簡単アクセスカウンター
アクセスカウンター
パジャマネットパソコンサプライキッズ洋服成犬用フードチワワの服マタニティグッズおっきくなぁれ販売PCショップベビー服販売PCアプリ

なかなか難しい「声の形」(講談社)2015年01月07日 21時23分30秒

声の形
難聴の女子と、ふつうの男子による恋愛漫画かなと以前から思っていました。
先日、本屋さんで平積みになっているのを見て、今回、デジタルで購入しました。

1巻を読んでまずびっくりですね。
これは壮絶なイジメの物語でした。それも難聴の子をイジメるという話。
つまり小学生が、人の道から外れてしまうんですね。
本人はそのことをよく自覚しますから、中学・高校とお天道様の下を歩けない訳です。
このイジメの経験が猛烈に主人公を苦しめる。
罪から逃れられないんですね。

登場人物もけっこう多く(顔も似ている)、一人ひとりが複雑な葛藤を抱えていますので、漫画としてはかなり難しいと思います。
ちょっと皮肉を言えば、主人公の女子は聴力障害ではなくても、ストーリーは成立したし、極端に言えば、男子でも成り立った。
この二人に恋愛があったのかと言うと、それをかっちりと描かなかったことで、作品はむしろ成功していると思います。

だからこの漫画の内容を一言で表現するのは難しい。

小学校時代に、ぼくは人に傷つけられたこともあるし、人を傷つけたこともある。
多くの人が、大なり小なり同じような思いをしているでしょう。
それを成人(あるいはそれに近く)になって責任を取れと言っても、小学生と大人では人格が完全には連続していないから、相当難しい。
そういう難しさを、この漫画はよく表現していると思う。

少年の「罪と罰」。やはりこれがテーマかな。
文学の世界ではそういった複雑性を深く描くことができるのですが、ノンフィクションではこういう世界はちょっと無理ですね。
滅多に出会わないたぐいの漫画です。

「ペテン師と天才 佐村河内事件の全貌」神山 典士2015年01月07日 22時58分53秒

「ペテン師と天才 佐村河内事件の全貌」神山 典士
一気に読んでしまいました。
いつも書いていますが、年間に読む本の数は100〜120くらい。
ほとんどがノンフィクション。
本の面白さの種類には多々ありますが、一番重要なことは、ページをめくる手が止まらなくなる好奇心をかき立てられることにあると思います。
本書はそういう意味で、特級の面白さです。

この事件について全く知らない人はいないでしょう。
神山さんは、広く、深く、綿密に、膨大な取材をしています。
そして練りに練った構成の妙。
さらに著者は、文章が大変シャープで筆運びが実にうまい。

なぜ、この「ペテン師」はこうした大嘘をついたのでしょう。
嘘をつく人は世の中にはたくさんいます。
しかし彼は、全聾のふりをしていた可能性が極めて高い。
そうであれば、障害者手帳の不正取得うんぬん、ということではなく(それもあるが)、障害者に対する差別者である。

ここまでの大きな嘘をつくのは、「手段」としてなのでしょうか?
「小さな嘘より大きな嘘に人は騙される」とゲッペルスは言いました。
いや、「手段」ではなく、彼の「性格」によるものではないでしょうか?
もちろん、常軌を逸した。

以前のブログで、小保方さんのSTAP細胞の不正には、「代理ミュンヒハウゼン症候群」に似たものがあるのでは、と書きました。
いつか必ずばれる嘘。
だけど、その嘘をつかずにはいられない。
自分への注目が欲しくてたまらないからです。

だからこのペテン師も「代理ミュンヒハウゼン症候群」に通じる心を持っていたのかもしれません。

さて、面白い本と書きましたが、実は愉快な本ではありません。
それはペテン師が障害児に対してやってきたことが余りもひどいから。
事件に巻き込まれた子どもたちが本当に心配です。
1日も早く元気な心を取り戻して欲しいです。

ひとつだけ「注文」を付けると、それは装丁。
ぼくは本を買うとすぐに「帯」を捨てちゃうんですね。
すると、カバーには「ペテン師」だけが残り、「天才」が消えてしまう。
う〜ん、これはどうなんでしょうか?
カバーにも「天才」を載せた方が良かったのではないでしょうか?
で、「帯」は付けたまま本棚に収めました。

傑作です。