簡単アクセスカウンター
アクセスカウンター
パジャマネットパソコンサプライキッズ洋服成犬用フードチワワの服マタニティグッズおっきくなぁれ販売PCショップベビー服販売PCアプリ

遺すことば 作家たちのがん闘病記 (文春MOOK)2017年08月12日 17時45分03秒

遺すことば 作家たちの闘病記
興味を持って読みました。
一つ一つが重く深い話なので、じっくりと読み込みました。
最も驚いたことは、これだけ知的な人たちなのに、なぜ代替療法に走ってしまうのかということです。理由がさっぱり分かりませんでした。
「黄金のワラ」という言葉があります。
溺れる者は藁をもつかむ、ですね。
で、そのワラが数十万円も数百万円もするんです。だから黄金のワラ。
「お前も癌の末期になれば分かるよ」という言葉が聞こえてきそうですが、ぼくは絶対そんなものにお金は使いません。
子どもたちに遺産として残した方が良い。

それから、けっこうシビアな闘病記が多かった。
「自分が死ぬなら癌がいい」と公言するお医者さんを時々見ます。癌は、脳血管障害や心臓病に比べて、ゆっくり逝けるので、人生をちゃんとクローズできるとの理由からです。
しかし本書に出て来る人たちは、苦しみながら最期を迎えた人が多かった。
ああいう痛いのはイヤですね。

それにしても、作家が書くのだからどれだけ面白い闘病記かと思いましたが、本職の作品には全然及ばないように思えます。
江国滋さんの本が面白すぎたからかもしれません。
ちなみに一番面白かったのは、米原万里さんの文章です。黄金のワラにすがろうとするのですが、同時に、科学的根拠を確かめようとすることが興味深かったです。

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

名前:
メールアドレス:
URL:
コメント:

トラックバック