簡単アクセスカウンター
アクセスカウンター
パジャマネットパソコンサプライキッズ洋服成犬用フードチワワの服マタニティグッズおっきくなぁれ販売PCショップベビー服販売PCアプリ

たたかうきみのうた (宮本 和俊)2017年02月18日 23時52分02秒

たたかうきみのうた (宮本 和俊)
旭川医大・小児外科の宮本先生の医療エッセイです。
この本を読んで一番の感想は、「羨ましいな」という思いです。
小児外科という仕事は、小さな命を救うだけでなく、その子のその後の人生も作っていくことにあります。
しかしながら、医師と子どもたちとのふれ合いは、病院の中だけ、あるいは診察室の中だけになりがちです。

だけど、宮本先生は、自分が手術した子どもたちとまるで家族のような関係を作っています。
これはおそらく、作ろうとして作ったのではなく、先生のお人柄によって自然と人間関係ができていったのだと感じます。
そうした医師と子どもたちとの関係性がとても羨ましい。

そしてもう一つ。
先生は30年で4000件の手術をしたと書いています。
これは僕が経験した手術よりもはるかに多い。
おそらく宮本先生も多くの雑用を抱えていたと思いますが、4000件の手術をおこなったのは素晴らしいと思います。
外科医が自分の手術の技術を向上させるには、経験を積むしか方法はありません。
小児外科医が、手術に生きる姿はカッコいいし、とても羨ましいと感じます。

楽しい話、哀しい話、胸が温まる話、いろいろなエッセイが満載です。
多くの手術をおこない、多くの子どもたちと交流を続けている宮本先生にしか書けない物語の数々です。
みなさんも本書を手にとってみてはいかがでしょうか?

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

名前:
メールアドレス:
URL:
コメント:

トラックバック