簡単アクセスカウンター
アクセスカウンター
パジャマネットパソコンサプライキッズ洋服成犬用フードチワワの服マタニティグッズおっきくなぁれ販売PCショップベビー服販売PCアプリ

杉村太郎、愛とその死 (杉村 貴子)2017年02月15日 18時14分16秒

杉村太郎、愛とその死 (杉村 貴子)
Amazonで闘病記を検索しているうちにこの本に出会いました。
杉村太郎さんという方は存じ上げませんでしたので、検索していろいろと調べてみました。
マルチタレントで、ベストセラー作家でもあるようです。
社会を変えようとするスケールの大きさがこの人の魅力なんですね。

その彼は若くして原発不明癌で亡くなったと言います。
原発不明癌は稀少癌であり、検査の進め方も治療戦略も難しいとされています。
奥さんがその闘病記を書いたというので、興味を持って読みました。

結論を先に書くと、この本は闘病記ではないかもしれません。
前半は杉村さんの留学記です。で、ここの部分がとても面白い。
後半は病気になってからの杉村さんが描かれますが、彼は闘病の具体的な姿を奥さんに伝えていなくて、描写は抽象的なものに変化します。

闘病記の面白さとはなんでしょうか?
それは人間が「死」に向き合って、置き換えることのできない自己を意識すること、そして「死」とは何かを考え詰めることにあると言えます。
本書はそういう本ではなくて、杉村さんがいかに「生きた」かを描いており、また奥さんがご主人をどれだけ愛して、そして尊敬していたかを綴ったものだと思います。

杉村太郎さんの著書に感銘を受けた人にとっては、必読の1冊です。

コメント

_ 杉村貴子 ― 2017年02月17日 00時08分32秒

松永先生、この度は『杉村太郎、愛とその死』を読んでくださり、
そしてブログでご紹介くださり、ありがとうございました。太郎は、最期まで生きることに命を燃やし続けた人だったので、わたしも彼の闘病している姿をメインに残したくはありませんでした。絶対内定やアツイコトバ、という書籍を通して、彼が残したかったメッセージは「いかに生きるか」ということでした。そのメッセージを残していった太郎さんが、いかに生きたのか、それを表現したかったという思いで綴らせていただきました。
松永先生に、闘病記ではないかもしれない、と言って頂き、とても嬉しく有り難く思っております。
生きることのできる、この貴重な機会を、真剣に生きてほしい
そういったメッセージを感じて頂けましたら、これ以上に嬉しいことはございません。
改めまして、本を手にとって頂いただけでなく、このようにブログでご紹介をしてくださり、心から御礼申し上げます。
松永先生の益々のご健勝とご多幸を、お祈り申し上げております。
杉村貴子 拝

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

名前:
メールアドレス:
URL:
コメント:

トラックバック

このエントリのトラックバックURL: http://wallaby-clinic.asablo.jp/blog/2017/02/15/8362453/tb

※なお、送られたトラックバックはブログの管理者が確認するまで公開されません。