を生き切るというプライドみたいなものがにじみ出ています。
だから今でも真摯に仕事に取り組んでいて、本書は自分の苦悩より、患者さんのこと、仕事の内容に比重があるようです。

ぼくが同じ運命になったらどうするかな?
仕事を放り出して旅行にでも行くかな?
それとも最後まで診療をするかな?
やっぱりちょっと想像がつきません。当事者にしか分からない世界なのでしょう。
しっかりとした文章で、いい本でした。