簡単アクセスカウンター
アクセスカウンター
パジャマネットパソコンサプライキッズ洋服成犬用フードチワワの服マタニティグッズおっきくなぁれ販売PCショップベビー服販売PCアプリ

遥かなる甲子園(山本おさむ)2019年04月14日 19時24分26秒

遥かなる甲子園(山本おさむ)
漫画全10巻を読みました。
先天性風疹症候群により、難聴として生まれて来た子どもたちが、野球で甲子園を目指す話です。
もう少し正確に言うと、高野連に加盟することに球児たちや大人たちが奮闘する物語です。
原作はノンフィクション。
それを山本さんが脚色したようです。

ろうの問題には、昔から関心があります。
耳が聞こえないというのは、人と人とのつながりが切れる障害です。その苦労は私たち健聴者にはとても理解できないでしょう。
ぼくの患者で、高度難聴の子がいます。いえ、もう20を超えましたから大人ですね。
この子のことは、拙著『命のダイアリー』で書いたのですが、今から考えると表現が全然十分ではなかったような気がします。
就職にあたっては、ぼくも企業に相談を持ちかけたりしました。
結局、自分の力で就職先を見つけたので、ぼくの出る幕ではなかった感じです。

ろう学校の中では、手話や指文字を使って生き生きと生活していたその子も、会社の中では意志の疎通がうまくいかず、毎日が辛い思いだそうです。
聞こえないと電話も取れませんから、仕事の上での困難は筆舌に尽くしがたいものがあるでしょう。
もちろん、この子はもうぼくのクリニックには通っていませんが、時々、お母さまとはメールで連絡を取り合って、本人の近況などを教えてもらっています。
ぼくにできる具体的な支援はほとんどありませんので、ぼくは親子の話を聞いて励まし続けています。これくらいしかできません。

山本おさむさんには、『どんぐりの家』という名作もあります。
あの作品にも泣かされましたが、本作も涙無しには読めませんでした。
義務教育に道徳なんて入れる必要はないから、手話を教えればいいのにと思います。
それから、風疹の流行はなかなか解決しませんね。
みんな人ごとと思っているのでしょうか?
対象の人は、有給休暇をとって抗体価をチェックして、必要な人はワクチンを打って下さいね。

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

名前:
メールアドレス:
URL:
コメント:

トラックバック