簡単アクセスカウンター
アクセスカウンター
パジャマネットパソコンサプライキッズ洋服成犬用フードチワワの服マタニティグッズおっきくなぁれ販売PCショップベビー服販売PCアプリ

地図から消される街 3.11後の「言ってはいけない真実」 (講談社現代新書)青木 美希2018年12月01日 21時30分02秒

地図から消される街 3.11後の「言ってはいけない真実」 (講談社現代新書)
医学ジャーナリスト協会賞受賞作です。
ただし、内容は医学とはほとんど関係なく、福島第1原発事故のあと、地域と人がどんなに悲惨な状況になっているかを描いた記録です。
非常に丁寧に、多くの取材をしており、一流のジャーナリストの報道力はさすがだなと思わせられます。

しかしながら、本というのはフィクションであれノンフィクションであれ、文学の一種ですから、本という世界をきちんと構成していたかというと、それはどうなのかと少し考え込みました。

この本は全部で6章からなっていますが、一つ一つがかなり異なる話です。取材した内容を、読者に報告していったという感じです。
もちろん、ルポルタージュにも短編集はありますが、短編を集めることで1つの本としての世界観がでるはずです。
筆者は事故後の7年を追っている訳ですから、その7年をどう描くか、もっと本の基本的な骨格を考え抜いても良かったように感じます。
この事故に関連する人たちで、情報を少しでも欲しいという人にとっては貴重な内容です。
ですが、ルポという文学を読みたい人には、もう少し異なった表現を求められる可能性があるように思えます。

ま、そんな感想を言うのは僕だけかもしれません。

ただ、いずれにしても事実の一つ一つは重くて貴重なので、原発事故「後」について知りたい方にはオススメです。

朝日新聞 WebRonza に書きました2018年12月03日 12時36分06秒

有料サイトなのですが、寄稿しました。

「発達障害児の非凡な才能」というテーマです。
会員の方は、ぜひ、読んでみてください。

https://webronza.asahi.com/national/articles/2018112900004.html?vcode=1M3AhqpZEtJ4gKSJejp9ceRZpkMDPqkh1AaekcgqksL7w1olgqxmC0E26ue%2FccVq&fbclid=IwAR3FoyVN1M0owo6MnaV1OefyCovy-LRx7Xa8JXm4gmjb8TdA-smJolSR0v8

プレジデント・オンラインからインタビュー2018年12月03日 12時39分58秒

インタビューを受けました。
本日は、前編。
明日は、後編が公開されます。無料で誰でも読めます。

前編は、障害児を授かる親がそれを受容していく過程を述べました。インタビューしてくれたのは、大宅賞作家の稲泉さん。当然のことながら、大変うまい文章です。

よかったら読んでみてください。

https://president.jp/articles/-/26806?fbclid=IwAR3csr_sK-Xwnc0cTcq5T4yZs0HffBYt1qHFFCPezgUUlTetH8zIdXDD7GI

インタビューを受けました。後編です。2018年12月04日 09時58分23秒

プレジデント・オンラインのインタビュー
プレジデント・オンラインのインタビュー後編です。
「小児がんについて」
「先天性染色体異常について」
「なぜ僕が本を書くか」
について語りました。よかったらご覧になってください。

https://president.jp/articles/-/26866

よろしくお願いします。

5刷りになりました。2018年12月11日 17時11分47秒

『発達障害に生まれて 自閉症児と母の17年』

http://www.chuko.co.jp/tanko/2018/09/005115.html

発売から90日で5刷りになりました。
これもひとえに、読者のみなさまの応援のお陰です。
本当にどうもありがとうございました。

ところがネット書店では、入手が困難になっています。
大手のネット書店の状況はこんな感じです。

Amazon:入荷処理が遅れているため、定価の本は在庫無しです。
プレミアがついて値段の高い本が売られています。
楽天ブックス:入荷予約です。12月下旬に発送予定だそうです。
紀伊國屋ウェッブストア:在庫が毎日どんどん減っていますが、まだあります。ただしこちらでは、「ネットで予約し本屋に取りに行く」というシステムのようです。

もちろん電子書籍ならクリックすればすぐに読むことができます。

紙の本は入手が容易になるまで、もう少しかかるかもしれません。
申し訳ありません。

在庫が回復しました2018年12月12日 17時47分25秒

『発達障害に生まれて 自閉症児と母の17年』

http://amzn.asia/d/h0B950r

大変長らくお待たせ致しました。
Amazonでも楽天でも在庫が回復しました。
もし良かったら手に取ってみてください。

発達障害を診断できる医者は全国的に大変少ない状況です。
千葉県でも同様です。千葉市はまだマシでしょう。地方の人は本当に苦労していると思います。
千葉県こども病院の(児童)精神科は一時期、患者さんの初診が9カ月待ちでした。
今は少し改善されているようです。
千葉大病院の「こどものこころ診療部」も、1年を4クールに分けて、予約患者をその前の月の一日(いっぴ)から電話で受け付けています。
初診までに相当な時間がかかるでしょう。

では、発達障害の専門家を養成するためにはどうすればいいのでしょうか?
それははっきり言って当分無理です。
医師というのは自分の専門を確立するために15年くらいはかかります。
小児外科医が「虫垂炎」を100%診断し、合併症無く手術できるようになるためには15年はかかります。

ですから児童精神科医を志す人が増えて、患者さんがすぐに受診できるという状況を作るためには15年以上は必要でしょう。
そのために重要なのは、小児科開業医だと思います。
決して専門家ではないかもしれないけれど、保護者と専門家の間を取り持ち、相談に乗る。それが開業医の役割でしょう。

現在、千葉市医師会では発達障害に関する研修や勉強会を始めています。ぼくもそれに参加しています。
発達障害のご家族の力になれるかかりつけ医でありたいと思っています。

いのちは輝く〜障害・病気と生きる子どもたち(32)2018年12月14日 10時45分09秒

連載第32回目を書きました。

https://yomidr.yomiuri.co.jp/article/20181119-OYTET50020/

胎児のうなじの「むくみ」の厚さでダウン症などを予測する超音波検査についてです。
よかったら読んでみてください。

Love of my life2018年12月14日 21時36分07秒

フレディ・マーキュリーは洋服屋に勤めるメアリー・オースティンに恋をし、一緒に暮らします。その生活は6年に及びます。
しかしその同棲生活には終わりの時が訪れます。フレディがゲイだと分かってしまうからです。
クイーンの最高傑作である『オペラ座の夜』には「ボヘミアン・ラプソディ」が含まれています。
この歌でフレディはゲイであることの苦しみを表現しています。
そして同アルバムには、静かでそして美しい曲が納められています。
この曲は、フレディのもとを去っていくメアリーの姿を歌っているのです。

Love of my life

愛する人 ぼくの人生のすべてを捧げる愛する人
君はぼくを傷つけた
君はぼくの心を打ち壊した
そして今、君は去っていく
ぼくの最愛の人
君はそれが分かっているのかい?

元に戻りたい
元に戻して欲しい
ぼくから奪わないでくれ
君は分かっていないんだよ
それがどれだけぼくにとって大事なのか

ぼくの最愛の人
一人にしないでくれ
君はぼくの愛を奪って
今、ぼくを見捨てようとしている
ぼくの人生の最愛の人
君はそれが分かっているのかい?

嵐が過ぎ去ったあとで
君は思うだろう
すべてはまだ終わっていないと
これからどれだけ時間が経っても
ぼくは君の隣にいるよ
ぼくがずっと君を愛していることを
君に知らせるために
ぼくはずっと愛しているよ

すぐに戻って来て
今すぐに戻って来て
お願いだからぼくの所に戻って来て
君は分かっていないんだよ
それがどれだけぼくにとって大事なのか
愛する人 ぼくの人生のすべてを捧げる愛する人

映画『こんな夜更けにバナナかよ』、公開迫る2018年12月15日 22時27分57秒

映画『こんな夜更けにバナナかよ』の公開が近づいています。

渡辺一史さんとは、以前、東京で一緒に呑みました。とても率直な人、面白い人、魅力的な人です。

『こんな夜更けにバナナかよ』は内容も文体も実に見事で、文庫本がバラバラになるまでくり返し読みました。
なんとかその技術を盗んでやろうと思いましたが、それは叶いませんでした。

ラジオ出演したときの音声配信です。
面白いのでオススメです。

https://www.tbsradio.jp/320410?fbclid=IwAR2zSWk5D2O3uI30Q5aP3RfY11q2NBSOEwVpeONq0UAnS_K7VLRdxA2sXHg

46分くらいです。ぜひ、どうぞ。

カミングアウト (朝日新書) 砂川 秀樹2018年12月16日 17時25分50秒

カミングアウト (朝日新書)
LGBT という言葉が一般的になり、当事者たちの権利もかなり認められるようになりました。
しかし、それは昔との比較の話であって、まだまだゲイやレズビアンの人は苦しい思いをしていると思います。
本書のテーマはカミングアウトですが、カミングアウトができない人、したくない人、たくさんいると思います。
カミングアウトをしなくてはいけないということでもないかもしれません。

性的少数者たちの苦悩を理解することは、容易ではないはずです。
誰の心の中にも無知と偏見があるでしょう。
そうしたものを少しずつ乗り越えていくために、本書のような作品が増えて行くこと、多くの人に読まれることが重要だと思います。