簡単アクセスカウンター
アクセスカウンター
パジャマネットパソコンサプライキッズ洋服成犬用フードチワワの服マタニティグッズおっきくなぁれ販売PCショップベビー服販売PCアプリ

定年後 - 50歳からの生き方、終わり方 (中公新書) 楠木新2017年05月31日 22時05分28秒

定年後 - 50歳からの生き方、終わり方
大学に在籍中、ぼくの夢は定年を迎えることでした。
当時の大学病院は(今は違う)、理不尽な仕事や意味の無い雑用が多すぎて、毎日が本当に辛いと感じていました。
ぼく中間管理職だったので、上からは無理難題を押しつけられ、下からは不平不満をぶちまけられました。
ああ、早く辞めたい。早く定年を迎えたいと思っていました。

そして現在は開業医。なので、定年というものがありません。
仕事をしていて辛い思いをすることは、大学の頃とは比べられないほど少なくなっています。そういう意味ではすぐに辞めたいとは思わない。
ぼくが雇用しているスタッフの人生にも影響しますから、さっさと辞める訳にはいかない。

だけど人間ってどこまで働けばいいのでしょうか?
もちろん個人差はありますが、元気に旅行に出かけたりできる年齢は75歳くらいまでではないでしょうか?
すると65歳で仕事を辞めると、自由な人生を謳歌できるのはわずか10年しかないことになります。たったの10年か。

高齢になれば「がん」に罹る可能性も高まります。すぐに命は持って行かれなくても、何年も闘病が必要かもしれません。
そうなるとその10年はあまり楽しくないかもしれない。
人は、自分の死を明確に意識すると、自分の生の残り時間を逆算し、本当の人生の意味を見出したりすると言います。

ぼくの場合、それは何だろう? やはり死が迫ってこないと分からないのかな?
ただ一つ言えることは、自分の人生のテーマは「人間とは何か」という命題に答えを出したいという思いです。
もちろんまだ答えは出ていませんが、2008年から細々と本を執筆することで、解答を作り上げていっているつもりです。
死ぬまでその答えを追い求めることが、ぼくの人生の生きる意味かもしれません。

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

名前:
メールアドレス:
URL:
コメント:

トラックバック

このエントリのトラックバックURL: http://wallaby-clinic.asablo.jp/blog/2017/05/31/8581652/tb

※なお、送られたトラックバックはブログの管理者が確認するまで公開されません。