簡単アクセスカウンター
アクセスカウンター
パジャマネットパソコンサプライキッズ洋服成犬用フードチワワの服マタニティグッズおっきくなぁれ販売PCショップベビー服販売PCアプリ

「風は生きよという」2015年02月01日 21時44分15秒

「風は生きよという」
映画を観てきました。
呼吸器を付けている人、気切をしている人、酸素のサポートを受けている人たちのドキュメントです。
内容は「良い意味」でわかりやすい。

重度障害者の問題、
在宅介護の問題、
呼吸器の問題、
尊厳死の問題、、、
そういったものをすべてきっちりと描ききっていました。

監督さんの視点が良いからでしょう。
純粋で、素直で、感動を表現できる作家さんなのだと思います。
技術的には、編集と音楽がとてもうまいと思いました。

会場は120人が定員で、来場を断った人も多数いたそうです。
しかし、この映画は8月にDVDとして販売されます。

近くなったらまた告知しますね。

ぼくは医学部のアーリー・イクスポージャーのような授業で、このような映画を使えばいいと思います。
医学教育で「倫理学」と「障害学」は、本来もっとしっかりとやるべきですが、実際にはほとんど行われていないのが実情ではないでしょうか?

60分の大変密度の濃いドキュメントですので、ぜひ、DVD化されたらご覧になってください。

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

名前:
メールアドレス:
URL:
コメント:

トラックバック