簡単アクセスカウンター
アクセスカウンター
パジャマネットパソコンサプライキッズ洋服成犬用フードチワワの服マタニティグッズおっきくなぁれ販売PCショップベビー服販売PCアプリ

オウム死刑囚 魂の遍歴 井上嘉浩 すべての罪はわが身にあり(門田隆将)2019年06月12日 16時04分25秒

オウム死刑囚 魂の遍歴 井上嘉浩 すべての罪はわが身にあり
500ページを超える大著ですが、読み出すと止まらないという感じです。
著者は政治的にコンサーバティブな人で、たぶんぼくみたいな人間とは馬が合わないと思いますが、そんなことはどうでもよく、、、実に文章がうまいのは間違いありません。
ストーリーテラーとして、最高レベルですね。こういう文章は、ベテランの書き手なら誰でも書けると思われがちですが、いえいえ、そんなことはありませんよ。
さらっとうまく書いています。
(ただ、「嘉浩は胸の動悸が抑えられなかった」などのように、想像で書いている部分はありました)

オウム事件というのは、現代ではやや風化している印象もありますが、現在地下鉄にゴミ箱がなくて不便なのはこの事件の影響です。
事件を詳しく知る世代はいまや高齢化しているでしょう。
ぼくのような老人には強烈なインパクトがあった事件ですが、裁判まで細かくフォローしていたわけではありません。
しかしながら、サリンの袋を傘で破った人が死刑になるのは理解できるものの、共謀しただけの人がなぜ死刑になるのか、ちょっと不思議に思っていました。
(逆に実行犯の林郁夫が無期懲役なのも不思議)
その不思議の中心にいたのが、本書の主人公の井上死刑囚です。
麻原を含め、多くの死刑が執行されたのは、ぼくの目から見ると、「死刑」という犯罪に対してではなくて「国家転覆罪」だったように見えます。

さて、本書は井上が捕まるまでの25年と、死刑囚として拘置所に囚われた23年が描かれます。
25年のオウムの生活は一気に読ませる作りになっており、23年の死刑囚としての時間は何とも重く深く、生きて贖罪することの意味と死刑制度の矛盾を、井上死刑囚の言葉を使いながら見事に描いています。
(ただし、著者は死刑制度に反対していないはずです)

オウムの犯罪の記録と思って読み始めた本でしたが、そうではありませんでした。人間の宿業みたいなものを深く抉った傑作でした。こういう本を読むと「時間を得した」といつも思います。

現在、講談社本田靖春ノンフィクション大賞の候補作に上がっていますが、超有力候補ではないでしょうか?
オススメです。

人間に光あれ―差別なき社会をめざして(中山 武敏)2019年06月12日 23時39分42秒

人間に光あれ―差別なき社会をめざして
被差別部落で育った中山さんの自伝です。
大変貧しい環境で育ちますから、高校は定時制、大学は夜学でした。
しかし司法試験に一発で合格し、弁護士となります。
差別と闘う人生には心が揺さぶられます。
部落問題のことだけでなく、天皇制のことまできっちりと書いていることが立派だと思いました。

中山さんの自伝を読んでいると、人生で最も影響を受けたのは父親であることが分かります。
清貧に甘んじて、靴の修理職人としてコツコツと働き、部落解放運動にも力を注いだ生き方は、自分の子ども(中山さん)の中に脈々と生きています。その父と子のつながりが美しい。

個人的な話ですが、ぼくの父親も非常に貧しい環境で育ち、学校もろくに行っていません。小学生の時から働いていたと思います。
父は世の中を肯定的に捉えることができず、重たい荷物を背負ったような生き方でした。
父が死んで2年になりますが、彼は人生にどういう喜びを持っていたのだろうかと最近になってよく考えます。
生きることが決して楽しい人ではなかったように思われます。

そういう父に育てられた自分という存在は、なかなか楽天的に自分を肯定することができません。
多分父親が自分を肯定していなかったからでしょう。
ぼくは当面の間、父との間で対話を続けると思います。

中山さん親子は、部落に育ち、貧しく生きても、心は豊かだったと思います。ぼくはこの自伝を読んで、「すごく苦労して偉いな」と感嘆するより、「ああ、羨ましい」という羨望を覚えます。
人生において、何かを成し遂げようとする課題を持った生き方は、生きて生きがいのある充実した人生ですよね。

現在、Amazonでは入手困難です。