簡単アクセスカウンター
アクセスカウンター
パジャマネットパソコンサプライキッズ洋服成犬用フードチワワの服マタニティグッズおっきくなぁれ販売PCショップベビー服販売PCアプリ

自宅で死ぬか病院で死ぬか2017年06月01日 00時54分59秒

自宅で死にたいという人が多いようです。
ぼくはそうは思わない。
病院はけっこう快適だし、家族に迷惑をかけることも余りない。
死ぬなら病院が良いとずっと思っていました。
その思いに拍車をかけたのが、自身の経験です。
40歳の時、ぼくは解離性脳動脈瘤でぶっ倒れて脳外科に入院しました。
その時のベッドがこの上なく心地よかったんです。
それまでは、それこそ過労死寸前まで働きに働いていましたから、昼間からフカフカのベッドで横になれるなんてまるで天国にいるようでした。
だから、病院とは心地良いという思いが染みついたんでしょう。

あれからおよそ15年。
ひたすら仕事をしていたぼくは家庭の中に帰ってきました。
家族はみんな、家の中にいることが好きで、あまり遠出もしないし旅行に行くことも好みません。
ぼくは家族とお笑い番組を観ることもあるし、何より現在は書斎があるため、自由にネットを眺め、音楽を聴きまくり、ソファでごろりとなって本を読むことができます。
つまりぼくも、家の中にいることが好きになってしまったのです。

ぼくが「治らない大病」をしたら、ある程度は病院で治療を受けたいけど、もう治癒が見込めなくなったら自宅に帰りたいな。
たとえば、がんに罹って、がん細胞が骨や肺に転移して治療法が無くなったら可能な限り自宅で緩和療法を受けたい。
実際そういうことを、ぼく自身が子どもたちにやってきたから。

ま、これが歳を取ったということかもしれませんが、考え方が変わってきましたね。
どんな人でもいつか必ず「不治の病」に冒されます。
それはいつなのかな? 55歳ではちょっと辛い。
子どもの成長も見たいし、社会人としての責任も全うしたい。
ただ、隠居生活に入っていたら、それはもうしかたがないことなので、運命を受け入れるしかないですね。
だけど今の考えとしては、もうちょっと生きていたいな。

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

名前:
メールアドレス:
URL:
コメント:

トラックバック