簡単アクセスカウンター
アクセスカウンター
パジャマネットパソコンサプライキッズ洋服成犬用フードチワワの服マタニティグッズおっきくなぁれ販売PCショップベビー服販売PCアプリ

原稿をボツにする千葉市医師会2014年12月19日 22時14分50秒

原稿をボツにすると言えば、ぼくも経験があります。
2013年の12月に「運命の子 トリソミー」を上梓したことは、このブログを読んでいる皆さんはご存じでしょう。

この本は「障害児差別」を乗り越える本であり、私が「開業医」であるからこそ書けた本なので、自著を千葉市医師会に送り、広報誌の「ひろば」というコーナーに「自著を語る」というタイトルで投稿しました。
広報誌には「自薦・他薦を問わず、どしどし応募してください」と書いてあったからです。

これが2014年2月2日のことです。
ところがずっと何の音沙汰もなし。さすがに失礼ではないかと思い連絡をとったところ、「他薦がなければ採用しない内規」だという。
これが9月上旬。
要するにボツですね。それも二枚舌のような内規によって。

常識がないのにも程があります。
きちんと対応して欲しいですね。大切な時間を失ってしまいました。

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

名前:
メールアドレス:
URL:
コメント:

トラックバック