簡単アクセスカウンター
アクセスカウンター
パジャマネットパソコンサプライキッズ洋服成犬用フードチワワの服マタニティグッズおっきくなぁれ販売PCショップベビー服販売PCアプリ

「子宮頸がんワクチン事件」斎藤 貴男2015年05月08日 21時58分13秒

「子宮頸がんワクチン事件」斎藤 貴男
製薬会社は資本の論理で動いているので、お金を儲けようと考えるのは当然です。
政治家や役人に働きかけて承認を早めようと考えるのは、自然です。
そして、ワクチンに問題があって、一人でも重い副反応・障害が出れば、ワクチンは中止になるので、製薬会社だって100%安全なワクチンを供給したい訳です。

このワクチンの(いわゆる)被害者の数は多すぎて、今後、ワクチンが再開されることはないでしょう。
普通に考えれば、ワクチンのせいで、こうした障害・病気が発生しているということになりますが、本当の因果関係を確かめるためには、前向きコホート研究が必要です。
しかしそんな研究は絶対におこなわれないでしょう。

サーバリックスもガーダシルも全世界でおこなわれているのですから、副反応の情報収集が甘かったと、製薬会社は非難されてもしかたないと思います。

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

名前:
メールアドレス:
URL:
コメント:

トラックバック