簡単アクセスカウンター
アクセスカウンター
パジャマネットパソコンサプライキッズ洋服成犬用フードチワワの服マタニティグッズおっきくなぁれ販売PCショップベビー服販売PCアプリ

それでも読書はやめられない: 本読みの極意は「守・破・離」にあり(勢古 浩爾)2020年03月24日 15時53分01秒

それでも読書はやめられない
ん? この本は一体なんだ?
あの本読んでも理解できない、この本読んでも理解できないって・・・そんなことを本に書く必要があるのか?
それでも読書はやめられないのだから、本当に読書が好きなんでしょう。
でも、ぼくがこういう本を書くなら、理解できた本・面白かった本だけを書くな。
本読みの極意は「守・破・離」にあるそうですが、そんな難しいことは考えたこともないな。
本の楽しみは、とにかく「出会い」ですよね。
いつか必ず「出会い」があると信じて本の森の中に分け入って行くんですよね。
そうすると、「おお! こ、これは!」という本と出会うんです。
めったにそういう機会はないんですけど、読書はやめられないですよね。
あ、著者と同じ結論になってしまいました。

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

名前:
メールアドレス:
URL:
コメント:

トラックバック