簡単アクセスカウンター
アクセスカウンター
パジャマネットパソコンサプライキッズ洋服成犬用フードチワワの服マタニティグッズおっきくなぁれ販売PCショップベビー服販売PCアプリ

書評稼業四十年(北上 次郎)2019年08月07日 23時29分42秒

書評稼業四十年(北上 次郎)
これは面白い本でした。本好きにはたまらないでしょう。
椎名誠さんと一緒に「本の雑誌」を創刊した北上次郎さんのエッセイです。
書評のことも書かれていますが、本に関するありとあらゆることが半生記として書かれています。
本の魅力は、内容だけでなく、装丁とか帯の惹句とか造本とか、すべてを含んでいるという意見に大賛成です。
ぼくは高校生の頃、東京に住んでいましたが、日曜日になるとお茶の水へ行き、半日をかけて本屋を回りました。
そして10冊近くの本を買っていましたね。あの、本屋さんの空気感。紙やインクの匂い。静かな雰囲気。辺り一面に広がる本。
本屋さんはぼくの青春そのものです。

さて、書評をどう書くか?
昔、本多勝一さんのエッセイに、二つの方法があると書かれていました。
一つは、本の良い部分を見つけてそのことを書く。
もう一つは、良い本は良いと言うが、悪い本は悪いとはっきり書く。
本多さんは二番目の方法を実践しているそうです。

ぼくは年間100冊くらいの本を読み、大部分の本に関してはブログに書評を書きます。
ええ、本の良い部分を見つけたい派なんですね。だから余りにも良くない本は、書評を書きません。
で、基本的に本の良い面を見つけて書くのですが、10冊に1冊くらいは、ついつい「偉そうに」こうした方がいいと書いてしまいます。
まあ、ぼくも還暦が近いし、人生も深く生きてきたし、20歳以上若いライターにアドバイスしても許される年齢かなと思う訳です。

何度も書いていることですが、ノンフィクション・ライターの人は、純文学を書く人に比べて明らかに「書く」ということに甘いと思います。もっともっと言葉を磨いて、文章をシャープに研ぎ澄まして欲しいといつも思っています。
大宅賞を含めて、ノンフィクションにはいくつもの文学賞がありますが、候補に選ばれる作品の中には、正直文章がうまくない作品も含まれています。
どうしてこういう作品が候補になるのだろうと、非常にがっかりすることがあります。
ノンフィクション、冬の時代と言いますが、書き手に取材費が回っていかない現状もあると思いますが、ライターの書く力の不足もあるような気がします。
書く力をつけるには、読むことが一番です。どれだけたくさん本を読んだかで、書く力は決まってくると思います。

北上さんの本に話を戻すと、「本の雑誌」ができて40年だそうです。それはすごい。
ぼくは医者として32年目ですから、まだまだ若輩者といった感じですね。
オススメの1冊です。ぜひ、読んでみてください。

栗本薫と中島梓 世界最長の物語を書いた人(里中 高志)2019年08月12日 00時00分31秒

栗本薫と中島梓 世界最長の物語を書いた人
これは大変読み応えのある評伝でした。
栗本薫と中島梓は同一人物です。両方ともペンネーム。
栗本薫の名前でミステリーやファンタジー小説を書いて、中島梓の名前で評論・音楽・舞台などなど多彩な活動をしていたのです。
実のところ、ぼくは栗本さんの本を読んだことがありません。
ただ、「ぼくらの時代」が乱歩賞を取ったときのニュースはよく覚えています。
かなり大きく報道されたと思います。「ぼくらの時代」というのは、これからは自分たちの時代だと言いたかったのかな?と思います。
また栗本さんは「グイン・サーガ」シリーズをライフワークにしていました。架空の国のファンタジーですね。全部で130巻というから、びっくりです。
とにかく栗本さんは、言葉が次から次へと溢れ出して、それに追いつこうと一生懸命文字にしていたようです。
天才ですよね。

この本は、多数の資料と多くの関係者から話を聞き、栗本さんの天才ぶりを余すことなく描いています。
筆者の名前をぼくは知らなかったのですが、非常に書く力に優れています。
まだ若い作家さんですから、これからどんどん書いて欲しいですね。
大変な力作です。オススメします。

国境を越えたスクラム-ラグビー日本代表になった外国人選手たち(山川 徹)2019年08月12日 21時37分44秒

国境を越えたスクラム-ラグビー日本代表になった外国人選手たち
来月には日本でラグビーW杯が開催されるんですよね。
こんな日が来るとは夢にも思いませんでした。
日本ラグビーは10年に1回くらい強豪国を相手に大善戦をするんです。
で、ちょっとラグビーを応援するムードが高まるんですけど、すぐにその後に大敗してしまうんですね。
やはり本当の実力が無かったからでしょう。
その最大の原因は、やはりプロ化が遅れたことだと思います。
しかしラグビーの世界にはいろいろな「神話」みたいなものがあって、それがコアなファンを支えていたと言えます。
その最たるものが、アマチュアイズムでしょう。
ですから、ぼくは日比野さんらの先人を責める気はまったくありません。

ラグビーというスポーツは年々細かい部分でルールが変わり、今や30年前とは違うスポーツになっているとぼくは感じています。
昔は、ある意味で単純な「陣取りゲーム」でした。
しかし現在はそうではありません。
「ブレイクダウン」とか「ジャッカル」とか「アンストラクチャー」という言葉は昔は存在しませんでした。

日本はプロ化することで、外国人選手にも門戸を開きました。
4年前のW杯を見て、「日本人がいないじゃないか」という感想を持った人は、感性がもう時代とずれていると思います。
純粋な(という言葉の定義もいいかげんですが)日本人だけでナショナルチームを作るべきだと考える人種なんて、世界で日本だけですよ。

しかし、本当に日本は強くなりました。それにはやはり前監督だったエディー・ジョーンズさんの功績が大きかったと思います。
元々練習好きな日本人が音を上げるほど、ハードな練習をエディーはチームに課したのです。
そのことによってチームは自信をつけ、団結力が生まれたのではないでしょうか。
南アフリカに勝ったのは偶然ではないでしょう。

ですが、今度のW杯で予選リーグを突破できるかというと・・・それはけっこう難しいと思います。
スコットランドもアイルランドも死ぬ気でかかってくるでしょうからね。

生中継を見るのが怖いな。ドキドキしてしまうので。

赤ちゃんはことばをどう学ぶのか (中公新書ラクレ) 針生 悦子2019年08月13日 20時51分15秒

赤ちゃんはことばをどう学ぶのか (中公新書ラクレ)
赤ちゃんがことばを覚えるのは当たり前のような気がしますが、そのメカニズムを科学的に解析してみると、赤ちゃんは大変な努力をしていることが分かります。
したがって2つのことばを覚えるのは至難の業です。
世間では、海外勤務(留学)で子どもを海外へ連れて行くと、たちまち現地語を覚えてしまうと言われています。
しかし、この本では、そんなに簡単ではないと書かれています。

ぼくの友人には何人かバイリンガルの人がいますが、それはその人たちの元々の才能なのかもしれません。
海外勤務(留学)すれば誰でもバイリンガルになれると思うのは、ちょっと誤解があるかもしれませんね。
ある友人は幼稚園の頃から、10歳までアメリカにいました。帰国子女ですから、英語が上手なわけです。
だけどよく考えてみてください。
10歳の日本人って、政治とか経済とか文化とか芸術について語れますか? 無理ですよね。
その人も、英語は10歳のレベルだったのです。そして30歳を過ぎてまた2年ほど留学し、今度は本当のバイリンガルになりました。
だから、海外勤務(留学)で2年くらい英語を学んでも、それなりの英語だと思います。同時に日本語はあまり伸びていないと思います。
くり返しになりますが、真のバイリンガルになるためには、相当の努力と才能が必要なのではないでしょうか?

留学しなくても英語を普通に喋れる人もまた知っています。
筑波大学の小児外科の教授だった金子先生は留学経験がありません。しかし日本を代表するオンコロジストとして、国際会議で発表・討議を行っていました。
ぼくの恩人である分子ウイルス学教室の白澤先生も留学経験がありません。しかし英会話には全然苦労していません。
ただ、自学自習で英会話をマスターするまでは大変だったと言っていました。

小さいうちから英語漬け(特に海外勤務・留学)になっていれば、自然と英語が話せるようになるというのは幻だと、この本は説いているのでしょう。
文科省は焦って英語教育に力を入れる方向ですが、それが一体何を生み出すでしょうか。
そういう時間があったら、日本文学を読んだ方がいいとぼくは思います。
それから、日本語の文章を書く力ですね。ぼくは中学3年生のときに、夏休みの宿題で作文(正確には文集)を作れと言われ、400字原稿用紙で330枚書きました。
日本人なんだから、こういう能力の方が、外国人にちょっと道案内する英会話の力より貴重だと思います。

三船敏郎の映画史(小林 淳)2019年08月13日 23時29分08秒

三船敏郎の映画史(小林 淳)
三船敏郎の全記録です。
こういう本を作ってくれるのは本当にありがたいです。
永久保存版という感じでしょう。

世界のクロサワとよく言われますが、三船さんも世界のミフネでした。
三船さんという俳優がいなかったら、黒澤映画はここまで評価されなかったはずです。
そしてもちろん、三船さんも黒澤明に出会わなかったら、世界のミフネになることはできなかったでしょう。
つまり二人の天才が同時代に映画の世界に現れて出会ったのです。

黒澤映画と言えば、「羅生門」「七人の侍」がすぐに思い浮かびます。
では、三船さんにとってのベストの映画はどれでしょうか?
「用心棒」「天国と地獄」、このあたりかな。
「赤ひげ」もいいのですが、三船さんの魅力は完全には出ていない気がします。

黒澤さん、三船さん、双方から見て最高傑作は何か?
ぼくの意見は「天国と地獄」です。
みなさんは、どんな意見ですか?

ぼくはイエローでホワイトで、ちょっとブルー(ブレイディ みかこ)2019年08月15日 21時21分34秒

ぼくはイエローでホワイトで、ちょっとブルー(ブレイディ みかこ)
現在、勢いのあるライター、ブレイディ みかこさんのエッセイです。
息子さんを通して、今のイギリスを表現しています。
テーマは多岐にわたり、その一つひとつが興味深いのですが、もう一押し深く追求してもよかったかなと思います。
ただ、こういう文章はイギリスに住んでいなければ書けないもので、ぼくにとって知らないことが多々ありました。
緊縮政策をとる今のイギリスのきつさということが、とてもよく理解できました。
こういう国に、山本太郎みたいな政治家が現れたら、日本以上にインパクトがあるかもしれませんね。

Amazonでも出版社は強烈にこの作品をプッシュしていますが、ちょっと宣伝のしかたに違和感があります。
主人公はあくまでも母(だってエッセイですから)であり、息子さんではありません。
「落涙必死のノンフィクション」というのは、さすがに違っていると思います。
そういうことではなく、中学生の普通の日常を、政治・経済・文化・人種にまで広げて描いているところが優れた点です。

現在ベストセラーです。興味を持たれた方はぜひどうぞ。
ただ、少年の瑞々しい感性とか、成長の物語とか・・・そういうものを期待すると、思惑外れになると思います。

余計なことを書いておくと、日本に里帰りして酔っ払いに絡まれるシーンがありますが、あれは書く意味がないと思います。だって、酔っ払いなんだから。そんな人間の言っていることを真面目に取り上げても仕方ありません。文章にする価値がないとぼくは感じます。
それから、連載記事を本にしたのですから、重複部分は本を編むときに整理すべきというのが、ぼくの考えです。

むらさきのスカートの女(今村夏子)2019年08月16日 16時00分43秒

むらさきのスカートの女
第161回芥川賞受賞作です。
毎回、ではありませんが、芥川賞が発表されると時々、その作品を読みます。
純文学ですから、ストーリーを説明しても意味はないでしょう。ノンフィクションのように何かを知ったとか、考え方が変わったとか、そういうことはありません。
ま、文学というのは、ある意味で音楽と同じで、言葉を楽しむものだと思っています。そして、文学の中にはストーリーに重きを置いている物と、置いていない物があります。
いや、両方とも置いているのかもしれませんが、普通に読んでストーリーの意味が通じないものもあります。

本作は大変面白く、1時間くらいでささっと読めました。言葉の選択が巧みで、話の転がし方がとても上手です。
黄色いカーディガンの女(わたし)が、むらさきのスカートの女を見ているのですが、その視点は1人称だったり、3人称(天の視点)だったりします。
そういう不安定さがなんとも面白かったし、「わたし」は存在しないのではと思わせるところもいい、また、「わたし」とむらさきのスカートの女が同一の存在と思わせるところも面白いです。

まあ、文学者の紡ぐ言葉は常人離れしていますね。こういう作品は、100年かかってもぼくには書けません。
芥川賞にふさわしい出来だと思います。

漂うままに島に着き(内澤旬子)2019年08月18日 15時11分59秒

漂うままに島に着き(内澤旬子)
安定のおもしろさです。
びっくりするような内容ではありませんが、そうした内容でも読ませてしまうところが、内澤さんの筆のうまさですね。
エッセイを書いて本として出版できるのは本当に羨ましいです。
ぼくがエッセイを書いても、出版してくれる会社はどこを探してもないでしょう。
この本の最大の評価の分かれ目は、あとがきではないでしょうか?
内澤さんも相当まよって転居したことを書いたと思います。
これは作家さんが決めることですから、外野は黙っていましょう。

内澤さんは東京がイヤになって小豆島に移住したわけですが、ぼくは逆に東京へ行きたい。と言うか、戻りたい。
生まれも育ちも東京ですから、東京の便利さが大変よくわかってしまう。
移動に車は必要ありませんから、老人になっても大丈夫。
美術館も音楽ホールもありますから、趣味の場には事欠きません。あ、ジャズライブハウスもありますね。

75歳くらいまで必死になって働けば、東京に小さなマンションでも買うことが可能になるでしょうか?
うーん、でも小さい部屋だと本が収納できない。
それにマンション代を払ってしまうと、老後に2000万円の蓄えが無くなってしまう。
そうか、やっぱり、このまま千葉暮らしか。
ま、それもいいか。

孤独の意味も、女であることの味わいも(三浦 瑠麗)2019年08月18日 22時39分51秒

孤独の意味も、女であることの味わいも
三浦瑠麗さんのことはほとんど何も知りません。
先日の参議院選挙の時に、ネット番組に出演していたのを偶然目にしただけです。
肩書きは国際政治学者。その番組では、率直に自分の意見を表明し、相手に遠慮なく質問していました。
思想的にはどういう立ち位置なのかは全然分かりませんでした。
その彼女が38歳にして半生記を書いた訳です。
薄い本なので、1時間くらいで読めます。

さて、エッセイ風に書かれた本書は、自分の半生を赤裸々に語っています。ここまで赤裸々でいいのか? と思ったりしますが、それは本人の自由でしょう。
「女である」ということにものすごい拘りを持った筆者が、その意味とか、困難さとか、ある種のいやらしさみたいなものを表現しているのだと思います。
三浦さんは美人なので、そうしたことに拘るのかもしれません。
しかし当然世の中にはそうでない人もたくさんいて、僕の妻は大変な美人ですが、「女である」ことに全然拘りがありません。
そういうところが好きで結婚したのですけど。
だから、こういう本を書く感性を持つ女性は僕の周囲にいなくて、ある意味これは、僕にとって知らない世界です。
これをどう読むかは、読者によって実に様々でしょう。

開放型ヘッドフォンで2019年08月19日 21時32分52秒

開放型ヘッドフォン
こんなに毎日音楽を聴いていたらアホになってしまうと思うのですが、好きなものはやめられません。
我が家にはオーディオルームがないので、書斎で音楽を鳴らしていると、妻からメールが来て「うるさいです」と叱られます。
ふだんは、harman/kardon のスピーカーを使ってmacで音楽を再生しています。
ヘッドフォンはJBL。しかしちょっと環境を変えることにしました。

ヘッドフォンには密閉型と開放型があります。
開放型は文字通り、音が外にダダ漏れになります。で、その分、音の抜け・広がりがとてもいい。
ただ低音が十分に響かない可能性が高い。
そこで、DENONの DACヘッドフォン・アンプを購入し、開放型ヘッドフォンはAKGを選択しました。

JBLもなかなか良かったのですが、さすがにこの組み合わせには叶いません。
今まで聞こえなかった音が聞こえてきます。
Jazz では、Kind of Blue の管楽器の鳴り方がものすごい迫力です。
そのほか、ロックでもクラシックでも聞こえ方の違いを挙げていけば切りがありません。

アンプとヘッドフォンの金額を足しても、大した額にはなりません。これでこれだけの音を楽しめるのだから、なんだか得した気分です。
あと何年生きるか知りませんが、死ぬまで聞きまくるでしょう。
あ、最近のお気に入りは、ジミー・スミスの「ルートダウン」です。